3人家族

ご夫婦やご家族で招待するゲストの引き出物についてお悩みの方は非常に多いです。
今回は、ご夫婦(ご家族)で招待する場合の引き出物で良くある3つの質問について悩みを解消できるよう解説していきます。

夫婦ゲストの引き出物は1つでいいの?

「夫婦で招待した方の引き出物はひとつでいいですか?」

最も多くいただく質問が引き出物の数です。
ご夫婦で列席してくれるため引き出物は、2つじゃないとダメかな?と思うかもしれません。しかし、答えとしては『どちらでも大丈夫』です。1つでも良いですし、2つでも問題ありませんが、金額に注意をしましょう。

ご祝儀に見合えば個数は関係ない

ご祝儀金額に見合った引き出物の内容であれば引き出物の個数は一つでも二つでも問題ありません。

仮にご夫婦ゲストの引き出物を八千円だとします。
8千円を1セットでも、4千円を2セットでもどちらでも良いのです。

一人で招待するゲストと、夫婦で招待するゲストの引き出物は、同じにならないようにしよう。

夫婦で席がバラバラのとき

例えば、中学の同窓生をご招待すると夫婦で招待すると、男性テーブルと女性テーブルでそれぞれにお座りいただくことがあります。

ご夫婦で引き出物1セットの場合、ご主人側のテーブルに引き出物を用意します。引き出物準備の基本的な考え方は『ご祝儀袋につき引き出物1セット』と覚えておくと良いでしょう。

品数と金額はいくら?

品数と金額はゲストから頂くご祝儀を知る必要があります。以下の表はゲスト別のご祝儀の表です。

ゲスト 金額
友人・同僚のご夫婦(2名) 50,000円
友人・同僚のご家族(3名以上) 50,000円以上
上司・親族のご夫婦(2名) 50,000円または70,000円
上司・親族のご家族(3名以上) 70,000円以上

以下で、それぞれのゲスト別に引き出物の品数と金額をご紹介します。

友人・同僚の夫婦・家族への引き出物

友人・同僚のご夫婦(家族)への引き出物について金額と品数をご紹介します。

引き出物の金額

おおよそ以下のような金額で引き出物を考えていくのが一般的です。総額は5,800円~9,500円になります。

メインの引き出物(記念品) 5,000円~
引き菓子 800~1,000円
縁起物 800~1,500円
プラスワンアイテム 1,000円~2,500円

※メインの引き出物とプラスワンアイテムの合計金額はご祝儀の10%前後が目安です

引き出物の品数

品数の基本的な考え方は以下のとおりです。

メインの引き出物(記念品) 必須
引き菓子 必須
縁起物 大半はつける
プラスワンアイテム つける場合とつけない場合に分かれる

品数については地域により差があるので、地域の相場やご両親に相談をして決定するのがおすすめです。例えば、品数はメインの引き出物と引き菓子の二品にして、メインの引き出物を豪華にするという選択肢もあります。

以下に友人や同僚のご夫婦・ご家族向けの引き出物選びのヒントをご紹介します。

引き出物選びのヒント
  • ご夫婦で使える品物を用意する
  • お子様向けにプラスワインアイテムを用意する
  • ご夫婦それぞれ1点のメインの引き出物を用意する
  • 二人で選べるカタログギフトにする

上司・親族の夫婦・家族への引き出物

上司・親族のご夫婦(家族)の引き出物も友人や同僚ゲストと考え方は同じです。

引き出物の金額

友人(同僚)のご夫婦ゲスト同様にメインの引き出物とプラスワインアイテムはご祝儀の10%前後が目安です。総額は5,800円~15,000円になります。

メインの引き出物(記念品) 5,000~10,000円以上
引き菓子 800~1,000円
縁起物 800~1,500円
プラスワンアイテム 1,000円~2,500円

※メインの引き出物とプラスワンアイテムの合計金額はご祝儀の10%前後が目安です

引き出物の品数

基本は友人や同僚のご夫婦ゲストと同じです。

メインの引き出物(記念品) 必須
引き菓子 必須
縁起物 大半はつける
プラスワンアイテム つける場合とつけない場合に分かれる

上司や親族は、ご祝儀の金額が高額です。ご祝儀の金額に対応してメインの引き出物(記念品)の予算も上がります

上司や親族の夫婦・家族ゲストは、ご祝儀が10万円を超えることもあるため、メインの引き出物(記念品)を複数用意する新郎新婦さまもいるよ。

ご祝儀が予想と違ったときはどうする?

引き出物の金額はご祝儀額を目安に決めます。しかし、実際にはご祝儀の金額を結婚式前に把握することはできません。

特にご家族で招待するゲストは、一人で招待するゲストに比べて、ご祝儀の相場が明確ではありません

そのため招待した家族の考え方にも左右されます。
以下では、ご祝儀額が予想と違ったときの対処方法について説明をいたします。

ご祝儀が予想よりも少なかった

残念ながら予想よりも少なかったときは諦めるしかありません。

よくある予想違いは『7万円』だと思っていたが『5万円』だったというケース。
ご祝儀の金額に対して、引き出物は10%が目安になりますが、このケースですと金額差は2千円です。お忙しい中で列席してくれたと思って納得するしかありません。

ご祝儀が予想よりも多かった

挙式後に内祝いを贈りましょう

もしもご祝儀の金額に迷ったときは、高めの金額の引き出物を選ぶと無難。
なぜなら引き出物金額の数千円程度で「ケチだ!」と思われるのは、実につまらないことです。

結婚式に来ていただくほどに親しい間柄の人ですとなおさらです。

挙式後は新婚旅行や新生活で忙しくて忘れがちだから注意してね。

まとめ

  • 夫婦ゲストの引き出物の数は金額さえあえば一つでも二つでも問題ない
  • 友人・同僚ゲストの引き出物の総額は5,800~9,500円
  • 上司・親族ゲストの引き出物の総額は5,800~15,000円
  • ゲストの種類に関わらず引き出物と引き菓子は必須となる
  • ご祝儀の金額が予想より高かったら内祝いを贈る

その他にご不明点があるからページ最下部の「結婚式の引き出物のプロがあなたの質問にお答えします。」からご質問をいただければ回答させて頂きます。