両親や兄弟など親族に引き出物は贈る?相場はいくら?

新郎新婦と両親

結婚式の引き出物を「ご両親」「兄弟」「従兄弟」など親族(親戚)にも贈る必要があるの?と悩まれる方は多いです。

このページでは、

  • 親族へ引き出物を贈る基準
  • 親族の引き出物の相場
  • 贈る品物選びのポイント

など親族への引き出物に関する疑問について解説していきます。


親族に引き出物を贈る基準

ゲストの種類 引き出物の有無
両親 ありとなしのパターンに分かれる
兄弟・姉妹 ありとなしのパターンに分かれる
叔父・叔母・いとこ ありとなしのパターンに分かれる
祖父母 あり
大叔父・大叔母 あり
従兄弟違い あり

ご両親に引き出物を贈る基準

両親

ご両親への引き出物を贈る基準は『招待者か?ゲストか?』がポイントです。

両親が招待する側

両親が招待する側の場合、引き出物は贈らないのが一般的です。

招待する側ってなに?

  • 招待状を両家連名で出している
  • 結婚式・披露宴の費用を援助してもらっている

上記のケースでは両親はゲストではなく招待している側になります。
引き出物はお祝いをしてくれたゲストに対してのお礼です。つまり、ご両親はゲストではないという考え方のため、両親に引き出物は必要ありません。

ただし、引き出物を贈らない代わりに記念品や花束などのプレゼントを渡すことが多いです。ご両親への記念品については「両親へ贈る記念品のルールと商品のアイデア」をご覧ください。

例外のケース一般的に両親が招待する立場なら引き出物を贈りませんが、記念だから引き出物を贈るという方もいらっしゃいます。『招待者=贈ってはいけない』というルールはありません。引き出物を贈る・贈らないは新郎新婦の考え方次第です。プレゼントをもらって喜ばない人は少ないので、予算に余裕があれば贈るのもいいでしょう。

両親もゲスト

両親がゲストの場合は引き出物は贈るのが一般的です。

ゲスト側ってなに?

  • 招待状は新郎新婦の名前で出している
  • 費用の援助もなくご祝儀も頂いている

上記の場合は両親もゲストになります。他の列席者と同じようにご両親にも引き出物を用意しましょう。相場や品数、アイテムについては「親族の引き出物の相場」をご覧ください。

兄弟・姉妹に引き出物を贈る基準

兄弟や姉妹への引き出物を贈る基準は『結婚しているか?』が判断ポイントです。

未婚・既婚 引き出物
既婚 必要
未婚 不要

既婚なら引き出物は必要

兄弟や姉妹が既婚なら引き出物は贈りましょう。

理由はご両親とは別の世帯という考え方のためです。結婚式の引き出物は、招待状1枚につき引き出物は1つというのが一般的で、ご両親とは別々に招待状を送る場合は、引き出物も別々に用意します。

未婚なら引き出物は不要

兄弟や姉妹が未婚であれば引き出物は贈りません。

理由はご両親と兄弟(姉妹)で一世帯と考えるためです。
夫婦や同居している家族に招待状を1枚送ったら、引き出物は出席した人数分ではなく一家に1つの計算で用意します。

ちなみに、未婚の場合はご祝儀も連名で、ひとつにまとめて頂くということが多いです。

ここがポイント!未婚でも、ご祝儀やお祝いをしてもらったら引き出物もしくは新婚旅行のお土産や食事に招待しましょう。いくら兄弟(姉妹)とはいえ、お祝いをもらったらお返しすることが必要といえます。引き出物を贈る際はご両親と重複しないように品物を変えたり、カタログギフトを贈ると喜ばれます。

叔父叔母や従兄弟の引き出物

おじいちゃんとおばあちゃん

両親や兄弟(姉妹)以外の引き出物は『招待状』を基準にします。

招待状1枚で用意する引き出物は1セット

ひとつの招待状で複数のゲスト(一世帯)をご招待した場合、用意する引き出物は1セットになります。

品数や金額の相場、お品物はご両親に相談をして決めるとスムーズです。親族間でのルールやしきたりにこだわる方もいらっしゃいますので、親戚の引き出物はご両親に相談をすることが大切です。

ご両親への確認項目

  • 引き出物の金額や品数
  • ご夫婦で招待する親族のセット数
  • 趣味嗜好や嫌いなもの

親族の引き出物の相場

親族

親族への引き出物の相場は7,000~15,000円
地域により差があるため価格帯が広いですが、頂くご祝儀から決定するカップルが多いです。

親族から頂くご祝儀額の平均額は6.4万円(※)。
一般的に友人が3万円、上司が5万円といわれていますから、高額であることが分かると思います。つまり親族への引き出物はご祝儀の額にあわせてランクアップさせる必要があります。

※出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2016

ここがポイント!親族とは結婚式後も一生のお付き合いをされます。極端に安い引き出物はお父様やお母様の顔に泥を塗ることにもなります。そのため親族への引き出物はご両親に相談をすることが鉄則になります。

引き出物の品物は何がいい?

親族へ贈る品物選びは難しいですよね?
趣味嗜好に合わせて選べればいいのですが、一人ひとりにあわせて引き出物を選ぶのは手間も時間もかかります。また、普段は会わない従兄弟であれば、そもそも好きな物も分かりません。

そのため引き出物を選ぶ際のポイントをご紹介します。

親族向け引き出物選びのポイント
  • 属性に分けて引き出物を選ぶ
  • メインの引き出物を高価な商品にする
  • もしくはプラスワンアイテムを付け足す

具体的な商品については「プロ厳選!親族におすすめの引き出物」をご覧ください。

親族だから気を付けたい贈り方のヒント

親族は結婚後も深い付き合いをしていくゲストです。また、遠方から列席してくれるゲストも多いため、いかに気が利くかが喜ばれるポイントになります。

子供ゲストに少しの気遣いをする

子供とお母さん

親族の場合、お子様を含めたご家族を招待される方も多いと思います。
小学生以下の小さな子供連れのご家族が結婚式や披露宴に出席してくださったときは、気持ち程度のお菓子などを引き出物の代わりに子供に渡すと喜ばれます。

親族からは「○○くん、気が利くな」と思ってくれますし、お子様からは「良いお兄さんやお姉さん」と思ってもらえるはずです。

遠方ゲストには宅配引き出物がベスト

最近ではゲストの自宅に引き出物を郵送する宅配引き出物というサービスがあります。

ゲストからの評判も良く、特に遠方から列席するゲストに喜ばれます。
遠方から来るゲストは宿泊するホテルから引き出物を郵送する方が多いので、手間もお金もかかりません。

さらに、宅配引き出物は式場購入よりも安くなるため式全体の費用を下げることもできます。また、贈り分けをする際も引き出物バッグの大きさで他のゲストに気付かれないメリットもあります。

家族婚はご祝儀のありなしで判断する

家族婚の場合はご祝儀のありなしで判断をします。
ご祝儀があるなら引き出物を用意し、会費制や挙式だけの場合は引き出物は不要です。もしもご祝儀を頂いたなら内祝いを贈る方がスマートです。

さらに詳しくは「家族婚や少人数婚でも引き出物は贈る?贈らない?」をチェックしてみてください。

ここがポイント!家族婚や食事会でも親族への感謝の気持ちで記念品(引き菓子やプチギフト)を贈る新郎新婦もおります。親族とはいえお二人を祝うためせっかく集まってくださっているので、ちょっとした手土産をお渡しできれば、関係性もさらに深まりますよ。

まとめ

  • 親族(親戚)への引き出物はご両親への相談が必須
  • 両親への引き出物は立場(招待者側か?ゲスト側か?)によって贈るか贈らないかを決める
  • 両親へ引き出物を贈らない場合は記念品や花束を贈る新郎新婦もいる
  • 既婚の兄弟・姉妹には引き出物は贈らない
  • 未婚の兄弟・姉妹には引き出物を贈る
  • 家族婚は引き出物は不要だが、ちょっとした記念品を贈るといい

結婚式は一生に一度の記念となるイベント。
特に親族の方は結婚後もご家族同士の付き合いをしていくことになります。出席したゲストや親族が満足できるような引き出物選びをすれば、今後のお付き合いにも良い影響を与えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質な引き出物ショップ「ANCIE WEDDING」

「持ち込みや宅配を検討している」
「式場のカタログに好みの商品がなかった」
「少しでも安く引き出物を購入したい」

私たちANCIE WEDDINGは、このような悩みを持つ新郎新婦さま向けに高品質な商品を提案する引き出物専門ネットショップです。

結婚式場よりもお得な価格(最大63%OFF)で、高品質な引き出物をご用意いたしました。

定番のブライダルカタログギフト、ブランド食器やグラス、コスメなど充実の商品ラインナップ!

ショッピング感覚で引き出物選びをお楽しみいただけます。

結婚式の引き出物をお探しの方はこちら

結婚式の引き出物のプロがあなたの質問にお答えします。
結婚式の引き出物のプロがあなたの質問にお答えします。
どんな引き出物がゲストに喜ばれるの? やっぱりカタログギフトが人気? などどんな質問でもお送りください。
性別と年齢を併せてお送りいただくと、より詳しい回答をすることができます。
※ お送りいただいた質問は後日、本ブログ内で回答いたします。
※ すべての質問に回答をお約束するわけではございません。