常識or非常識

結婚式は昔からの風習や地域の文化などを意識しなくてはなりませんよね?

結婚式には必ず必要な引き出物。
熨斗(のし)や縁起物という普段は聞き慣れない単語だけでも風習や文化を感じます。では『引き出物の贈り分け』も風習なのでしょうか?

実のところ引き出物の贈り分けは最近の結婚式の考え方であって風習や文化は全く関係がありません。風習や文化はありませんが、”マナー”という点でみると贈り分けは非常に重要になります。

このページでは、引き出物の贈り分けをする理由やゲスト別に具体的な贈り分け方法をご紹介いたします。

引き出物の贈り分けをする理由

昔と今では結婚式の考え方も変化しています。
それと同じく引き出物の考え方も変化し、今では贈り分けが当たり前のように行われています。

一昔前の引き出物の考え方

昔の結婚式
  • ゲスト全員に同じものを贈っていた
  • ゲストに贅沢をしてもらうという考え方だった

ゲスト全員に同じものを贈っていた

もともと引き出物は『記念品』という考え方がありました。そのため新郎新婦のイニシャル入りの食器を作り、結婚式の記念としてゲストの方に持ち帰って頂いていました。

しかし、今ではイニシャル入りの引き出物は喜ばれない引き出物の典型例になっています。

ゲストに贅沢をしてもらうという考え方だった

今も昔もゲストのご祝儀の金額はマチマチ。そのため高額のご祝儀ゲストに合わせてた内容で全員分の引き出物を用意していました。

「高額のご祝儀ゲストに合わせると出費がすごそう…」

一昔前は、結婚式費用は新郎新婦とご両家の費用持ち出しが当たり前。とにかくゲストに贅沢をしてもらうという考え方があったからです。

それに対して最近の結婚式の考え方は異なります。

近年の結婚式の考え方

現代の結婚式
  • ゲストに喜んで欲しいと思う新郎新婦が増えている
  • 少しでも安く結婚式を挙げたい

ゲストに喜んで欲しいと思う新郎新婦が増えている

あなたは他人のイニシャルが入った食器をもらって嬉しいでしょうか?

きっと嬉しくないという方が多いと思います。
特に料理をしない独身男性が食器をもらっても使い道がないですし、人にあげるかフリーマケットに直行です。

最近の新郎新婦は昔よりもゲストに対して「喜んで欲しい」と考える方が増えています。その結果として、ゲストそれぞれにあった引き出物を準備するようになってきました。

少しでも安く結婚式を挙げたい

結婚式にもコストカットという考え方が主流になり始めています。
例えば、新郎新婦の持ち出し0円を売りにした『格安婚』というサービスがあります。また、年収の低下などもあり、新郎新婦が結婚式の費用に対してシビアに考えるようになってきています。

その結果、ゲストのご祝儀金額に合わせて妥当な引き出物を準備するという考え方が出てきたわけです。

贈り分けは風習ではなくマナー

結婚式の引き出物

贈り分けで最も重要な考え方は『ご祝儀の金額にあわせて妥当な引き出物を準備する』です。

ゲストが準備するご祝儀は3万円~10万円以上と幅があります。
これがアーティストのディナーショーなら3万円の席と10万円の席では雲泥の差があります。しかし、結婚式中はご祝儀金額に関係なく全てのゲストが平等です。

そこで自宅にお持ち帰りいただく『引き出物』で、いただくご祝儀の金額差を調整するようになったのです。

85%の新郎新婦が贈り分けをしている

今では贈り分けは当り前です。
その証拠に新郎新婦の85.1%が贈り分けをしています。(※)

この数字が表すようにご祝儀金額に見合った引き出物を準備することはマナーといえるでしょう。

※出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

贈り分けは何パターン?

贈り分けのパターン数にルールはありません。
極論をいえばゲスト全員に対して別々の引き出物を準備しても良いわけです。とはいえゲストに別々の引き出物を準備するのは新郎新婦にとって非常に大変です。

プランナーに相談をすると2~3パターンという回答が返ってくるはずです。
実は贈り分けのパターン数が増えると結婚式場側は大変な負荷がかかります。そのため結婚式場サイドは過度に贈り分けが発生することを嫌う傾向にあります。しかし2~3パターンでは少ないです。

最近の結婚式はゲストへの「おもてなし」という考え方が年々強くなっています。そのことも影響し、贈り分けのパターン数も年々増えています。

贈り分けパターン数の全国平均の推移

年度パターン数
2010年3.7パターン
2013年3.9パターン
2016年4.0パターン
2017年4.0パターン
※出典:ゼクシィトレンド調査

上記の数字からも分かる通り平均は4パターンが相場となっています。アンシェウェディングとしては、新郎友人・新婦友人・上司・親族の4パターンをおすすめしています。

贈り分けで金額に差をつける方法

以下では具体的な贈り分け方法をご紹介していきます。

カタログギフトなら贈り分けは簡単

カタログギフト

金額差をつける最も簡単な方法は『カタログギフト』をメインの引き出物にすること。
カタログギフトには価格別にコース設定がされており、3,000円・4,000円・5,000円・10,000円…といったコースがあります。当然ながら金額が高くなるにつれて高価な商品が交換できます。

価格別にコースを選ぶだけで贈り分けができます。一方でデメリットもあるためカタログギフトのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • 500円きざみでコース設定されている商品もあり柔軟な価格対応が可能
  • 金額が変わっても形や大きさが変わらないためゲストの持ち帰りも楽
  • 金額の差があっても形が同じためゲストにも贈り分けを気付かれない
デメリット
  • 1,000円ぐらいの金額差ではゲストが金額の違いを分からないことがある
  • 価格帯が安すぎると選ぶアイテムがないカタログギフトもある

カタログギフトで贈り分けをする場合は上記のことを考慮して選ぶ必要があります。

品数で差をつける方法

プラスワンアイテム

引き出物の種類の中に『プラスワンアイテム』という商品があります。プラスワンアイテムは、名前の通り引き出物にプラスをしていく商品です。

プラスワンアイテムを使えば簡単に引き出物の金額調整が可能です。
プラスワンアイテムの商品は通常の引き出物と似た物が多いのですが、メインの引き出物(記念品)よりも価格が非常に安いです。

一般的に通常の引き出物は2,500円以上の価格設定。しかし、プラスワンアイテムは500円以上の価格設定で細かい金額調整ができます。

POINT

プラスワンアイテムは単純に品数が多くなるため「いつもの結婚式より多く引き出物を用意してもらえた」と思って頂けるメリットもあります。

内祝いで贈り分け

内祝い

ご祝儀の金額によって贈り分けをすることは何となくお分かり頂けたでしょうか?

ここでポイントがご祝儀の金額は当日まで分からないということ。
一般的には親族や上司などは高額なご祝儀を用意してくださります。しかし、中には予想外に高いご祝儀をくださるゲストの方もおります。

ここで有効な手法が『結婚内祝い』です。
内祝いは結婚式に列席いただいた方に贈って構いません。ご祝儀に比べて準備した引き出物があまりにも下回っていた場合は、挙式後に改めて内祝いという形で郵送で贈りなおしても良いわけです。

ただし、何でもかんでも内祝いで贈ることはやめましょう。 ゲストへの結婚内祝いは想像よりも高かった場合に贈ります。相手からすれば「ケチだと思われていた」という印象を与えかねません。多少の金額差であれば新婚旅行のお土産がおすすめです。

挙式後は新婚旅行や新生活などで、時間の経過を早く感じます。「引き出物は渡してるし、まぁいいか」とならないようご注意を!

POINT

普段あまり会わない遠い親戚や会社関係の上司のようなコミュニケーションが取りにくいゲストに限って自身が包んだご祝儀と引き出物の差に敏感ということも少なくありません。

贈り分けはゲスト目線が大事

贈り分けだけにとらわれると大事なことを忘れてしまいます。
引き出物には『新郎新婦の想いや気持ちを込める』ということが大切です。例えば、誕生日プレゼントで考えてみましょう。

高価なブランド物も嬉しいと思いますが…
自分のために「選んでくれた」や「探してくれた」「欲しいと言ったことを覚えていてくれた」、こういった想いが感じられるものは、金額に関係なく気持ちが伝わります。

引き出物もプレゼントと考え方は同じ。
ゲスト目線に立ち商品を選ぶことが想いを伝える第一歩です。結婚式のゲストは年齢や生活スタイルが異なります。だからこそゲスト毎に贈り分けをする必要が出てくるわけです。

以下では具体的に”ゲストの属性毎”に贈り分けをする基準をご紹介いたします。

新婦の友人や同僚

友達

女性は年齢や状況に応じて欲しいものや好きなブランドなどが大きく変化します。
友人同士で最近買ったものや興味のあるアイテムの話をする機会を作りましょう。事前に確認をしてゲストの状況に応じた引き出物選びをすると喜ばれます。

新婦友人[20代・未婚]

引き出物を渡すゲストの中でも最も注意が必要です。

  • 限られた生活費の中から、ドレスや美容院・ご祝儀などの費用を捻出するため引き出物と自分が出した費用を無意識に比べる傾向が強い
  • 周りで結婚する友人も多く他の結婚式の引き出物と比べることもある
  • FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでもらった引き出物を投稿する方も多い
  • 女子会で話をする可能性や披露宴と二次会の合間に喫茶店で友人たちと引き出物に対して評価をしあうこともある

という特徴があります。上記の特徴から20代の新婦友人の贈り分けは友人同士での不公平間につながるため、この属性の引き出物は同じにするのが無難です。

おすすめアイテム
ジルスチュアート
ローラアシュレイ
アーバンリサーチ
MOR

流行、お洒落、センスというキーワードで選びましょう。
昔からの「引き出物」という考え方にとらわれず引き出物を選ぶと友人からの評価が高くなります。

新婦友人[30代未婚]

30代女性

自分の好きなブランドやテイストが決まっていてこだわりも強い世代。
20代に比べて収入は安定しており、好きなブランドや欲しいものにはお金を使います。一方で、好きではないものには出費しないという傾向が強い属性です。

  • 一言でいえば大人の女性
  • 欲しいものが人それぞれでバラバラ
  • 過去に結婚式に列席した経験もあり引き出物の相場をある程度把握している
  • 人がもらったものと自分がもらったもの比較することは20代女性に比べると少ない

という特徴があります。
定番の引き出物に対しては「まぁこんなもんでしょ。」という印象を持つ傾向にあります。普段からそれとなく好きなブランドや、欲しいものを調査することが大切です。

結婚式の列席回数も少なくないため20代の女性と違ってこの属性内で贈り分けをし、別の引き出物を用意しても問題ありません。

おすすめアイテム
ウェッジウッド
ロイヤルコペンハーゲン
ノリタケ
ランドレス

好きなブランドのアイテムが人気です。
普段から、ゲストがする贅沢やプチ贅沢の延長線上のアイテムを選ぶと大変喜ばれます。

事前に把握できない場合は好きなものを選んでもらえるカタログギフトを贈るのが無難と言えます。

新婦友人[既婚]

家族

この属性の特徴は本人が引き出物に対する知識がある点です。なぜなら既婚のため結婚式を挙げている可能性が高いからです。

  • 引き出物を選んだ経験があるため商品の価格をある程度把握している
  • 招待する友人の引き出物との「かぶり」や「金額差」に注意して選ぶ

小さい子供がいる場合はプラスワンアイテムで子供向けアイテムを選んだり、食器セットやお鍋や包丁といったキッチンアイテムもおすすめですよ。

注意点

ブライダル用に発行されている有名カタログギフトの種類は4種類しかないため、その友人が金額を知っている可能性は十分に考えられます。

おすすめアイテム
グルメカタログギフト
ウェッジウッド
ディズニー
スヌーピー

この属性は結婚している女性は生活の中で様々な物が必要です。そのため引き出物のアイテムとしては比較的選びやすいと言えるでしょう。

新郎の友人や同僚

男性は女性に比べると買い物をする回数が少なく欲しいものや好きなものが明確でない傾向が強いです。仮に、欲しいものがあっても時計やパソコンなど高額商品に限定されることが多いのです。

男性は、ピッタリの引き出物という視点よりも”的外れにならない引き出物”という視点が大切です。

新郎友人[未婚実家暮らし]

友人

引き出物の定番アイテムと言えば食器に代表されるキッチン用品です。
キッチン用品の男性向けにはワイングラスやビアグラスなどが人気です。しかし、実家暮らしの男性がグラスをもらうと、どうなると思いますか?

  • 実家の食器棚の片隅に置かれる
  • 箱のままま部屋にしまわれてしまう

こんな悲しい結果になる可能性があります。
家の中を自分自身のテイストやカラーにすることや高品質な食器で食事をすることに対する意識は低い属性といえます。そこでおすすめは実用的なビジネス系のアイテムです。

おすすめのアイテム
ネクタイケース
高級ボールペン
靴磨きセット
洋服ブラシ

上記のような仕事で使用できるちょっと品質の高いアイテムは実用的で普段使いができます。

新郎友人[未婚一人暮らし]

男性

一人暮らしの男性は、人によっては女性以上に部屋にこだわっていたり凝った料理をしたりする人もいます。
そんな男性には部屋での充実した生活を後押しするようなアイテムが喜ばれます。

おすすめのアイテム
ボダム
イッタラ
ビームスバスタオル
ロックグラス

アルコールを飲まない人にグラスや料理をしない人に調理器具は的外れです。このような方には未婚実家暮らしの男性と同じく、ビジネスで使えるアイテムがいいですね。

新郎友人[既婚・彼女有]

カップル

男性は欲しいものが分かりにくいです。
そんな相手の無難な引き出物が『カタログギフト』です。

おすすめのアイテム
ブライダルカタログギフト
専門カタログギフト

男性はカタログギフトを交換しない傾向がありますが、彼女がいたり結婚をしている方は別です。
大多数が奥さんや彼女がカタログギフトの交換をします。

上司・親族

上司と親族のゲストは一般的に5万円以上の高額ご祝儀のゲストです。
ご祝儀が5万円以上のゲストは引き出物の価格帯も上がるため選択肢が広がります。

逆に選択肢が広くなり引き出物選びが難しくなるといえるかもしれません。また、友人や同僚のように普段からコミュニケーションを取れません。そのため趣味嗜好が分からないことも少なくありません。

特に会社関係や職場の上司は注意しましょう。
失礼があると後の仕事に影響してしまうことも考えられます。とりわけ常識的な引き出物を選ぶことが大切です。

上司

30代半ば以上

上司には金額的に失礼がない引き出物にすることを優先させましょう。また、アイテム的にも失礼がないように選ぶ必要があります。

  • カタログギフト
  • ブランド食器
  • 高級タオル

などを選ぶ新郎新婦が圧倒的に多いです。

ここで考えて頂きたいのがゲスト視点。
会社の上司(特に役員クラス)は何度も結婚式に招待されています。つまり定番の引き出物は何度も貰っている可能性が高いのです。

ここで気を利かせれば会社での評価にもつながるかもしれません。そこでおすすめしたいのがプラスワンアイテム!
プラスワンアイテムなら他の結婚式と少し差をつけられます。上司の個別事情を少しだけ踏まえた商品が選べると更に気が利いていますね。

おすすめアイテム
今治タオル
ジョンマスターオーガニック
総合版カタログギフト
専門カタログギフト

上司の引き出物は、常識や風習といったものを意識しながら、ちょっとした気遣いを入れられるかがポイントとなります。

おすすめプラスワンアイテム
マグボトル
ミッキ&ミニ 電子レンジ容器
ウェッジウッド
アーバンリサーチ

1商品500~1,000円と価格は安いですが、品数が増えるため、それだけで豪華さを感じていただけます。

親族

親族や親戚は、ゲストの住んでいる地域に気を使う必要があります。
首都圏(都会)に住んでいるゲストには、上司と同じような観点で引き出物を選んで問題ありません。

注意したいのは地方に住んでいるゲスト。
その地域ならではの常識(風習)を持っている可能性があります。

親族や親戚の引き出物を決める前には、事前にご両親に確認するようにしましょう。
ご両親なら親族や親戚の方と接点が多く、必ずアドバイスがもらえるはずです。また、親族や親戚は遠方から列席される場合もあります。

遠方から列席されるゲストには、長距離移動を考慮した引き出物を選ぶ必要があります。

おすすめアイテム
総合版カタログギフト
グルメカタログギフト
研磨ファクトリー
テネリータ

余談になりますが、親族や親戚には姪や甥などの未成年の子供も含まれます。
こういった未成年の親族に対する引き出物の準備についての質問を多くいただきます。

甥や姪などのが未成年の場合には、単独でご祝儀を準備しない為引き出物は不要です。1家族に対しての引き出物を準備すれば問題ありません。

おすすめプラスワンアイテム
ケーキタオル
シュエット レンジルパック
ディズニー
マリクレール テーブル12pセット

上記のプラスワンアイテムはどれも1,500円未満です。
メインの金額を下げてプラスワンアイテムを追加するという組み合わせも検討してみてはいかがでしょうか?

引き出物宅配で簡単贈り分け

贈り分けは細かくすればするほど親切であり気持ちが伝わります。しかし、細かく贈り分けをしすぎるデメリットもあります。

  • 引き出物選びが大変
  • 式場でのセッティングが大変(間違えて他のゲストと入れ替わっても誰も気付かない)
  • 品数が増えると持ち帰りが大変

こういったデメリットからザックリとゲストの属性を分けて贈り分けをする新郎・新婦が多いです。また、大変な部分を軽減できる『引き出物宅配』というサービスも流行っています。

引き出物宅配は非常に便利なサービスです。

  • ウェブサイト上でゲスト毎に贈ることができる
  • 幅広い商品を扱っている(結婚式場よりも多いことも)
  • 式場では扱っていないブランドが選べることもある
  • 挙式当日の引き出物セッティングが不要になる
  • 間違えて他のゲストに引き出物を渡すことがない(当日の引き出物のケアは一切不要)
  • 遠方から参列されるゲストの方は引き出物を自宅へ郵送することが不要

贈り分けで大変な部分を、ほとんど解消してくれるサービスです。引き出物宅配は、ここ数年で急速に利用が増えている新サービスです。

引き出物の贈り分けにまとめ

  • 贈り分けは風習では無くてマナー
  • ゲストのご祝儀金額に対して常識的な贈り分けをする
  • 贈り分けのパターン数を増やすと引き出物に想いや気持ちを込められる
  • パターン数が増えると引き出物選びや当日のセッティングが煩雑になる
  • ご祝儀の金額差による贈り分けも大事だがゲスト視点を忘れずに!
  • パターン数が多い贈り分けは引き出物宅配が便利