飛行機

結婚式の『お車代』を用意するか?用意する場合は、どれぐらいの金額にするか?など迷いますよね。

そんな悩ましい結婚式の『お車代』を徹底調査いたしました。
相場の他に渡し方のマナーまで解説していきます。

お車代とは?

主に以下のゲストにお渡しする謝礼金のことです。
  • 挨拶や乾杯をしてくださる主賓
  • 遠方から出席するゲスト
  • 友人スピーチや余興、受付をお願いした同僚や友人

お車代アンケート

アンシェウェディングでは、結婚式を挙げたことのある男女153名に対して『お車代に関するアンケート』を実施いたしました。

お車代アンケート調査概要
調査方法 インターネット独自調査
対象者 結婚式を実施した男女153名
調査期間 2018年8月1日~9月20日

お車代を用意しましたか?

お車代を用意しましたか?

用意した 75%(126人)
用意しなかった 16.1%(27人)
遠方ゲストはいなかった 8.9%(15人)

お車代を用意したカップルの割合は約75%、遠方ゲストがいなかった15名を除くと81%の新郎新婦がお車代を用意しています。

いくらの金額を用意しましたか?

Q.いくらの金額を用意しましたか?

ゲストごとに金額を変えた 32.3%(40人)
遠方ゲストに対して一律1万円 22.6%(28人)
遠方ゲストの交通費・宿泊費の全額負担 15.3%(19人)
遠方ゲストの交通費・宿泊費の半額負担 12.9%(16人)
遠方ゲストに対して一律5千円 9.7%(12人)
その他の金額で一律 7.3%(9人)

ご覧いただくとわかるとおり様々なパターンで用意しています。

挨拶や乾杯などを依頼した主賓に対しては1~2万円、遠方ゲストに対しては交通費の半額~全額負担をするカップルが多いようです。

主賓へのお車代は1万円のカップルが多かったよ。

先輩カップルに聞いた!お車代の事例

お車代は挙式地から遠方ゲストの距離や、移動手段、ゲスト(友人・親族・上司など)などで、負担額の考え方が大きく異なります。

以下では、挙式をした先輩カップルの実際の『お車代』を紹介します。

※口コミで紹介する方の年齢は挙式日時点の年齢です

パターン1 :ゲストごとに金額を変えた

ゲストごとに金額を変えたと回答した新郎新婦さまは124名中40名(32.3%)でした。

仲人、新郎新婦の上司にあたるゲストには1万円ずつお渡ししました。友人や会社の同僚はなしでした。

rikaさん(27歳)

飛行機を使って来てくれた方に1~3万円ほど渡した。

happyさん(29歳)

福岡で挙式しました。大阪までに住んでいる人には1万円、それよりも遠方は2万円渡しました。

ayagさん(30歳)

友人に5,000円お渡ししました。親戚にはお渡ししませんでした。

おもちさん(26歳)

高速で車移動(隣県の県外)の家族に高速代の半額(3,000円)、新幹線移動の友人に一律10,000円、離島から高速船で移動の親戚に10,000円。

あかぱんさん(32歳)

会社関係に5,000円、親族に3,000円~10,000円距離に応じて変えました。

kanantyさん(26歳)

(式場は関東)友人:東海エリア5,000円、関西以西10,000円で親族にはなし。

笠さん(32歳)

新幹線を利用している人の場合、距離に応じて1人1万円から2万円ほど渡しました。

ポカリスエットさん(29歳)

会場が名古屋だったので、東京、九州からのゲストに1万円、親戚は交通費全額を渡しました。

muraさん(31歳)

神奈川で挙式をしたため、北関東から来た方:3,000円、関西、九州からきた方:5,000~7,000円、海外から来た方:30,000円を支払いました。

SSSSさん(27歳)

岐阜県在住ですが、呼んだ子によって値段を変えました。(東京→3万、岐阜→1万、京都→1万)

こえりさん(28歳)

親戚には渡さず、地方から来た友人には気持ち程度の5,000円。挨拶と乾杯をしてくれた上司には1万円。

まぁちゃんさん(22歳)

東北→関東に車乗り合わせで来た友人グループ運転手に3万円、県外から乗り合わせで来た友人グループ運転手に1万円

しょうたさん(32歳)

友人や恩師など、遠くから新幹線で結婚式に来てくれた人には2万円、ある程度近場だけど、新幹線で来てくれたゲストに1万円。

mukasikekkonsikiさん(27歳)

式場は、九州です。関東から九州の人は5万円。関西から九州の人は3万円。友人、上司関係なく一律です。

らまさん(24歳)

新郎側の親戚に新郎父が渡したため、金額は不明です。

まねきねこさん(30歳)

新幹線を利用して来てくださったゲストも多かったので、距離を考えて5,000円~10,000円程渡しました。あとは利用者にタクシーチケットも。

まきおさん(27歳)

宿泊費は式場からのサービスになっていたため、交通費の半額を渡しました。私より先に結婚式を挙げた友人はその際いただいた車代と同額を渡しました。

きなこさん(29歳)

  • 香川県から来るゲストに1万円
  • 宮城県から来るゲストに1万円
  • 東京都から来るゲストに2万円
  • 愛知県から来るゲストに1万円
  • 石川県から来るゲストに2万円
  • 千葉県から来るゲストに2万円

bumbunさん(24歳)

隣県の会社の上司に1万円ずつ。遠方の親戚に3万円ずつ。

マダムマダムさん(25歳)

  • 遠方参加者全員
  • 新潟~仙台間:2万円
  • 郡山~仙台間:5,000円
  • 首都圏~仙台間:1万円

よこさん(26歳)

神奈川で挙式をし、双方の実家のある北海道と静岡から多く参列していただいたためお車代を用意した。ゲストの状況によってではあるが、北海道→1万円、静岡→5千円を基本としてお渡しした。

ponさん(29歳)

大学時代の友人(同県内)=5,000円、上司(遠方から飛行機使用)=30,000円

アキさん(40歳)

ケース2 :一律の1万円

「一律1万円」と回答した新郎新婦さまは、124名中28名(22.6%)でした。

東京で挙式しましたが、東京・神奈川・千葉・埼玉以外の場所からくるゲストに一人1万円を渡しました。

ろくろさん(36歳)

実家がこちらではない人(新幹線を使う必要がある人)に渡しました。各1万円です。

ももさん(24歳)

嫁いだ先が私の地元からも元いた場所からも遠かったため、私側の全ゲストに1万円ずつ渡しました。

TTさん(28歳)

鹿児島で挙式をしました。大学時代の友人数名が東京からの出席のため、交通費として1万円わたしました。

ぎんぞうさん(31歳)

新幹線で来てくれた友人に足りないとは思うが10,000円渡しました。
親族は、両親が不要と言っていたので支払っていません。

カズさん(32歳)

県外のゲストに1万円渡しました。

つっきーさん(28歳)

東北地方で挙式したのですが、東北地方以外の方に1万円ずつお渡ししました。

まさたろうさん(25歳)

ケース3:全額負担をした新郎新婦さま

「全額負担した」と回答した新郎新婦は、124名中19名(15.3%)です。

海外からの友人が数名おりましたので、航空チケットをプレゼント致しました(彼らが包んでくれるご祝儀が比較的高額になることが想定できましたので)。
また、関西での結婚式だったのですが、関東から来てくれる友人には、商品券という形で3万円ずつお渡ししました。

ライオンまる子さん(22歳)

タクシーで来てくれた友達にタクシー代を全額お渡ししました。

さーちゃんさん(18歳)

飛行機に乗って来た親戚が何人かいました。航空券は、買う時期などで金額がマチマチなので、最も高そうなゲストに合わせて皆さんに1人50,000円をお渡ししました。

sakiさん(23歳)

特急列車・新幹線を使う友人・親族に実費以上のキリのいい金額
例:8千円の場合1万円など

メンさん(31歳)

大学等の友人は往復の交通費を渡しました。(1~4万円)親族は用意しませんでした。

カロリさん(28歳)

親族ゲストには交通費の全額。遠方出席の友人もいましたが、それぞれ時期が来ればお互い様という事で友人のおくるま代はなしにしました。

mm22さん(25歳)

双方の親・兄弟だけで結婚式を挙げました。自分の住んでるエリア(妻の出身地)で結婚式を挙げたため、両親と兄弟に往復の交通費(新幹線代)1人2万円を渡しました。

ヒロ55さん(32歳)

ケース4 :半額負担した新郎新婦さま

「半額負担した」と回答した新郎新婦さまは、124名中16名(12.9%)でした。

キョーコさん(25歳)
友人、親族を招待しましたが、全員県外からの参列者でした。片道分の交通費を現金で渡しました。

sakura3さん(24歳)
遠方から来られるゲストには交通費の約半額を渡し、県内から来て下さるゲストにはタクシー代として二千円を渡しました。

交通費の半額を出しました。

Yoshiy-大阪さん(28歳)

片道分の交通費を包みました。
飛行機の人には、正規料金の片道分。新幹線の人には、グリーン車乗車時の片道分。

メグさん(30歳)

新幹線で来られる方には片道代金を渡しました。

アイアイさん(31歳)

ゲスト全員。近辺のゲストはタクシーできた場合の金額半分。遠方のゲストは、電車(新幹線含む)費用の半分。

かもあらさん(36歳)

遠方の親戚には、車だろうが、新幹線だろうが、交通費の片道分でお渡ししました。友人たちは、二次会のパーティ型披露宴だったので、会費制としてお渡ししなかった。

はなおさん(26歳)

ケース5:一律の5千円

「一律5千円」と回答した新郎新婦さまは、124名中12名(9.7%)です。

関東以外から来てくれたゲストに5,000円渡しました。

hiwoさん(27歳)

福岡県で式を挙げたが、福岡県以外の都道府県から来た人、一律5,000円

chikunさん(22歳)

新幹線でくるくらいの遠さの人に電車代として現金5,000円

とよさん(30歳)

親族婚だったため、車でくる方に、1台あたり5,000円ほど渡しました。

Lilyさん(27歳)

ゆうぽんさん(27歳)
他県から来る親族に5,000円ずつ渡しました。他県と言っても隣の県なので金額は少なめです。

ケース6 :その他、一律ルールを設定

その他(一律5千円、一律一万円以外)の一律ルールを設定したと回答した新郎新婦さまは、124名中9名(7.3%)でした。

皆電車で1時間程で来れる人だったので、ゲスト全員に電車代として2,000円。

kisaoraさん(25歳)

妻(大阪出身)と私(仙台出身)で挙式は東京でした。ゲストは距離もバラバラで交通費もまちまちでしたが一律2万円を渡しました。

あくさん(25歳)

海外でしたので、来てくれる方全員に、お車代兼宿泊代として5万円ずつ渡しました。

メリアさん(29歳)

新幹線に乗ってくる方に2万円渡しました。

かなこさん(32歳)

お車代の相場やマナー

祝儀袋

最後にお車代のマナーや渡し方を説明します。

お車代の相場

お車代に明確なルールはありません。
あくまでも新郎新婦さまの”お気持ち”として用意するのが『お車代』ですので、予算に加えて両家両親に相談をして決めましょう。

お車代の相場
主賓 1万~2万円
受付 3千円~5千円
遠方ゲスト 交通費の半額~全額

お車代のマナー

お車代には最低限のマナーがあります。
渡すタイミング、金額で異なる祝儀袋など用意する前にチェックしておきましょう。

渡すタイミング

お車代を渡すタイミングは3つあります。

  1. 受付のときオススメ!
    記帳のタイミングで渡すパターン。受付の方からお渡しするためゲストは受け取りやすいメリットがある。遠方ゲストのお車代はこのパターンが多い。
  2. 挙式や披露宴の途中オススメ!
    挙式と披露宴の空き時間などを利用し、両親からお渡しするパターン。主賓に対しては、ご両親から日頃のお礼を兼ねてお渡しすることをオススメします。
  3. 披露宴後
    お見送りのタイミングでお渡しするパターン。新郎新婦さまとご両親が揃ってお渡しできる唯一のタイミングではあるが、お見送りに時間がかかりる。

新札を用意する

お車代は新札で用意します。
ゲストがご祝儀を新札で用意することと同じく事前に予定されていることに対しては折り目のない新札を用意します。

銀行

新札を用意することは「◯◯さんのために準備しておきました」という気持ちの表れです。銀行や郵便局の窓口で新札に変えてもらえるので、挙式前に準備しておきましょう。

お車代の金額で、のし袋とポチ袋を使い分ける

お車代の金額にあわせて”ふさわしい”祝儀袋を用意します。
たとえば、飾りのある祝儀袋に数千円の金額では不釣り合いですし、ポチ袋に数万円のお車代も不釣り合いです。

以下では金額別にオススメの祝儀袋を紹介します。

1万円以上(飾りのある祝儀袋)
豪華な飾りのあるご祝儀袋です。
主賓クラスかつ1万円以上のお車代を用意するときにオススメです。
5千円~1万円(略式の祝儀袋)
略式の印刷のしの祝儀袋で、親族向けにオススメです。
表書きが「御礼」でお車代にも使えますし、10枚いりで価格も安いですよ。
3千円程度(ポチ袋)
ウェディングカーをあしらったお車代用のポチ袋です。
価格は安いですが、コメントや名入れ・挙式日をオーダーできます。

なお、お車代の封筒の表書きや水引きは以下の通りです。

  • 表書き:御礼、御車代、お車料
  • 水引き:紅白結び切り・10本

公平に用意する

お車代は必ず公平に用意します。
同じ条件のゲストであれば、お車代の金額は同じにしましょう。

もしも金額が違うことが分かってしまったら「◯◯ちゃんはXX円なのに私はXX円…」と良い気持ちにはなりません。

お車代を用意する前の準備

お車代をスムーズに、そして失礼のないように用意するために以下の3点を準備しておくと安心できます。

  • リストを作成する

    招待状のリストなどを活用し、お車代を用意するゲストのリストを作成しましょう。どのゲストに、いくらの金額を用意するか事前にまとめておきます。

  • 想定金額を算出する

    リストを作成すれば総額がわかります。とく遠方からのゲストが多い結婚式では、お車代だけでもそれなりの金額に。予算管理をする上でも非常に重要ですので、総額は算出しておくのがオススメです。

  • 親族ゲストは両親へ確認する

    親族間ではお車代はなしというルールがあることも。まずは両親に確認をし、お車代が必要であるか、必要なら金額はいくらにするかを相談しましょう。