投稿日:2017年7月23日/質問者:QPさん

結婚式の引き出物にのしは、付けなくてはならないのでしょうか?

今回のご質問にはウェディングドクターの安部がお答えします。
ウェディングドクター
「必ずつけなくてはいけない」というルールがあるわけではありません。 「のし」は、日本独特の文化といえます。 今ではギフト業界の人を除いて、「のし」本来の意味を理解している人は、ほとんどいないといってもいいでしょう。 ※参考:引き出物の「のし(熨斗)」ってどうしたらいいの?表書き?名入れは?
  • 「のし」ってなんだか古臭い
  • せっかくオシャレな引き出物選んだので「のし」は付けたくない
という理由で引き出物に「のし」とつけない新郎・新婦は実際にいらっしゃいます。 私が過去お受けした婚礼引き出物では、約8%くらいのお客様は「のし」を付けずに引き出物をお渡ししています。 また、最近ではインターネットでギフトを購入するユーザーも増えてきています。 こういった、インターネットギフトサービスでは「のしカード」のようなオシャレな熨斗を付けてくれるサービスもあったりします。

さらに詳しくウェディングドクターが解説

実は「のし」は結婚式のトラブルになりかねない少し怖いサービスと言えます。 熨斗は、ご両家の名が印字されています。 このご両家名が誤った内容で渡されてしまうことがあるのです。 そんなことあるの? とお思いの方も少なくないかと思いますが実際には、「のし」間違えのトラブルがなくなることはありません。 その理由は3つあります。

「のし」の確認ルートが複雑

多くの場合の「のし」確認は以下のルートで作成されます。
  1. ギフト業者が「のし」を作成し結婚式場へ連携
  2. 結婚式場が新郎・新婦へ確認
  3. 新郎・新婦が確認
  4. 新郎・新婦が確認後式場へ戻す
  5. 式場はギフト業者へ戻す
変更などがあると上記が何度も繰り返されます。 この過程の中で誤って伝わってしまう可能性があるのです。

挙式数が多い

結婚式場も、引き出物業者も多数の結婚式に対応します。 繁忙時期の引き出物業者では月間で数千挙式の対応をします。場合によっては月に1万挙式を対応する場合も。 こういった多数の挙式の「のし」を作成しているうちに、別の挙式の「のし」が混ざってしまうわけです。

「内のし」が多い

多くの場合、婚礼引き出物の「のし」は「内のし」です。 「内のし」は、「のし」をまいた後に、ラッピングをします。そのため「のし」が誤っていても気づけないのです。 QPさんのご質問で回答させていただいたように最近では「のしカード」のようなサービスがあります。 従来の「のし」は作成手順が煩雑なため、こういったトラブルが起こりがちでした。 「のしカード」にする事で、インターネット上でお客様が入力してから「のしカード」を作成するまでの過程をシステム管理できるようになりました。 また、商品一つ一つに巻きつける必要がなく作業が簡単なため、ミスを減らすことができるようになります。