結婚式のゲスト

引き出物を検討する際に、最初に疑問に思うのが引き出物が必要なゲストと不要なゲストです。

特に親族ゲストは、結婚後にご両家として長く付き合いが発生します。
引き出物が必要なゲストに用意しなかったとしたら、今後の関係性が変わることもあるので要注意!

今回はゲスト別に引き出物の必要性(あり/なし)をご説明いたします。引き出物のご検討前にご覧になってください。

招待状で決まる引出物の「あり/なし」

引出物の「あり/なし」は、参加回答の招待状の数=ご祝儀袋の数=引出物の数が基本の考え方となります。

古くから結婚式は、ご両家が開催して周囲の人を招待する宴という考え方があります。

引き出物は招待されるゲストの手土産です。
そのため招待する側のご両家に引き出物は必要ありません。

招待する側のご両家の範囲

招待する側のご両家といっても、その範囲が分かりにくいですよね。

答えは簡単で”招待状を送るかどうか?”が判断基準。
招待状を受け取って結婚式に参列するゲストには引き出物が必要ということになります。さらにいえば「ご祝儀袋の数=引出物の数」となります。

最近では招待状をお送りしない親族は両親と兄弟くらい。
つまり、両親・兄弟(姉妹)以外の親族には引き出物が必要になります。

拡大解釈に要注意!

この「開催する側のご両家」を拡大解釈する方がいます。
本来は、引き出物が必要なゲストに対して、引き出物を準備していない新郎新婦がいるのです。

親族からマイナスイメージをもたれないように、参加回答の招待状の数=ご祝儀袋の数=引出物の数の基本を押さえるようにしましょう。

引き出物のありなし完全マニュアル 友人・会社編

まずは分かりやすい友人・会社関係から説明をします。
基本的に引き出物が必要なゲストと考えておきましょう。

引き出物のありなし簡易チェック表

ゲストの種類 引き出物の有無
一人で参加の友人・会社関係 あり
家族で参加の友人・会社関係 あり

友人・会社関係(お一人で参加)

引き出物の有無:あり

ゲストの人数とご祝儀袋の数が一致します。
必ずお一人づづ引出物を用意してください。

友人・会社関係(ご家族で参加)

引き出物の有無:あり

仲の良い友人や知人を夫婦や家族で招待するケースです。
この場合は家族に対して、招待状が一通となり、引き出物も1セットで問題ありません。

ただし、ご家族で招待されたゲストは夫婦2名分や子供の分のご祝儀を一つにまとめて用意します。

一人で参加するゲストよりもご祝儀の出費額が大きくなります。
そのため一人で列席するゲストよりも引き出物の品数や金額で調整することが必要です。

引き出物のありなし完全マニュアル 親族編

続いては、親族の引き出物の「あり/なし」をご説明します。
親族というと捉え方が人により異なりますので、以下の図を親族として説明をいたします。

クリックで拡大 引き出物_親族

※図を見やすくするために一部省略して記載しております(兄弟姉妹を兄弟のみ、現在配偶者のいない人は全て独身)

引き出物のありなし簡易チェック表

ゲストの種類 引き出物の有無
両親 なし
兄弟・姉妹 基本はなしだが例外ケースあり
叔父・叔母・いとこ ありとなしのパターンに分かれる
祖父母 あり
大叔父・大叔母 あり
従兄弟違い あり

両親

引き出物の有無:なし

両親は、招待者側のため引き出物は不要
ただし、感謝の気持ちを込めて引き出物とは異なる贈り物を用意する新郎新婦が多いです。

披露宴中に新郎新婦からご両親への贈呈シーンをご覧になったことはないでしょうか?

贈り物は、似顔絵のメッセージボードやウェイトベア、体重米、旅行などが主流です。しかし、形式にとらわれる必要はありません。

あなたの今までの感謝の気持ちしっかりと伝えることが両親への何よりのプレゼントになります。

尚、両親が招待者側ではない場合は引き出物を用意することもあります。

兄弟・姉妹

兄弟/姉妹

引き出物の有無:ケースにより異なる

兄弟・姉妹は、既婚・未婚や学生・社会人で異なります。

兄弟・姉妹が学生

引き出物の有無:なし

学生からご祝儀を頂くケースはほとんどありません。
そのため招待状と引出物は不要となります。ただし、挙式に列席してくれたお礼にプレゼントを贈ると喜ばれます。

尚、プレゼントを贈る場合は、

  • 新郎
    新婦の兄弟・姉妹へ渡す
  • 新婦
    新郎の兄弟・姉妹へ渡す

とするようにしましょう。
プレゼントを贈ると今後の家族付き合いもスムーズになります。どうせなら優しいお兄さん・お姉さんと思われたいですね!

兄弟・姉妹が社会人(独身)

引き出物の有無:ケースにより異なる

一般的に兄弟・姉妹が社会人でも独身であれば招待状を送ることは少ないです。
しかし、人によっては兄弟や姉妹であっても、ご祝儀を用意します。

私の例になりますが…
私は27歳の時に3歳年上の兄が結婚をしました。社会人ではありましたが、独身だったので一般的にはご祝儀を用意しません。しかし、私は3万円のご祝儀を準備し結婚式に参列。引き出物も他のゲスト同様にしっかりと準備がされていました。

上記のようにご祝儀を準備する・しないは人によって異なります。
兄弟・姉妹という間柄ですから、事前に「ご祝儀いらないからね!」と話をすると良いですね。

もしも引き出物を準備せずにご祝儀をもらったら挙式後にお礼の品を贈りましょう。

いくら兄弟・姉妹であっても頂いたご祝儀に対してはお返しをすることがマナーです。

兄弟・姉妹が社会人(既婚)

引き出物の有無:あり

兄弟・姉妹が結婚をしている場合、その家族に対して招待状をお送りします。
両親と二世帯住宅で暮らしている場合でも、家族でご招待する意味を込めて両親とは別に招待状を送ります。

招待状を贈る=引き出物が必要となりますから、兄弟・姉妹の家族に対して最低でも1セットの引出物を用意しましょう。

”最低でも1セット”と説明したのは、家族で参列する場合は、一人で参列するよりもご祝儀金額が高くなるからです。

この部分を引き出物の金額や品数で調整をしましょう。

両親の兄弟・姉妹&その子供(叔父・叔母・いとこ)

両親の兄弟・姉妹&その子供

引き出物の有無:ケースにより異なる

この場合もケースによって若干異なりますのでケース別でご紹介いたします。

両親の兄弟・姉妹(叔父や叔母)をお一人で招待する場合

引き出物の有無:あり

招待状は、一人の叔父・叔母宛てにお送りします。
そのため1セットの引き出物が必要です。

両親の兄弟・姉妹(叔父や叔母)をご家族で招待する

引き出物:ケースにより異なる

最も複雑で判断が難しいパターンです。
ちなみに、叔父・叔母の子供とは、”従兄弟・従姉妹(いとこ)”のことです。

いとこが学生

引き出物の有無:なし

学生であればご祝儀は頂かないことが多いです。
叔父・叔母のご家族に1セットの引き出物で問題ありません。

いとこが社会人(既婚)

引き出物の有無:あり

いとこのご家族に1通の招待状をお送りするのが一般的。
つまり、叔父・叔母に1セット、いとこの家族に1セットの引き出物が必要です。

いとこが社会人(未婚)

引き出物の有無:ケースにより異なる

社会人でも未婚なら叔父や叔母の家族に対して1通の招待状を送ります。
そのため基本的には叔父・叔母のご家族に1セットとなりますが、いとこがご祝儀を用意する可能性があります。

万が一、いとこからご祝儀を頂くなら叔父・叔母に1セット、いとこに1セットの引き出物が必要になります。社会人のいとこは、年齢・仕事内容・性格まで考慮しましょう。

仮に引き出物を用意していないにも関わらず、ご祝儀をいただいたら挙式後に内祝いを贈るようにしてください。

祖父母

祖父母

引き出物の有無:あり

引き出物+αの贈り物が必要なケースがあります。
祖父母は、両親を除いた親族の中で、最も結婚を喜ぶ親族であることが多いです。

祖父母からのご祝儀は、儀礼的・形式的なものではなく、純粋なお祝いの気持ちと言えます。

そのため祖父母が引き出物の有無にこだわることはほとんどありません。だからと言って、全く何のお返しをしなくていいわけではありません。

他のゲストと比べて、ご祝儀額が高額という場合もあります。 そうなると一般的な引き出物ではお返ししきれません。

祖父母には、当日の引き出物とは別に、後日お礼として食事会を開催するなど気持ちのこもったお礼がおすすめです。

祖父母の兄弟(大叔父・大叔母)

引き出物_親族

引き出物の有無:あり

祖父母の兄弟(姉妹)は夫婦でご健在の場合にはお二人に1通の招待状をお送りします。
そのため引き出物も1セットになります。

祖父母の兄弟・姉妹は、ご祝儀の金額が予想しにくいゲストです。
一般的には他のゲストよりも高額になるケースが多いため、1万円以上の引き出物が無難です。

祖父母と違い接点が少ない親族ですから失礼が無いように引き出物選びをしましょう。

祖父母の兄弟の子供(いとこちがい)とその家族

祖父母の兄弟の子供(いとこちがい)とその家族

引き出物の有無:あり

あまり馴染みのない言葉ですが、祖父母の兄弟(姉妹)の子供を「いとこちがい」といいます。

あなたの両親と同じくらいの年齢の場合が多いです。
仮に祖父母の兄弟(姉妹)の子供が両親と住んでいたとしても、年齢が高いため招待状を別々にお送りしましょう。

招待状は別になりますので、引き出物は別々に用意します。また、いとこちがいの子供を”またいとこ”といいます。

あなたと同じくらいの年齢ということが多いはずです。
”いとこ”とつきますが、ほとんどの方にとって他人と変わりません。

一般的には個別に招待はしません。
いとこちがいの夫婦を家族で招待するなら引き出物は最低でも1セットの用意を。ご夫婦で招待するため引き出物の金額や品数に注意が必要です。

実録!引き出物がもらえなかった人の話

私は過去にご祝儀を用意して引き出物がなかった経験をしたことがあります。

それは従姉妹(いとこ)の結婚式に呼ばれた時のことでした。

当時、私は25歳で結婚をするいとこは28歳でした。
いとこが東京、私が神奈川に住んでいたので、年に1回ぐらいは会う間柄でした。招待状は家族宛てにきていました。みなさんも経験があると思いますが、いとこですからご祝儀を用意するか悩みました。

そのいとこには小さいころから可愛がってもらっていました。
また、社会人にもなり結婚式に招待されてご祝儀なしで参列するのは一人前ではない気がしました。最終的には意を決して3万円のご祝儀を持参することに。一人暮らしをしていた25歳の私からすると大変な出費です。 結婚式当日。受け付けをして席に座ると直ぐに分かりました。引き出物が置いてない…違和感とかいうレベルではなく、すぐに分かります(笑)他のゲストの皆さんが引出物バックをもって見送られる中、私は自分のカバンだけをもって会場を後に…周りのゲストは誰も気にしていないとは思います。しかし、思いのほかむなしい気持ちになります。

私は親戚の中でも一番の年下で末っ子キャラでした。そのためご祝儀を用意してくるとは思っていなかったんでしょうね。ゲストの私からすると子供扱いされたくないという理由で奮発してご祝儀を準備した結果、こども扱いされてしまったので結構傷つきました(笑)

ちなみに、挙式から2週間後くらいに私の実家に内祝いが届きました。

結婚式の準備は新郎新婦のお二人で多数のゲストに対応します。
そのため細かいところまで気が回らないのは当然と言えば当然です。

ただ、ゲストは新郎新婦お二人のために参列されます。
可能な限り、ゲストひとりひとりへの感謝の気持ちを忘れない対応を心がけていただくとゲストの皆さんにとっても素敵な結婚式になると思います。

困った時の引き出物宅配

冒頭にも説明したとおり、引き出物が必要か?不要かは、招待状の数=ご祝儀袋の数=引出物の数で判断することができます。

しかし、例外ケースでご紹介した通りゲストがご祝儀を用意するか?用意しないか?は、結婚式当日まで分からないこともあります。

ここで活躍するのが『引き出物宅配』です。
引き出物宅配とは、挙式後にゲストのご自宅に引き出物を宅配するサービスです。

引き出物宅配なら、挙式当日に引き出物をもらった人ともらわない人の区別はつきません。
私のように自分だけ引き出物がなく、恥ずかしい思いをする必要が無いわけです(笑)

また、もしも引き出物を渡していない人からご祝儀を頂いたときも便利です。
ご祝儀集計後、すぐに引き出物を手配することでゲストに気付かれることがありません。

「引き出物を手配を忘れたけど、ゲストに気づかれることなく引き出物をお送りできる。」

私の体験談からすると実に素晴らしいサービスだと思います。

まとめ

  • 引き出物の「あり/なし」は、参加回答の招待状の数=ご祝儀袋の数=引出物の数が基本
  • 子供を含むご家族で招待をするゲストは例外ケースがある
  • ご祝儀をいただいたら必ず引き出物を用意する
  • 引き出物を用意していないゲストからご祝儀を頂いたら挙式後に内祝いを贈る
  • 引き出物宅配なら引き出物の有無を気にせず引き出物の用意ができる

親族の引き出物は悩むカップルが多いです。
両親と兄弟・姉妹は基本は必要になりますが、例外ケースの”ご家族ゲスト”には注意しましょう。

マナーを守ってゲストも、あなたも気持ちの良い結婚式になるようにしたいですね。