チャペルでの指輪交換

最近では家族や親族だけで結婚式を挙げる家族婚や親族や本当に仲の良い友人だけを招待するゲスト人数の少ない結婚式(少人数婚)が増えてきています。

ここでは家族婚や少人数婚の結婚式の引き出物の有無についてご紹介いたします。

家族婚や少人数婚でも引き出物は必要

引き出物が必要か?必要でないか?は結婚式の規模やゲストの招待人数とは関係がありません。

引き出物のありなしは”ご祝儀の有無”により判断することが必要です。

ご祝儀ありの結婚式は引き出物が必要

ご祝儀

引き出物に限らずお祝いをもらったら必ずお返しをするのが日本の贈答文化。そのため家族婚や少人数婚など結婚式の大きさに関わらず、ご祝儀をいただいたら必ず引き出物でお返しなければなりません。

「挙式中のお料理などでおもてなしをするから引き出物はいらない」

こんな風に考える新郎新婦もいるかもしれませんが、誤った考え方なので注意が必要です。

なぜ披露宴といわれるのか?

披露宴

実はゲストの方からご祝儀をいただく”ご祝儀制の結婚式”は、ゲストが新郎新婦のお祝いをする場ではありません。

  • 新郎新婦(あるいはそのご家族)が結婚することをゲストに披露する
  • ゲストの方々を招待する

披露宴と呼ぶのは正にこの二つの理由からです。つまりゲストに結婚を披露する事とお祝いをいただく事は別の話なのです。家族婚や小人数婚でもご祝儀をいただいたら、そのお礼として引き出物は必ず用意しなければなりません。

会費制の結婚式に引き出物は不要

披露宴

北海道や青森は会費制の結婚式が多い地域。
最近では北海道や青森以外でも会費制の結婚式が徐々に増えてきていますね。

会費制の結婚式では原則としてカチッとした引き出物は不要
なぜなら会費制の結婚式は親しい友人などが新郎新婦の結婚を祝うために宴を催すという考え方があるからです。

POINT

最近では会費制の結婚式でもご祝儀制と同じようなスタイルも増えていますが、あくまでも会費制の結婚式はゲストが新郎新婦を祝うための会という考え方が基本にあるため引き出物は不要となります。

会費制でも手土産は用意する

会費制の結婚式では引き出物は不要ですが、お見送りの品や手土産は必要です。会費制結婚式では、

  • 手土産となる引き菓子
  • お見送り品のプチギフト

というのが一般的です。
最近では手土産品は引き菓子だけでなく1,000円前後の雑貨というケースも増えてきているようです。このような場合は引き出物で言うプラスワンアイテムから選ぶと良いでしょう。

会費制結婚式であれば事前案内を

結婚式の招待状

北海道と青森以外のエリアで会費制の結婚式を挙げる際には事前案内が必要です。結婚式の招待状に「会費制のためご祝儀は不要」ということをゲストの皆さんにお伝えするようにしましょう。

仮に伝えていないとゲストはご祝儀を持参して引き出物を貰えるものだと思ってしまいます。

POINT

北海道や青森では会費制の結婚式が浸透しており、ゲストにも「結婚式=会費制」という認識があります。しかし、その他のエリアではご祝儀制と認識するゲストが多いです。

ご祝儀をいただいたら内祝いを

結婚内祝い

もしも会費制の結婚式でご祝儀(結婚祝い)をいただいたら内祝いを贈りましょう。

内祝いは引き出物のように品数を複数用意する必要はありません。
一品でご祝儀の金額に応じた高額な商品を用意してもいいですし、複数用意するのも自由です。

家族婚(少人数婚)の引き出物の金額・内容

家族婚や少人数婚でも引き出物は一般的な結婚式と変わりません。
その理由は家族婚でもゲストのご祝儀は一般的な結婚式の金額と変わらないことが多いから。そのため引き出物も一般的な結婚式と同様の内容で考えます。

引き出物の内容

引き出物の内容は家族婚でも以下のように一般的な引き出物を準備します。

メインの引き出物(記念品) 必須
引き菓子 必須
縁起物 大半は用意する
プラスワンアイテム どちらでもよい

メインの引き出物はカタログギフトの他にひと目で高級と分かるブランドの食器がおすすめです。

引き出物の金額

引き出物の金額も一般的な相場と同じです。

ご祝儀に対する引き出物の総額

ご祝儀三万円 五~七千円
ご祝儀五万円 八千円~一万円

尚、引き出物の金額は結婚式を挙げるエリアにより相場が異なります。詳しくは「結婚式の引き出物の金額相場は平均6,500円」をご覧ください。

家族婚の引き出物は持ち込みや引き出物宅配がおすすめ!

家族婚や少人数スタイルの結婚式ではゲストの大半は親族です。
商品を安く購入できる持ち込みや引き出物宅配なら割引価格で引き出物を購入できるため予算は同じで引き出物の内容をグレードアップできます。

グレードアップした商品を用意することで結婚後も付き合いの続く親族に「こんなに良い物をもらった!」と思っていただける可能性が高くなります。

持ち込み料が無料なら断然持ち込み!

少人数婚に対応している結婚式場は、引き出物の持ち込み料が無料の式場があります。

ぜひ、引き出物の持ち込み可否を確認してみてください。総額で数十万円以上も安くなることもありますよ!

持ち込み料がかかるときは引き出物宅配で

  • 持ち込み料な式場
  • 親族が遠方から出席する

このような場合は引き出物宅配がおすすめ。引き出物宅配とはゲストのご自宅に引き出物を直送するサービスです。

持ち込み料がかかる式場でも引き出物宅配なら持ち込み料がかからないことが多い上、式場よりも安く引き出物を購入可能です。また、遠方からのゲストは持ち帰る必要がないため非常に評判の良い引き出物の贈り方です。

まとめ

  • 家族婚や少人数婚でもご祝儀をいただくときには引き出物を準備する
  • 家族婚や少人数婚の引き出物は一般的な結婚式と同一の内容と金額で準備する
  • 会費制結婚式は引き出物ではなく簡易的な手土産を用意する
  • 家族婚(少人数婚)で持ち込み料が不要であれば持ち込みがおすすめ
  • 持ち込み料がかかるときはネットショップの引き出物宅配サービスがおすすめ

家族婚では引き出物を贈る人数が少ない分、商品を厳選して、より喜ばれる心のこもった引き出物を準備しましょう。