結婚式に誰を呼ぶ?人数は?招待ゲスト選定方法の極意

招待ゲスト

結婚式を挙げるにあたり悩みがちな招待ゲストの選定は非常に難しいですよね。

  • 人数が多すぎる、足りない
  • 新郎新婦でバランスがあわない
  • 疎遠になっている友人を呼んでいいだろうか

など今回は招待ゲストのリストアップから選定方法、注意点など招待ゲストの選定方法をご紹介します。悩みが多いテーマのため長い記事になっています。時間のない方はブックマークして読み返してみてください。


招待したい人をリストアップしよう

結婚式の招待ゲストを決める上で最初に行う作業が”招待したい人のリストアップ”です。この段階では人数は考慮せず、下記の基準を踏まえた上で招待したい人を書き出していきましょう。

友人ゲストの招待基準

友人

日常的に交流があり仲の良い友人なら悩むこともありませんが、友人にグループがあったり、疎遠になっていたりすると判断に迷うもの。友人ゲストは以下の3つのルールを守るようにしてみてください。

  • 必ず招待したい友人を決める
  • 同じグループ内の友人は全員呼ぶか呼ばないかの二択で決める
  • 過去に結婚式に招待してくれた友人は必ず招待する

必ず招待したい人を決める

結婚式では心からお祝いしてくれる人を呼ぶのが大前提。自分の晴れ姿を見せたい人や、その人の結婚式には出たいと思える人は必ず招待するようにします。

グループ内の友人をどうやって選ぶ?

同じグループ内の友人は『呼ぶ人』と『呼ばない人』がいると後々気まずくなるため全員呼ぶか呼ばないかの二択で決めます。仮に呼ばない選択をした場合は、二次会に招待したり、結婚報告をするなどフォローを忘れずに。

疎遠になった友人は招待する?

基本は現在お付き合いが深い友人を招待するという基準で選定します。

問題は疎遠になった友人。
引っ越しや結婚、就職を機に疎遠になってしまった友人は誰もがいるはずです。こちらが招待をしたいと思っても、数年間も連絡を一切していないと「人数合わせ?」と思われることもあります。

ただし、過去に結婚式に招待されたことのある友人は例外です。結婚式は招待されたら招待するというのがマナーと考える人が多く、今は疎遠になっていたとしても声はかけるべきです。出席するかしないかはゲストの判断に委ねましょう。

親族ゲストの招待基準

親戚の集まり

  • 基本的に招待するのは『いとこ』と『いとこの子供』まで
  • 日常的に付き合いの深い親戚なら上記の範囲外でもOK

親族として招待するのは一般的に『いとこ』と『いとこの子供』まで。挙式で指輪を運んでくるシーンなどで姪っ子や甥っ子の登場を見たことがあることが多いと思います。

上記の範囲外で日常的にお付き合いの深い親戚の方がいらっしゃる場合は招待しても、おかしくはありませんが、一つの基準として親戚として招待するのはいとこまでということを覚えておきましょう。

親族ゲスト、どうやって選ぶ?

もしも迷うようなら結婚式に招待する親戚は親に決めてもらうという方法もあります。実際に親族関係のゲストはご両親に決めてもらう新郎新婦さんも多いようです。親戚関係を熟知した親に決めてもらうのが、一番確実で手っ取り早いかもしれませんね。

会社関係の職場ゲストの招待基準

会社の同僚や上司

  • 基本的に招待するのは同じ部署や支店の方まで
  • 社長や役員の招待は会社規模や文化により異なる
  • 直属の上司や仕事でやり取りの多い先輩や同僚は必ず招待する
  • 人事異動で部署や支店が変わった場合は新しい部署や支店の人を優先する

直属の上司や仕事で関係の深い先輩や同僚の方は必ず招待するのが基本です。また、上司の方は主賓としてご招待し、祝辞や乾杯をお願いすることも多いです。

社長はやっぱり呼ぶべき?

会社の社長が出席されている結婚式もありますが、社長が参列されるのは従業員数が200人程度まで。会社規模が大きくなればなるほど社長の負担が大きくなりますので、決して必須ではありません。ただし、企業文化で社長が必ず出席するという会社もあります。そのため仲の良い先輩などに相談してみてください。

人事異動や転勤で異動になったら?

人事異動などで部署や支店が変わった人は、異動先の部署や支店の同僚を優先的に選びます。結婚式は「今後とも宜しくお願いします」という前提で行われるもので、新しい部署や支店で同僚や上司と関係ができていなくても、異動先の方たちの招待を優先させるようにしましょう。

夫婦の方を招待する場合

ご夫婦

ご夫婦で招待されると、ご祝儀金額は高くなり負担も大きい(相場は5万円)ため、ご夫婦で招待をしたら『迷惑』や『失礼』と悩む方も多いのではないでしょうか。基本的には、

  • ご夫婦ともに日常的なお付き合いがあるときは、ご夫婦で招待をする
  • 数年に一度だけ会うような関係性なら片方だけの出席も珍しくない

のふたつのポイントに注意をしてみてください。ご夫婦で招待する場合は、お付き合いの”度合い”で判断をします。

ご夫婦で招待する付き合いの度合いとは?

例えば、大学時代からの友人で、結婚して旦那さんとも交流ができ、何度か食事をした程度の関係性であれば、友人のみを招待するのが一般的。親戚も同様で、数年に一度のお付き合いであれば、夫婦の片方だけの招待という場合もよく見受けられます。

日常的であるかどうかが、お一人で招待するか?ご夫婦で招待するか?の判断基準になります。

迷ったときは夫婦連名で招待状を送る

上記のような基準をもってしても関係性の尺度というのは明確な基準がありません。

「やっぱり夫婦で招待して良いのかわからない」というように迷って判断できないときは夫婦連名で招待状を送りましょう。出席するか欠席するかを最終的に決めるのは招待されたゲスト側ですが、例えどちらか一人の出席になっても招待したいという気持ちは相手側に伝わります。

人数や予算は?招待ゲストの絞り込み作業

招待ゲストのリストアップが終わったら、いよいよ実際に招待するゲストの絞り込みに入ります。招待ゲストの絞り込みは、結婚式の予算やご両親からの援助額、地域別のゲスト人数を参考に決めていきましょう。

尚、以下ではゼクシィ結婚トレンド調査のデータを元にご説明します
出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

結婚式の予算を決める

予算

まずは結婚式の予算を決めていきます。
自分たちの貯金や両親からの援助金、挙式当日に頂くご祝儀に加え、地域性を考慮した結婚式の規模などを踏まえた上で、招待する人数も変わってきます。

挙式・披露宴・披露パーティーの総額の平均

全国平均 354.8万円
会費制の多い北海道を除けば、多少の地域差はあるものの、概ね全国的に金額差は少ないです。

地域 平均総額(万円)
北海道 207.3
青森・秋田・岩手 359.9
宮城・山形 362.7
福島 359.0
茨城・栃木・群馬 375.2
東京・神奈川・千葉・埼玉 370.6
新潟 372.0
長野・山梨 368.1
富山・石川・福井 353.7
静岡 351.4
愛知・岐阜・三重 356.4
大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 335.4
岡山・広島・山口・鳥取・島根 345.8
愛媛・香川・徳島・高知 351.8
福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島 379.4
全国 354.8

ゲスト1人あたりの料理・飲み物の総額の平均

全国平均 18,500円
首都圏・関東・北陸・近畿では平均よりやや高い傾向があります。ご祝儀から上記の金額と引き出物の金額を引いた金額が結婚式の予算を後押ししてくれる要素とはなりますが、残りの費用をご祝儀だけで全て賄うのは中々難しいことがわかります。

地域 平均金額(千円)
北海道 15.4
青森・秋田・岩手 16.1
宮城・山形 18.5
福島 17.7
茨城・栃木・群馬 18.9
東京・神奈川・千葉・埼玉 19.6
新潟 18.9
長野・山梨 18.4
富山・石川・福井 18.7
静岡 17.6
愛知・岐阜・三重 19.3
大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 19.1
岡山・広島・山口・鳥取・島根 17.1
愛媛・香川・徳島・高知 16.7
福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島 16.5
全国 18.5

親や親戚からの援助総額の平均

親からの援助金があったと答えた新郎新婦は全国平均で76.1%で、実際に援助してもらった金額の全国平均金額は182万円です。

地域 平均金額(万円)
北海道 124.9
青森・秋田・岩手 142.0
宮城・山形 184.2
福島 152.2
茨城・栃木・群馬 172.2
東京・神奈川・千葉・埼玉 189.8
新潟 183.0
長野・山梨 154.7
富山・石川・福井 208.6
静岡 171.6
愛知・岐阜・三重 202.6
大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 198.2
岡山・広島・山口・鳥取・島根 185.8
愛媛・香川・徳島・高知 185.2
福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島 148.5
全国 182.0

親や親戚からの援助があるとないとでは結婚式の予算に大きな影響があるのは必至ですので、結婚式を行うことが決まったら双方の親や親戚からの援助が得られるかは念頭に置いて考えていった方が良いでしょう。

招待するゲストの人数を決める

招待ゲスト

続いては招待するゲストの人数です。予算と地域別の人数を参考に、ある程度の人数を決定していきます。

地域別 招待人数の平均

全国平均の招待人数は70.2人です。
概ねどの地域もこの平均値に近い人数となっていますが、九州と東北地方は全国平均人数よりも多い傾向があります。このデータを参考に自分たちが結婚式に招待する人数をイメージしてみてください。

地域 平均招待人数(人)
北海道 78.1
青森・秋田・岩手 100.9
宮城・山形 77.7
福島 85.2
茨城・栃木・群馬 72.6
東京・神奈川・千葉・埼玉 64.4
新潟 68.1
長野・山梨 75.8
富山・石川・福井 61.8
静岡 73.3
愛知・岐阜・三重 61.1
大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良 60.5
岡山・広島・山口・鳥取・島根 68.7
愛媛・香川・徳島・高知 77.5
福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島 95.1
全国 70.2

地域別 招待ゲストの属性内訳

続いては招待するゲストの内訳です。
親族関係と友人で全体の半数を上回る割合となっています。どのゲストの割合を多くするかによって結婚式の雰囲気はガラっと変わります。近年は、友人の割合が多くする傾向があり、結婚式もカジュアル志向なアットホームな形が増えてきています。

ゲストの属性 平均招待人数 割合
親族 25.2 34.2%
学生時代の友人・恩師 27 36.7%
勤務先の上司・同僚 16.4 22.3%
親の友人・知人・近所の人 2.4 3.3%
その他 2.6 3.5%

招待ゲストの人数バランス

招待ゲストの選定で必ずといっていいほど新郎新婦を悩ませるのがゲスト人数のバランスです。

親戚の数は、ご両親の兄弟や姉妹の人数、片親など家庭環境により大きく差が出ても不思議なことではありません。また、職場の招待ゲストも会社規模や自営などの業態によって変わりますし、友人の数も仲の良い友人グループ全員などの都合で大きく違うでしょう。

無理に人数を揃える必要はない

まず認識して欲しいことが”そもそも招待ゲストの人数を合わせる必要はない”ということ。大前提として結婚式に招待する人は、本当に祝ってくれたり、呼びたい人だけを招待するのが基本です。結果的に人数が少なかったり、新郎新婦で人数バランスに差がでることは良くあることで、決しておかしなことでも、恥ずかしく思うことでもありません

人数を調整しようとすると、どちらか多いほうのゲストから人数を減らすことになります。そうなると人数調整で結婚式に呼ばれなかった人は悲しく思われることでしょう。本当にお祝いしてくれる人達だけを招待し、無理に招待ゲストを確保する必要はないというのが正しい考えです。

本来は、招待ゲストの人数バランスを気にする必要はありません。しかし、新郎新婦は気にしなくても「両親が許さないこと」やゲストへの「体裁を保ちたい」という方もおります。もしバランスをとりたいという方は以下を参考にしてみてください。

招待するゲストがいない場合

  • 招待ゲストの人数が多い方を減らす
    最もスタンダードな方法ですが、呼ばなかった人へは、結婚報告を個別にしたり、二次会で呼ぶなど最低限のフォローをしましょう。
  • 結婚式代理出席サービスを使う
    あまりおすすめしませんが、ゲスト役になりきった方を派遣してもらうサービスです。パートナーに秘密で利用しても、その後の年賀状や出産などで、いずれバレる可能性が高いため、新郎新婦で話し合った上で利用をしましょう。
  • 席を工夫して少なくみえないようにする
    体裁を整えたいなら席の配置を工夫することで分からなくすることもできます。例えば、円卓の大きさを変えたり、新郎新婦の友人を同じテーブルにし、肩書を『新郎新婦友人』とすると、他のゲストからは分からなくなります。

招待したい人数が多すぎる場合

「結婚式に招待したい人をリストアップしたら思いのほか大人数に…でも、どの方も招待したい。」

このような悩みを抱える新郎新婦さんであれば、二部制ウェディングをおすすめします。

  • 親戚の人数が多い
  • 会社関係のゲストが多い
  • 招待したい友人の数が多い

など事情は様々でしょうが、一度に大人数を招待すると、それぞれのゲストとの会話や写真撮影などの時間が十分に確保できなり、かえってゲストの満足度は低くなることもあります。このような問題を解決できるのが二回の披露宴をおこなう『二部制ウェディング』です。二部制ウェディングにも様々なスタイルがあるので、どのようなゲストの人数が多いかで検討してみてください。

一般的な二部制ウェディングのスタイル

一般的な二部制ウェディングのスタイルは3パターンあります。

<披露宴後に挙式を実施するスタイル>

従来の結婚式スタイルに最も近い二部制ウェディングです。一部では親族中心にし、二部では1.5次会風の披露宴となります。デメリットとして友人ゲストを待たせてしまうため、待つ時間の工夫が必要になります。

<披露宴の間に挙式をはさむスタイル>

最もおすすめの方法で、どのゲストもお待たせすることもなく、予算もおさえて実施できます。ただし、挙式前の披露宴に違和感を感じる方もいるため、事前にお伝えしておくことをおすすめします。

<挙式と披露宴を2回実施するスタイル>

挙式が2回になるため予算は高くなります。また、1日で実施するとスケジュールがびっしりになるデメリットもあります。

会社関係のゲストが多いときの二部制ウェディング

両親の仕事関係など社会的地位が高い方をたくさん招待する場合は、1回目は親族や仕事関係で、2回目は友人中心でというスタイルもあります。

お偉いさん達が集まる中で招待された友人ゲストが恐縮するという問題も披露宴を2回に分ければ解消できます。麻生太郎副総理の息子さんの結婚式でも、この二部制結婚式の形で行われた模様で、1回目は麻生副総理関連の政治家などのゲストを中心に、2回目は新郎新婦の友人などのゲストを中心に開催されたそうですよ。

新郎新婦と親で理想の結婚式が違うときの二部制ウェディング
  • 新郎新婦はカジュアルな結婚式を
  • ご両親は厳粛でフォーマルな結婚式を

というように、新郎新婦とご両親で希望する結婚式のイメージが分かれてしまうこともあります。こういったときには、一部でフォーマルな披露宴を、二部で友人中心のカジュアルな披露宴を行えば、問題を解決できます。

親としても自分がお世話になった上司や仕事関係の方に子供の晴れ姿を見て欲しいという気持ちもありますから、新郎新婦もなるべくその気持ちを考慮した形が取れれば最善です。

いよいよ大詰め!ゲスト選定の最終作業

大変なゲスト選定もいよいよ大詰め。最後に忘れてはならない作業や配慮すべきポイントなどをご紹介していきます。

役割をお願いする招待ゲストを決める

一般的な結婚式ではゲストの方に、スピーチや余興など様々な役割をお願いすることになります。それらの役割を、

  • どのような方に
  • どんなお願いをするか

という人選が必要になります。誰に依頼するかで結婚式の雰囲気も変わるため、この人選は非常に重要です。どんな役割があるか、そして、どんな人を選べばいいかをご紹介します。

受付

結婚式の受付

受付は新郎新婦側から各2名程度の方にお願いするのが一般的。
しっかりと挨拶ができて、ハッキリ話ができる人で、かつお金を預かってもらうため信頼できる人にお願いしましょう。

受付の方には他の招待ゲストより早く式場に来ていただく必要がありますので、遠方からお越しのゲストは避けるのがベターです。また、着付けなどで時間がかかりそうな人は、前もって打診すると引き受けてもらいやすくなります。

主賓挨拶・スピーチ

主賓スピーチ

主賓挨拶は新郎新婦側から各1名ずつ選びます。
誰を選ばなければいけないといった明確なルールはありませんが、一般的には招待した会社関係のゲストの方で最も格の高い人を選びます。社長や役員・部長など会社関係が最も多く、その他に学校の恩師や関係の深い親の知人などの方にお願いするケースもあります。

たまにあるのが主賓挨拶が異常なまでに長いこと(笑)
そのため主賓挨拶をお願いする方には、出番と持ち時間を伝えるようにすると良いですよ。

乾杯の発声

乾杯の音頭

乾杯の発声は新郎側から1名選びます。
一般的には招待した会社関係のゲストの方で二番目に格の高い人(直属の上司など)にお願いする新郎新婦さまが多いです。また、主賓挨拶は新郎側のみで、乾杯の発声を新婦の主賓にお願いする形や乾杯は親族の方にお願いする形も見受けられます。

主賓同様に乾杯の発声をお願いする人にも、自分の出番や持ち時間を伝えます。また、主賓挨拶の有無によって乾杯発声時に祝辞を兼ねるかどうかで話す内容も変わるため、どのような形での乾杯発声を依頼するのか希望をしっかり伝えましょう。

ゲストスピーチ

ゲストスピーチ

ゲストのスピーチは新郎新婦側から各1名ずつ選びます。
ゲストスピーチをお願いする人も特に決まりなどはなく、学生時代の友人や趣味仲間、職場の同僚の方など様々です。

ゲストの余興

余興

余興は新郎新婦側から各1組の方にお願いするのが一般的です。
職場の同僚や友人などにお願いするケースが多く、中にはプロの楽器演奏や芸能人などにお願いする方もいらっしゃいます。

余興をお願いする際は、持ち時間や出番などを必ず伝えましょう。また、余興の内容によっては音響・照明などの式場設備や使えるスペースなど、実際に余興を行うことをイメージした具体的な情報を伝えることが重要です。

尚、余興は必須ではありませんので、結婚式のテーマやコンセプトにあわせて余興のありなしを判断してみてください。

招待する時に配慮すべきゲスト

招待するゲストの中で特別な配慮を必要とするゲストもおります。以下では、どのようなゲストに、どのような配慮が必要かをご紹介します。

妊娠中の方

妊娠中

妊娠中の方は出席したくても挙式当日のことを考えると不安になる人も多く、仕方なく断る人もおります。そのため「直前で体調がよくなかったら欠席してもいいよ」などと声をかえておくと参加しやすくなります。もちろん直前で欠席する可能性もあることを理解しておいてください。

高齢の方

高齢

ご高齢の方の中には挙式や披露宴と長時間出席することが辛い方もいらっしゃいます。
そのような方には事前に話をし、ゲストの事情を把握することで、式場との連携(例えば車椅子が必要な方ならバリアフリーなど)もスムーズになります。また、招待したい気持ちも伝わるため、相手の方も喜ばれることが多いです。

幼児連れの方

お母さんと息子

小さな子供がいらっしゃる方には、子供も一緒に参加されるか?一人で参加するか?を確認しておきましょう。

親族などの意向で親族関係以外の子供は禁止だったり、新郎新婦自身が静かな結婚式を希望される方もいるでしょう。事前に確認をしておかないと招待状の返信で子供の名前を書いてくる方もいるので、早めに対応しておくと後々のトラブルも避けられます。

喪中の人を招待する時

喪中の年賀状

一般的に喪中の方は祝い事への参加は控えるべきといわれています。
四十九日を過ぎていれば、そこまで深く考える必要はないという方もいらっしゃいますが、精神的に辛い方もおります。

そのため招待状を送る前に「○月○日に結婚式をすることになったから招待状を送ってもいいかな?」と連絡することをオススメします。そうすれば、配慮に気づいて下さりますし、招待したい気持ちを伝えることができます。もちろん欠席であっても相手側の意向を尊重する必要があります。

遠方ゲストの方

新幹線

遠方から列席してくださるゲストには『お車代』として、交通費や宿泊代などを半額から全額を新郎新婦が負担するのがマナーです。負担割合に明確なルールはありませんが、

  • 交通費や宿泊費用をいくらぐらい負担するか
  • 宿泊先やチケットの手配をするか

について招待状を送る前に事前に新郎新婦で話し合って予算にいれるようにしましょう。また、挙式当日は遠方から参列してくださったゲストに対して、直接お礼を伝えることも忘れずに。

尚、お車代を渡すタイミングは、受付時・披露宴中・披露宴後のお見送り時の三パターンがあります。

招待をしない人へのフォロー

結婚内祝い

人数や予算の関係や新郎新婦の意向として、日常的にお付き合いがあっても招待をしないゲストも必ず出てきます。そういった方へのフォローはどのようにするのが良いのでしょうか。

招待しない人への結婚報告の方法

日常的に会う人であれば、直接結婚の報告をします。
噂で聞いた形になると、結婚式に呼ばれたかった人は気分を害するかもしれません。報告時は「親の意向で小規模で身内だけで結婚式をすることになった」など、角が立たないような形でフォローをしましょう。それほどの頻度で会う人でなければ、年賀状などで結婚報告を行っても問題ありません。

結婚祝いには内祝いを

結婚式に招待をしなかったゲストや招待したけど事情により欠席になった方から『結婚祝い』をいただいたら必ず内祝い(お返し)をするようにしましょう。結婚内祝いは頂いた金額や品物の半返し~3分の1を目安にお菓子やタオル、カタログギフトなどを贈ります。

まとめ

  • 招待ゲストを決める時はリストアップ→予算の確定→人数の絞り込みの順序で決定しよう
  • 友人ゲストを招待する範囲は現在お付き合いが深い人を基準に選ぼう。但し、疎遠となった友人でも過去に結婚式に招待されたことがある人なら声掛けはしよう
  • 親族ゲストを招待する範囲はいとことその子供まで
  • 会社関係のゲストを招待する範囲は同一部署・支店の人まで
  • 夫婦で招待するかどうかはゲスト側に判断を委ねよう
  • 結婚式に招待する全国平均人数は70.2人
  • 招待するゲストの内訳は、親族と友人で全体の半数以上
  • 新郎新婦の招待ゲストの人数バランスが合わなくても気にする必要ナシ!
  • 招待しなかった人へのフォローも忘れずに

いかがだったでしょうか?
結婚式に誰を呼ぶか・何人呼ぶかを決めるは中々大変なことですが、今回ご紹介した一般的な選び方や平均的な人数・金額などを考慮した上で、新郎新婦であるあなたに合った形で招待ゲストを決定しましょう!

招待ゲストが決まったら、いよいよ招待状の作成です。招待状は持ち込み料が不要の式場が多いため節約しやすい結婚式アイテム。アンシェウェディングでも相場より安い金額で招待状を用意しているので、ぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質・低価格の ANCIE招待状

ANCIE招待状は徹底的にゲストの”おもてなし”にこだわりました。

そのひとつが業界初の二種類の返信方法が選べる機能です。
従来型の返信ハガキに加え、スマホやパソコンで返信できるWEB返信機能付き!

ゲストの負担を最大限に減らすだけでなく、WEB返信なら自動で集計管理ができるため新郎新婦さまの負担も大幅に減らせます。

さらに、こだわり派のカップルなら作成必須の『料金別納郵便』『特別手渡し便』が簡単に作成できる上に封筒へ直接印刷!
簡単にオリジナルの招待状を作成できるだけでなく、シールを貼る手間や綺麗に印刷できない悩みを解決できます。

サンプル請求は全商品無料!
パスポート風デザインや海外挙式向け、和婚向けなどテーマやカラーにあわせた全39種類のデザインをご用意しています。

ANCIE招待状