結婚式の引き出物とは?ゲストが自宅に持ち帰る唯一のウェディングアイテム!

日本には昔から贈り物文化があります。
感謝の気持ちであったり、おめでとうの気持ちであったり……
いつの時代も贈り物は、お互いの絆や関係をよりよくしてくれます

結婚式の引き出物も、あなたと大切なゲストとの関係性にきっと役立つはずです。

引き出物とは?

引き出物とは一言でいえば『お礼』です。
結婚式に参列してくれたことや、ご祝儀に対するお礼も含まれます。

引き出物だけが自宅に持ち帰る

披露宴の椅子においてある引き出物

結婚式アイテムの中でも引き出物は特別!
なぜなら引き出物は、ゲストが自宅に持ち帰る唯一のウェディングアイテムであり、結婚式の余韻を楽しんでいただけるものだからです。

Check!

引き出物は、ゲストのご祝儀にあわせた贈り分けが一般的。
約8割のカップルが、上司や親戚、友人などゲストにあわせて贈り分けをしています。

現在の引き出物はゲスト目線が重要ワード

笑顔が素敵な花嫁さまと緊張気味の新郎さま

昔の引き出物といえば……
イニシャルや写真入りのグラスやお皿が当たり前でした。しかし現在は、ゲストが「嬉しい」と思える品物を選ぶのが一般的になっています。

鎌倉時代や江戸時代から残るしきたりもあるから、もう少し詳しく引き出物の歴史を紹介するよ

引き出物の由来と歴史

風呂敷

昔の引き出物は祝宴のお土産でした。
引き出物の由来は、馬を贈っていた平安時代に「馬を庭先に引き出していた」ことから、引き出物と呼ぶようになったそうです。

時代と共に引き出物も変化。
最近では引き出物カードや引き出物宅配というサービスも生まれています。

引き出物の歴史
平安時代 馬を庭に引き出して贈っていたことから『引き出物』と呼ぶようになったそうです。
鎌倉時代 馬の代わりに武具や昆布など海産物(当時は高価)を贈っていた。昆布は今も縁起物として贈る人もいます。
江戸時代 かつお節や高級魚である鯛を贈っていた。かつお節は現在も縁起物として利用、衛生面から焼いた鯛は贈りませんが、真空パックの商品があります。
1980年代 現在も圧倒的な人気のカタログギフトが誕生。当初は「失礼」といわれていましたが、メリットが理解されて多くの新郎新婦さまが利用しています。
2000年代 挙式日当日に持ち帰る引き出物を自宅に郵送する『引き出物宅配』が登場。ゲスト満足度が高く、多くの新郎新婦さまが利用しています。
現在 すべての引き出物がカードになった『引き出物カード』がうまれました。新郎新婦さまにも、ゲストにも利便性が高く、ますます進化しています。

法事・法要でも引き出物と呼びます

法事法要のご案内ハガキ

法事や法要でも引き出物と呼びます。
いわゆる香典返しのことで、法事・法要の引き出物でもカタログギフトやタオル、お菓子など結婚式と似た商品が多いです。

ただし結婚式と法事・法要ではパッケージが異なります。
結婚式の引き出物は華やかさがあり、法事・法要の引き出物は落ち着いた印象の商品が多い傾向です。

POINT

外部ショップなら引き出物専門店で購入すれば間違いはありません。

似ているようで全く違う結婚内祝い

結婚内祝いの熨斗

引き出物と似ているのが結婚内祝いです。
結婚内祝いは『結婚祝いのお返し』とほぼ同じ意味だと捉えて大きな間違いはありません。

引き出物と内祝いの違い

引き出物

結婚内祝い

のし
贈る相手

列席者

結婚式に列席してくださった方に贈る

結婚祝い

結婚式に招待していない人や欠席した人からお祝いをいただいたら贈る
贈るタイミング

当日

基本は結婚式当日で、引き出物宅配なら1週間以内が目安

1ヶ月以内

結婚祝いをいただいてから遅くても1ヶ月、理想は2~3週間後
金額

地域で異なる

基本はご祝儀額に対して5分1~3分1程度。お料理もあるため内祝いより安くなります。

半返しor3分の1

基本はお祝いの半返しですが、高額かつ目上の人には3分1でいいとされています。
のし

寿

のしは「寿」を使用します。記念品だけでも構いません。

内祝

内祝の他に「結婚内祝」でも構いません。
品数

2品以上

会費制でなければ最低2品以上。5品や7品の地域もあります。

1品でOK

1品で構いませんが、2品がNGなわけではありません。

地域による風習やしきたり

神前式の儀式

引き出物には風習やしきたりのある地域もあります。
また引き出物の金額や品数も地域によって差があるため、全国平均は参考になりません

たとえば北陸地方は非常に高額。
一方で会費制結婚式の多い北海道は記念品がなく、引き菓子のみというケースが多いです。

注意点

地域によっては鯛かまぼこや名披露目、おいりなど独特のアイテムを贈る風習があります。

進化している現在の引き出物

引き出物は時代と共に変化してきました。
以下では最新の引き出物事情を紹介するので、引き出物選びの参考にしてみてください。

式場渡しではなく自宅へ郵送する引き出物宅配

荷物を受け取る女性

今までの引き出物は結婚式当日に結婚式場で渡すのが一般的でした。
正確にいえば披露宴のゲストのテーブル席に引き出物袋を置くのが主流。手渡しだと時間がかかりすぎるからです。

しかしゲストのことを考えるとイマイチな事情も。
たとえば「持ち帰るのが大変」や「二次会会場に忘れる」「贈り分けがしにくい」など……

そこで生まれたのが引き出物宅配!
ゲストの自宅に引き出物を郵送するサービスで、多くのゲストに喜ばれています。

カタログギフトの進化!すべてゲストが選べる引き出物カード

引き出物カード「ブレス」

カタログギフトは引き出物の概念を大きくかえました。
新郎新婦さまが「贈りたいものを」からゲストが「嬉しいものを」に変えたのがカタログギフトです。

実に7割の新郎新婦さまがカタログギフトを選んでいます。
最近登場したのが、カタログギフトをグレードアップした引き出物カードで、すべての引き出物をゲストが好きに選べます

こんな悩みを解決できる!
  • 何が喜ばれるか分からない
  • 遠方から出席するゲストが多い
  • 二次会を予定している(お酒の飲み過ぎで引き出物を忘れる人がいる)
  • 女性のゲストが多く参加する(ヒールで引き出物を持ち運ぶのが大変)

上記に該当する新郎新婦さまは検討してみてください。
結婚式のテーマやコンセプトにあわせて、デザインが選べるのも人気の理由です。

持ち込み料を回避するための受付で渡したり、ゲストテーブルにセッティングする新郎新婦さまもいるよ

引き出物の購入前に知っておきたい基本マナー

続いては引き出物のマナーを紹介します。
購入前に知っておくとマナー違反を防げるはずです。

引き出物を用意する相手は?

結婚式の招待状の文面基準は招待状

ひとつの招待状に、ひとつの引き出物を用意します。
ゲストが用意するご祝儀も、ひとつの招待状にひとつ用意するのが一般的です。

注意点は1世帯に、ひとつではないこと!
とくに親族関係は既婚・未婚によっても異なるため関連記事も参考にしてみてください。

引き出物の平均は7,100円

小銭入れと計算機

全国平均額は約7,100円です。
ご祝儀が高い傾向のある上司や親族は、友人や同僚より高めの引き出物を用意するカップルが多くいます。

ただ、あくまで平均額です!
実は都道府県により相場は大きく変わるため注意しましょう。なんと最大で7千円以上も値段が違う地域も……

品数の平均は2.8品

熊野筆の引き出物セット

金額と同じく品数も地域で異なります
全国平均は2.8品ですが、5品の地域もあれば、3品の地域もあります。

「偶数は縁起が悪いから奇数がいい」
こんな風にいわれていますが、実際には2品だけの結婚式もあるため、お住いの都道府県の相場を把握することが重要です。

タブーといわれている引き出物もある

注意!

引き出物にはタブーといわれる商品もあります。
とはいえ相手によっても異なるので、両家両親に相談して判断してみてください。

NGアイテム 理由
刃物 包丁やハサミなどの刃物は縁が切れるを連想させるため。ただ引き出物に包丁やハサミを選ぼうと思う人が、そもそも非常に少ないはずです。
生鮮食品 賞味期限の関係でNGです。引き菓子も賞味期限は10日ぐらいはあった方が安心できます。
名入れ商品 昔は多かった新郎新婦さまの名入れアイテム。名前や顔写真、結婚式の日付入の引き出物は嫌がるゲストは多く、贈る人はほとんどいなくなっています。

弔事で贈ることの多いお茶にも注意を!
パッケージが弔事用ではない華やかなアイテムを選ぶのがオススメ。また手作りも控えたほうが無難です。

引き出物では何を贈る?実例も交えて人気アイテムをチェック!

記念品のペアカップ記念品(メインの引き出物)
個包装のバームクーヘン引き菓子
縁起物の昆布や鰹節縁起物

一般的な引き出物は上記の3つで構成されます。
披露宴のお見送りで渡すプチギフトは引き出物ではないため、相場もプチギフトを除いて計算しましょう。

上記に加えて、縁起物の代わりに実用性を重視したプラスワンアイテム、松の葉(新潟)や細工かまぼこ(富山)、おいり(香川)など慣習のある地域も。両家両親やプランナーさんに聞いた上で、準備すると確実です。

以下では、それぞれの引き出物の金額や人気アイテムを紹介するよ

記念品とは?

引き出物の中でもメインの商品です。
メインというだけあって、もっとも金額の高いアイテム。安くても3千円程度、主賓クラスになると1万円のアイテムを用意する地域もあります。

大和「日本のおいしい食べ物」

記念品(メインの引き出物)

相場:
3,000円~10,000円
定番商品:
カタログギフト、食器、タオル

カタログギフトの他にはタオルや食器、最近ではコスメも。
引き菓子と縁起物は全ゲスト共通にして、記念品で相場を調整するカップルが多いです。

記念品(お品物)を探す

引き菓子とは?

記念品は、結婚式に出席したゲストに贈ります。
一方の引き菓子は、出席したゲストの家族に対しての引き出物です。

出席したゲストが、家族へのお土産として渡します。
そのため家族全員で食べられる内容量のお菓子を選ぶことが大切です。

ヌベール「グラン・バウム」

引き菓子

相場:
1,000円~1,500円
定番商品:
バームクーヘン

デニッシュやフィナンシェ、和菓子などジャンルは豊富。
百貨店のデパ地下スイーツは、センスのよさを感じていただけます。最近は一度に食べきる必要のない個包装タイプが人気!

引き菓子を探す

縁起物とは?

幸せを分け合う意味から生まれたもの。
また引き出物が豪華にみえたり価格調整で用意する新郎新婦さまもおります。

縁起物は、名前のとおり縁起のいい物
かつお節や梅干し、昆布などが定番でしたが、最近は実用性を重視して、プラスワンアイテムを選ぶ人も増えています

オーガニック・ヨモギ湯

縁起物

相場:
1,000円~1,500円
定番商品:
かつお節や昆布、梅干しなど

縁起物といっても実用的なアイテムが増えています。
調味料とのセットや個包装の梅干し、引き出物全体に豪華さがほしいなら真空パックの鯛や赤飯がオススメです。

縁起物(三品目)を探す

プラスワンアイテムとは?

引き出物に+1品するアイテムのこと。
引き出物が豪華にみえたり、組み合わせ次第でおしゃれになります。

プラスワンアイテムは実用的なアイテム!
ゲストに「喜んでほしい」という思いから、縁起物の代わりにプラスワンアイテムを引き出物にすることもあります。

リュクス「タンプラー」

プラスワンアイテム

相場:
1,000円~1,500円
定番商品:
タオル、グラスなど

記念品とセットで考えるのが◎
記念品と同じブランドにしたり、グルメカタログギフトならグラスを選んだりと、組み合わせを考えると豪華な引き出物になります。

プラスワンアイテムを探す

プチギフトとは?

プチギフトは引き出物ではありません。
いわゆるお見送り品であり、引き出物とは意味合いが異なります。

コロナの影響で贈らない人もいるので、プランナーさんに相談してみてください。

プチギフト「リラックス婚」

プチギフト

相場:
200円~500円
定番商品:
ドラジェ、飴など

プチギフトは数百円程度でOK。
定番のドラジェやクッキーなどお菓子が定番。秋冬であれば入浴剤は嬉しいアイテムのひとつです。

プチギフトを探す

1分で振り返り
この記事のまとめ

アンシェくん
  • 現在の引き出物は披露宴への出席やご祝儀に対するお礼
  • 引き出物はウェブディングアイテムの中で唯一、自宅に持ち帰り余韻を感じてもらえる
  • 引き出物は記念品と引き菓子、縁起物など複数のアイテムで構成される
  • もっとも新しい引き出物は「引き出物カード」でゲストにも新郎新婦さまにもメリットがある

引き出物を探す人はゲスト属性にあわせて選ぶのがポイント!
値引きサイトを利用すれば、同じ予算でランクアップできるため、ゲストにも喜んでいただけます。