カタログギフトの交換はがき

結婚式の引き出物で頂くカタログギフト。
いざ交換をしようと思うと掲載商品が多いため何を選べばいいか悩みどころですね。

「やっぱりお肉が一番お得でしょ!」

「ブランド品が一番高そうだな。」

「文字や写真の大きい商品は怪しい。」

どれも甘いですね(笑)
このような基準で選ぶと損をします。

今回は、カタログギフトのメーカーに9年勤務していた高山が”カタログギフトで本当にお得な商品”をご紹介!

結婚式でカタログギフトをもらったけど、商品を選べないという方はもちろんですが新郎新婦さまも必見です。

カタログギフトは非常に種類が多いため、どんな視点でカタログギフトを選べばいいか参考にしてみてください。

カタログギフト掲載商品の定価

まずは定価という観点からカタログギフトの商品をみていきましょう。

勘違いされているお客様が多いのですが、カタログギフトに掲載されている商品の定価は基本的に同じです。

カタログギフトの掲載アイテム
アンシェくんが教えます

コースが同じなら松坂牛を選ぼうが、ブランド品を選ぼうが、食器を選ぼうが、定価は同じということだね。

掲載商品の定価は揃えるという暗黙のルール

カタログギフト業界では暗黙のルールがあります。
それがカタログギフトの販売定価と掲載商品の定価は揃えるというルールです。

カタログギフトの価格は特殊な構成になっています。

カタログギフトの価格構成

本体価格+システム料(※)

アンシェくんが教えます

システム料は商品の送料やカタログの印刷費用のことだよ。

たとえば、3,800円(税抜)のカタログギフトなら・・・

価格の内訳
本体価格 システム料 販売価格(税抜)
3,000円 800円 3,800円

本体価格が掲載商品の定価です。
つまり、このカタログギフトには定価が3,000円の商品ばかりが掲載されています。

法律で定められているわけではありませんが、定価を揃えることは業界の暗黙のルールになっています。

カタログギフトは割高商品?!

カタログギフトには「システム料」があるため、3,800円で購入しても交換できる商品は3,000円の商品。購入代金に対して割高である反面、「欲しい物」が選べるメリットもあります。

一長一短なんだね
ウインクするアンシェくん

定価を上回る商品は掲載されない

カタログギフトの会社によっては、定価が異なる商品を掲載することがあります。
しかし、商品の定価が本体価格を上回ることは、ほとんどありません

仮に掲載されていても商品交換が少ない不人気商品です。
とくに最近では、どのメーカーもネット交換をおこなっており、在庫が大量に残ると「在庫が残るよりは・・・」と価格の低いコースに、いつでも掲載できます。

このような特殊事情を除けば、カタログギフトの掲載商品の99%以上は本体価格以下の商品です。

疑問のウィンちゃん

じゃあ結局、カタログギフトでは何を交換すればお得なの?

ウインクするアンシェくん

”定価”という観点で答えるなら、どれも同じだよ。

ただし!
”原価”という観点からみると答えは違います。

ここからは本記事の醍醐味です。
少し長くなりますが、じっくりご覧ください!

原価は商品毎に大きく異なる

怒るウインちゃん

定価が同じなんて嘘だ!やっぱり何か隠してる!

こんな風に私を疑った方もいるでしょう(笑)
定価が同じと言われても何となく違和感を感じますよね。

その理由は、日常生活において定価購入の機会が非常に少ないからです。
恐らく、あなたが意識している価格は、定価ではなく購入価格だと思います。

日常生活でのお買い物

あなたは販売価格がどのように決まるかをご存知でしょうか?

昔は『定価』や『希望小売価格』を基準に商品が販売されていました。
たとえば、ヨドバシカメラやビックカメラにいくと『メーカー希望小売価格』という値札をよくみかけたものです。(年代がわかる…)

しかし最近は、ほとんどみかけません。
なぜなら各ショップが独自に価格設定(利益額を商品原価にプラスして販売価格を決める)して販売しているからです。

カタログギフトもこれと似ています。
定価は同じですが、原価は異なるため価格の異なる商品にみえるのです。

「カタログギフトの掲載商品は、どれがお得か?」

この質問に対して掲載商品の原価が高い商品という観点なら明確にお答えできます。

カタログギフトで最もお得な商品ランキング

カタログギフトのアイテムで何を交換すれば一番お得なのか?
以下では商品原価という観点からランキング形式で紹介します。

高原価商品ランキング

  1. 日帰り温泉
    チケット系
    もっとも原価の高い商品は日帰り温泉やレストラン、クルーズなどのチケット系です。原価は高いものの実際の交換率は非常に低い特徴があります。詳しくは後述しますが、チケット系はメーカーが交換率を下げるための仕掛けをしています。
  2. マカロン
    有名スイーツ
    いわゆるデパ地下系の高級スイーツは高原価アイテムで、ゴディバやダロワイヨ、ヨックモックなどの商品が該当します。仮に有名スイーツばかりが注文されると、カタログギフトメーカーは悲鳴をあげるほど高原価です。
  3. ジルスチュアート
    ブランドアイテム
    最近のカタログギフトには有名ブランドの取り扱いも増えてきました。メーカーによって異なるものの、ジルスチュアートやジェラートピケなどの女性向けブランド、ビームスやシップスなど男性向けブランドは多くのカタログギフトに掲載されています。
  4. お肉
    生鮮グルメ
    お肉・蟹・魚介類などの生鮮グルメは高原化と思われがちですが、実際はさほど高くありません。生鮮グルメは、収穫量に応じて市場の価格が変動するため厳密な定価がなく、量目(グラム数)により、価格が変わるという特徴もあります。簡単にいうとカタログギフトメーカーが、量目により原価をコントロールできるアイテムです。
  5. インテリア
    一般雑貨
    インテリア雑貨やホビー系の商品です。インテリア用品ならラックや写真立て、時計など種類も多く、ホビー用品なら子供のおもちゃやアウトドアグッズがあります。ノーブランドのアイテムも多いことに加え、好みの違いから交換率は高くありません

次点でキッチン雑貨(食器)があります。
食器やお鍋、包丁など原価は安いですが、非常に交換率の高いジャンルであるため掲載点数も抜群に多いです。

いかがでしょうか?
想定どおりだったという方も多いかもしれませんね。

「カタログギフトはどの商品に交換したら一番お得なの?」

この質問に原価という観点でお応えすると、答えはチケット系商品で、反対にもっとも原価の安いカテゴリーは、食器や鍋(フライパン)・包丁などのキッチン雑貨です。

「そういえば昔カタログギフトをもらったときに包丁と交換したような・・・」

こんな方は非常に多いはずです。
実はカタログギフトには、あなたも気付かない仕掛けが設置されていることをご存知でしょうか?

なぜか包丁や食器と交換しちゃうカタログギフトメーカーの”仕掛け”についてお話します。

安い商品と交換させるためのメーカーの仕掛け

仕掛け=安い商品と交換させる仕組みのことです。
というのも実際の交換は、原価が高い商品が交換ランキングの上位を占めるわけではありません。

なぜか?
理由はカタログギフトには、メーカーが仕掛けた『罠(わな)』がたくさんあるからです。

『罠』は言い方が悪いので、カタログギフト会社の努力としましょう(笑)
以下では、カタログギフト会社の罠…ではなく、努力を詳しくご紹介させていただきます。

注意点

すべてのカタログギフトメーカーに該当する内容ではありません。
”いいものを提供したい”というメーカーもありますし、カタログギフトは好きなモノを交換できるという最大のメリットがあります。

高原価アイテムが交換されない仕組み

カタログギフトメーカーとしては、原価の安い商品に交換してもらうほど儲かります。

実際にわたしの勤務していたカタログギフトメーカーでは「原価を低く!」が一大プロジェクトとして動いていました。

※念のためお伝えしますが、私が勤務していたメーカーのカタログギフトは弊社ポリシーに合わないため取り扱っていません。アンシェウェディングで販売しているカタログギフトは信頼できるメーカーのみを取り扱っています

では具体的にどのような施策で、原価が高い商品には交換されない仕組みがあるのでしょうか?
ジャンルごとに解説していきます。

チケット系アイテム

もっとも原価の高いチケット系のアイテムだと・・・

  • 施設に行くまでの交通費がかかる
  • 予約の日程調整をする必要がある
  • 自分の住んでいる地域から行ける施設に限られる
  • 全都道府県の施設が掲載されていない
  • 連休など使えない日程がある

このような、さまざまな理由からチケット系アイテムの交換はかなり少ないです。

しかしメーカーとしては必ず掲載したいアイテム。
なぜならチケット系は見栄えが良いにも関わらず、交換もされないからです。

引き出物にカタログギフトを選ぶなら

新郎新婦さまはチケット系があっても、誰にお渡しするかを考えた上で以下の点に注意して選びましょう。

  • その人が電車や車で行ける範囲に施設があるか
  • 土日など施設利用日に制限がないか
  • プランは一般的な他のプラント遜色ないか
掲載商品を必ずみよう

ブランドアイテム

ブランド品は、売れ筋ではない商品(不人気商品)を掲載することで交換を減らしています。

そもそも売れ筋商品は店頭で販売をしています。
また店頭だけでなく、ECサイトでも販売できるためカタログギフトには人気商品は供給されにくいのです。

引き出物にカタログギフトを選ぶカップルは、掲載ブランド名やイメージ写真をみて引き出物を決めています。

喜ぶ花嫁のウィンちゃん

わたしの好きなブランドがある!

喜ぶ花嫁のウィンちゃん

こんな流行りのブランドが交換できるんだ!

このように思って引き出物にカタログギフトを選ぶわけですね。

でも、ちょっと待って下さい。
ゲスト目線でカタログギフトをみると事情は少し違います。

このブランドは好きなんだけど、この商品じゃないんだよね!

焦る花嫁のウィンちゃん

あれ◯◯ブランドなのに、あんまり可愛くない…

このように人気商品ではないため交換されにくいのです。
さらに一部のカタログギフトでは『数量限定』としてブランド品を掲載することがあります。
カタログギフトをもらったタイミングで、申込みをしても「数量限定のため商品は品切れです」といわれて交換ができません。

在庫切れの裏技

カタログギフトメーカーには、とっておきの裏技があります。
数量限定という魅力的キーワードに隠れている”在庫切れ”です。

在庫切れ

もちろん原価が高い商品を意図的に在庫切れにすることはありません。
しかし、取り置き在庫を少な目にすることがあります。

実際に一部のメーカーでは、交換商品が在庫切れで、別商品を案内することがあります。

安い商品が交換される仕組み

カタログギフトメーカーは原価が安い商品を交換してもらう仕組みを入れています。

どのような手法だと思いますか?

「企画ページで大きく商品を掲載する」

「目立つページに掲載する」

まだあります。

最大の仕掛けが種類を多く掲載することです。

分かりやすい例でいえば食器です。
カタログギフトをみると「食器がやたらと掲載されているな」と思ったことはありませんか?

食器が多く掲載される理由はもっとも原価が安いアイテムだからです。

多種類の掲載商品を選ぶ仕掛け

交換者の心理を考えながらカタログギフトの仕掛けを説明します。
二つ商品を比べたときに普通なら自分が好きなブランドに交換をしそうですよね?

しかし、人間の心理とは不思議なもので、そんな単純ではありません。

カタログギフトの掲載商品

好きなブランド

ジルスチュアートのタオル

普通の食器

おしゃれなフライパン

好きなブランド

普段から愛用しているブランド

知らないブランド

食器メーカーに詳しくないため知らない
掲載内容

一種類のみ

ブランドは好きだけど、すでに持っている商品

20種類以上

形状+カラーが多く、その中で自分好みのプレートがあった

このような条件がつくと好きなブランドではなく食器を交換する人が多くなるのです。
食器を欲しいと思っていなくても、自分がズバリ好きな雰囲気の食器が掲載されていたら食器を交換する人は少なくありません。

同じジャンルの商品でも種類を多く掲載すればするほど、交換者のズバリ好きな雰囲気”をつかみ結果的に交換数が増えます

反対に種類が少なければ少ないほど、自分の欲しい商品ではないと思われる可能性が高くなります。
つまり、交換をする人が少なくなるということです。

  • ブランド品を大きなイメージ画像とロゴを使って1ページに数点だけ掲載
  • 原価の安い食器を数ページにわたって様々な種類が掲載

カタログギフトの冊子構成が、上記のようになっているのはカタログギフトを購入する新郎新婦さまへは見栄えを確保し、受け取ったゲストへは安い商品を交換してもらうための作戦なのです。

カタログギフト交換ランキング

あなたはお持ちのカタログギフトの中で、どの商品と交換をしようと思いましたか?

以下では実際に交換される商品をランキングでご紹介します。
多くの方がカタログギフト会社の仕掛けに引っかかっていることが分かります。

カタログギフトの会社が長年発行し続けていることを考えれば当然と言えるかも知れませんね。

ちなみに、交換される商品の人気ランキングはカタログギフトのコース(金額)によって少し違いがあります。

  • 掲載されているラインナップに違いがある
  • 値段ごとにカタログギフトをもらう年齢に差がある

という理由からです。
それでは交換ランキングをご紹介します。

3600円コースの交換ランキング

  1. 包丁セット
  2. 牛ステーキ肉
  3. 鍋3点セット
  4. お皿5枚セット
  5. 牛すき焼肉

みなさんお肉好きですね。
包丁は意外かもしれませんが、カタログギフトメーカー勤務の人には”あるある”です。

包丁の交換率はめちゃくちゃ高いです。

5600円コースの交換ランキング

  1. オーブントースター
  2. 血圧計
  3. 神戸牛
  4. 北海道グルメのセット
  5. 牛すき焼肉

5,000円代のカタログギフトは年配の方がもらうことが多いです。
そのため3,000円にはランクインしていない血圧計の交換率が高くなっていますね。
やっぱりお肉は人気です。

1分で振り返り
この記事のまとめ

ウインクするアンシェくん
  • カタログギフトに掲載される商品の定価は全て同じ
  • 定価は同じだが原価は大きく異る
  • 原価が最も高い商品は温泉やクルーズなどのチケット系商品
  • 最も原価の安い商品ジャンルは包丁や鍋などのキッチン雑貨
  • カタログギフトには原価の安い商品と交換をしたくなる仕掛けがたくさんある

今回は交換する人の立場で解説させていただきましたが・・・
自分が欲しいと思った商品を交換するのが一番のオススメです。いまさら感がありますが(笑)

わたしの経験ですが、いくら原価が高いからといって、使わない欲しくない商品と交換をしても後悔します。
原価で選ぶ手段は、商品が全くないというときだけが良いですね。

そして引き出物選びでお悩みの新郎新婦さま!
カタログギフトを表紙や価格だけをみて決めるのはやめましょう。

一部のショップでは「こんなカタログギフトを結婚式の引き出物に売っちゃダメでしょ!」というお店もあります。

掲載商品をみて決めないと「選ぶものがない!」といわれる原因になります。