引き出物の「のし」

結婚式の引き出物で必要な熨斗(のし)
日本で昔からある風習の『のし』には、さまざまな種類があり、結婚式の引き出物にも独自のルールがあります。

以下では、画像をつかってわかりやすく結婚式の引き出物の『のし』を紹介します。

引き出物でつかう『のし』のルール

のしとは、引き出物に添える飾り紙のこと。
現代では簡略化し、印刷された『のし紙』を使うのが一般的になっています。

↓以下のような掛け紙が『のし』です

表書きが「寿」の熨斗

引き出物で気をつけるべきは3つだけ。
具体的な内容は、以下のルールがあります。

引き出物の『のし』ルール
表書き 引き出物では『寿』を使う
水引(みずひき) 紅白結び切り10本(紐の本数と色に注意!)
名前書き 新郎新婦さまの名字(旧姓&連名、位置にも注意!)

以下では、それぞれのルールについて説明するよ

表書きは『寿』

引き出物ののし「寿」

結婚式の引き出物は『寿』です。
表書きとは、別名『のし上』と呼ばれており、贈り物の目的を記載します。

Check!

結婚式には、出席しなかった人からのお祝いのお返しには『内祝』や『結婚内祝』と書きます。

水引は『紅白結び切り10本』

引き出物ののし「水引」

水引は『紅白結び切り10本』です。
紐の結び方や本数、色に意味があり、間違えると真逆の意味になってしまうため注意が必要です。

Check!

結び切りは絶対にほどけないという意味。
10本は、新郎新婦さま(新郎さま5本&新婦さま5本)が互いに手を結び合って縁結びをしている形を表すといわれています。

名前書きは『姓の連名』

引き出物ののし「名前書き」

送り主の名前を書きます。
書く順番も決まっており、右側が新郎さま、左側が新婦さまですが、婿養子なら逆になります。

さまざまな書き方がありますが、もっとも一般的なのは両家の姓(名字)のみを記載するパターンです。

名前書きの書き方
パターン 意味や使い方
姓のみ もっとも一般的で間違いのない書き方。婚姻届を提出(入籍済)して名字が変わっていても”旧姓”を書きます。
姓と名 新姓とおふたりの名前を記載するパターン。両親からの援助がなく、おふたりが主催者の結婚式なら姓+名でも構いません。
名のみ 引き出物は両家から品で姓のみ、引き菓子は新郎新婦さまからの品で名前とすることも。しかし最近は、引き菓子にのし掛けをしないこともあります。
注意点

縁起物や引き菓子にはパッケージに、のしや水引がデザインされているアイテムも増えています。こういった商品は、のしの上にのしを掛けることになるため、のしなしが正しいマナーです。

のしの掛け方は『内のし』で!

内のしの掛け方内のしの掛け方

のし紙のかけ方にも種類があります。
具体的には、包装紙の前に掛けるのが『内のし』、包装紙の上から掛けるのが『外のし』です。

どちらでも構いませんが、アンシェウェディングでは『内のし』を推奨しています。
理由は、内のしなら移動中や配送中などに、のしが破れる心配はないからです。

内のし

内のし

のしを掛けた上から包装紙でラッピングする方法です。

  • のしが隠れてしまう
  • のし紙が破れない

外のし

外のし

包装紙でラッピングをしてから、のしを掛ける方法です。

  • のしがみえる
  • のし紙が破れたり、汚れる可能性あり

最大66%OFFの引き出物
ランクアップも節約も自由自在!

アンシェウェディングの引き出物セット

引き出物専門店のアンシェウェディングなら節約もランクアップも可能!
式場と変わらないクオリティで、引き出物宅配も持ち込みも対応。引き出物カードは最短5分で購入完了。引き出物選びの時間を、結婚式準備に使えて、ゲストにも喜ばれる引き出物です。

引き出物には「のし」が絶対にいるの?

和でまとめた引き出物セット

引き出物は複数アイテムの組み合わせです。
もっとも一般的なのは、記念品・引き菓子・縁起物で、これらすべての引き出物にのしをかけるわけではありません

実は最近の引き出物には、のしを掛けないことがあります。
正確にいえば”のし紙”をかけず、パッケージにのしがあるため、そのままお贈りするケースが増えています。

のしを掛ける引き出物と、のしを掛けない引き出物

記念品にはのしが必須!
縁起物には不要で、引き菓子はありなしのパターンにわかれます。

記念品記念品にはのしが必要のしが必須
引き菓子引き菓子はのしありとなしのケースありありとなしに分かれる
縁起物縁起物にはのしは不要なしでOK

地域によってもマナーは異なります。
担当プランナーさんや両家両親にも相談して判断しましょう。

パッケージによってはのし紙は不要

風呂敷包みとアートのしの縁起物

パッケージに「のし」のデザインがあれば、のし紙は不要。
理由は、のしの上にのしを掛ける(二重になる)から。また風呂敷包みや小さいアイテムには、物理的にのしが掛けられません。

続いては一般的なのしのマナーやルールを紹介します。興味がある人はチェックしてみてくださいね。

熨斗(のし)とは?

寿ののしを掛けたギフト

のしとは色紙を折って作った六角形の飾りのこと。
結婚や出産など慶事の贈呈品や弔事の品物に添えるなど、贈り物に添える飾りです。

POINT

本来の「のし」とは、のしアワビのことでした。
高級品のアワビを、薄く伸ばして乾燥させたのが熨斗で、大変縁起のいいものでした。現在の熨斗は簡略化されたもので、略式のしです。

とくに注意したい水引の種類

もっとも注意したいのが水引です。
結婚式の引き出物では『紅白結び切り』ですが、他の贈り物では水引の色や本数、種類が異なります。

水引の種類

お祝い事である慶事では、大きくわけて二種類の水引があります。

紅白結び切りのしの例「紅白結び切り10本」結び目が固く結ばれて簡単に解けないことから、一度きりであってほしいお祝いに使われます。
紅白蝶結びのしの例「紅白蝶結び7本」結び目が何度も結び直せることから、何度あってもいいお祝いで使われます。とくに多いのが出産で、お中元やお歳暮などのシーンでも使われています。
Check!

結婚は一度きりであって欲しいことから、引き出物には『紅白結び切り』を使いましょう。

水引の本数

紐の本数は、3本・5本・7本の奇数です。
基本的には5本1組が基本で、結婚式の引き出物では5本×2(合計10本)で奇数と解釈されています。

紐の本数 使い方や意味
3本 5本を簡素化したもので粗品などに使用する
5本 基本の本数
7本 5本をより丁寧にした本数です

引き出物と結婚内祝いで異なる表書き

結婚内祝いの熨斗

引き出物と似ている結婚内祝い。
どちらも結婚のお祝いに対するお返しですが、若干の違いがあります。

  • 引き出物

    ご祝儀や披露宴の出席に対してのお返し、表書きは『寿』です。

  • 結婚内祝い

    結婚祝いに対してのお返し、表書きは『内祝』または『結婚内祝』です。

1分で振り返り
この記事のまとめ

アンシェくん
  • 引き出物の表書きには『寿』と書く
  • 水引は二度とほどけない『紅白結び切り10本』を使う
  • 名前書きは一般的に名字の連名
  • のしの掛け方は破けたり汚れる心配のない内のしがオススメ
  • 記念品にはのしが必須、縁起物には不要、引き菓子はケースにより異なる

迷ったときは購入ショップに相談すればOK。
また昔ながらの風習のある地域もあるため、プランナーさんや両親にも確認しておくと安心です。