品数平均約1.5品
金額平均約2,000円
出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

品数平均は1.5品

品数(北海道) 北海道の平均品数は約1.5品。 最も多い品数は一品で全体の約64%、次に多いのが二品で約25%となります。一品と二品で全体の約89%以上を占めています。

品数別のゲストの印象

1品いつもと変わらない!
2品いつもより少し多い。
4品多い!
5品以上豪華だ!

一人当たりの引き出物の総額平均は2,000円

総額(北海道) 引き出物の平均金額は2,000円。 最も割合が多いのは2,000円未満で約77%、次に多いのが2,000~3,000円で約9%となっています。

ゲスト別の基準額

友人2,000円未満
上司・親族3,000~5,000円前後
主賓10,000円前後

基準額を下回ると「安い」と感じる可能性が多く、基準額を上回ると「豪華」と感じていただける可能性が高くなります。

ここがポイント!引き出物総額はメインの引き出物や引き菓子・縁起物などを合計した金額で、定価で購入した場合と考えることが出来ます。ゲスト一人当たりの引き出物合計金額の定価の目安として参考にしてみてください。

一人当たりの引き出物の金額(メイン)平均は2,700円

メイン(北海道) 続いて一人当たりのメインの引き出物の金額です。 一部の新郎・新婦が15,000円以上と高額な回答をしている事で平均が押しあがっているようです。 内訳をみてみると 最も多い金額は2,000円未満で約70%となっている事がわかります。

ゲスト別の基準額

友人ゲスト2,000円未満
上司・親族ゲスト2,000~6,000円前後
主賓10,000円前後

メインについては基準額を下回っても品数によってゲストの感じ方は異なります。品数が多ければ「豪華」と感じていただける可能性が高いです。しかし、基準額も下回り品数は平均以下であれば「ケチったな」と思うゲストが多くなります。

メイン引き出物のカテゴリー 人気はカタログギフト

カテゴリー(北海道) 最後に、メイン引き出物をカテゴリー別にみてみましょう。 人気の第一位は食器で約21%の新郎・新婦が選んでいます。 続いて、カタログギフト(約20%)、タオル(約13%)となっております。