友人

結婚式・披露宴を開催する際に送る招待状。
新郎新婦さまは、必ずと招待状を準備すると思いますが…

「結婚式の招待状をLINEやメールなどを使って送ってはだめなの?」

と考えたことはありませんか?
そこで、今回は招待状をメールやSNSで送った場合に、ゲストがどう思うかを調査してみました。

ゲスト500人に聞いた。WEB招待状をどう思う?

WEB招待状とは、簡単にいうとメールやLINEで招待状を送るサービスのことです。

結婚式の二次会や1.5次会で多く利用されています。
WEB招待状には、新郎新婦さまだけでなく、ゲストのみなさまにもメリットがあるんです。

<新郎新婦さまのメリット>

  • コストが紙に比べて格段に安い
  • 紙よりもデザインが自由自在
  • 動画でメッセージを伝えることもできる
  • 出欠の集計管理が自動でできる

<ゲストのメリット>

  • 郵便ポストに行く必要がない
  • スマホで手軽に出欠連絡ができる
  • 挙式当日の受付がスマホでできる

今後は二次会だけでなく、結婚式の招待状としての活用も増えるのではないかと思っています。
しかし、普及するには、さまざまな障壁が…

  • プランナーさんから失礼と言われた
  • 招待状屋さんのサイトで紙じゃないとマナー違反と説明してあった
  • 紙の招待状じゃないと想いが伝われない

などの声があります。
上記は本当なのか”ゲストのリアルな声”のアンケート結果をご紹介します。

調査概要

今回のアンケートでは20代以上の男女500名の方に協力をいただきました。

  • 調査方法:インターネット独自調査
  • 調査期間:2018年11月、2019年3月
  • 対象者:20歳以上の男女500名

調査結果

それでは調査結果を紹介します。
アンケートは、3項目(選択式)で回答をいただきました。

結婚式の招待状がWEB招待状だったら、どう思いますか?

まずはWEB招待状の印象について選択式で答えていただきました。

選択項目 20代 30代 40代 50代 60代以上
返信が楽になる 52% 63% 6% 11% 11%
サービスに驚く 39% 27% 84% 80% 79%
失礼だと思う 2% 2% 5% 5% 10%
何も思わない 5% 6% 3% 2% 0%
20代

肯定的な意見が大半を占める結果です。
小さいころからインターネットに触れる機会が多い年代で、スマホは手放せない人も多い年代だと思います。

失礼と思うゲストは2%程度でWEB招待状は問題なさそうです。

30代

30代にとってもSNSは日常生活に欠かせないツールのため、20代と同じような結果です。
会社では”中堅”として、忙しく働く年代でもあるため、返信が楽なWEB招待状は喜ばれる可能性は高そうです。

40代

20~30代とは異なり驚く方が多い結果に。
とはいえネガティブな「失礼」という意見は約5%です。

時代の変化を肌で感じた世代でもあるため、たとえ紙からWEBに変わっても驚きはあっても”時代の変化”と捉えて、失礼と感じる人は少ないのかもしれません。

50代

50代も40代とほぼ同じ結果に。
あなたは50代のスマホ普及率は、どれぐらいだと思いますか?

なんと86%もあるそうです。
ちなみに、ガラケーの普及率は12%で50代にとってもスマホは身近なツール。40代と同じく、驚きはあっても、失礼とまではならない年代といえそうですね。

60代以上

失礼と感じる割合は10%程度
やはり年配になると形式的な礼儀も重要視される方もいる年代です。10%程度ですが、ゲストの中でも主賓や親族といった挙式後も付き合いのあるゲストが多いため、WEB招待状は不向きかもしれません。

WEB招待状は便利(楽)だと思いますか?

WEB招待状はLINEなどのSNSで送るサービス。
そのため返信ハガキをポストに投函する必要がなく、スマホで簡単に出欠連絡ができるメリットがあります。

続いての質問はゲストにとってのメリットである出欠連絡について聞きました。

選択項目 20代 30代 40代 50代 60代以上
便利・楽だと思う 71% 83% 17% 22% 0%
便利・楽とは思わない 29% 17% 83% 78% 100%

こちらも年代で、ハッキリと分かれる結果となりました。
年代別に解説をしていきます。

20代

全体の約70%が『便利(楽)だと思う』と回答。
やはり日頃からインターネットに接する世代でインターネットの手軽さを実感しているといえます。

30代

驚くべきことに20代より『便利(楽)だと思う』と回答した人が10%以上も多くいました。30代は責任ある仕事を任されるようになる人も多く、時間を効率的に使いたいという意識が高くなっているのかもしれません。

40代

40代は20~30代と異なり楽だと思う人は少数派。
普段から使用するとはいえ「難しそう」と感じる人も多いのかもしれません。

50代

40代を変わらない結果に。
失礼と感じる人は少ない一方で、便利さは感じていない世代です。

50代はポケベル→PHS→携帯電話→スマホの変遷を肌で感じてきた世代。失礼というより時代の流れと捉えるものの便利さは感じない世代のようです。

60代以上

結果をみると60代以上にWEB招待状はNG
スマホをもっていても使いこなせていない人も多く、家族ならまだしも、会社関係や親族関係には従来の紙の招待状が必須な世代です。

招待状の住所を伝えることを面倒だと感じたことはありますか?

結婚式の招待状を郵送で送る場合は、ゲスト全員に住所を聞く必要があります。

続いては、新郎新婦さまから招待状の送り先を聞かれるという行為を、ゲストがどのように感じているか?を調査してみました。

選択項目 20代 30代 40代 50代 60代以上
面倒だと思う 54% 84% 18% 22% 0%
面倒ではない 46% 16% 82% 78% 100%

20代

意外にも面倒と感じる割合は46%
20代前半は結婚式に参加経験が少なく、20代後半から増えはじめるため、実体験が少ないことが影響しているかもしれません。

30代

3

0代は80%以上が「面倒だ」と答えています。
30代になると1年間で何度も結婚式がある人も多く、実体験から面倒と答える人が増えるのではないかと思われます。

40代

40代は30代と真逆の結果でした。
今の40代の人が結婚式を挙げた時代(10~20年前)は、まだLINEがない時代。招待状は紙が当たり前と感じる人が多いと思われます。

50代

50代も40代と同じ結果でした。

60代以上

60代以上で面倒だと感じる人は0%という結果。
やはりこの世代は”紙”ベースの招待状が無難といえます。

結局、WEB招待状は使っても大丈夫なの?

結局のところWEB招待状は使っても問題ないのでしょうか?

アンケート結果からも分かるとおり、20~30代はWEB招待状の方が喜ばれる世代。一方の40~60代は、失礼とは思わないものの、便利とも思わない世代です。

そのため、

  • 20~30代:WEB招待状
  • 40~60代:紙の招待状

と使い分けてみてはいかがでしょうか?
また、返信方法をゲストに選んでもらうこともおすすめです。

アンシェウェディングの招待状では、WEB返信と返信はがきの二種類からゲストが返信方法を選べるようにしています。WEBでも紙でも返信できるので失礼がない上に、ゲストが楽な返信手段が選べるサービスです。

なぜWEB招待状は普及しない?

WEB招待状は、あまり普及していません。

アンケートから分かるとおり、ほとんどのゲストが便利だと感じていて、否定的な意見も少数です。にもかかわらず結婚式では、いまだに郵送で招待状を送るのが一般的です。

なぜなのでしょうか?

以下ではアンシェウェディングの見解になりますが紹介します。

結婚式業界が損をする

結婚式は何かと費用がかかります。
招待状以外にも、ドレス・エステ・演出グッズ・引き出物など「なんでこんなものがこんなに高いの!」と感じることもあるかもしれません。

結婚式業界は、しばしば風習や礼儀といった言葉を悪用することがあります。

「風習ですよ!」
「失礼になります!」

という説明で、無理やり新郎新婦さまを納得させることで利益を得るという事が感じられることがあります。

異常に高い結婚式の招待状

結婚式場の招待状は一通492円が平均額。
一方、外部に依頼をしたときの平均は286円で、式場価格は約1.7倍の金額です。

ちょっと高すぎると思いませんか?
結婚式業界では招待状も大きな利益源のひとつになっていることが想像できます。

仮に、招待状が全てWEB招待状に代わると…
WEB招待状は、材料も印刷も必要ないため、安い価格で販売される可能性が高いです。

例えば、日本での普及率が高いLINE。
非常に便利で素晴らしいサービスですが、基本は無料でサービスを使えます。WEB招待状も同じく無料に近いサービスになることが簡単に想像できます。

つまり、WEB招待状が普及すると今までの紙の招待状が売れなくなります。

結果的に結婚式場の利益減が失われるため、結婚式業界が意図的にWEB招待状を普及しないようにしているのではないか?

というのが私の仮説です。

「失礼になります」は嘘の場合がある

結婚式場の担当プランナーさんに、

「招待状はインターネットで送るので不要です」

と申し出たとしましょう。
もしかしたら、あなたの担当プランナーさんは「招待状は、しっかりと郵送で送らなないと失礼にあたります!」と説明するかもしれません。

プランナーさんが説明する「失礼だから」や「風習だから」という言葉には、どれほどの根拠があるのでしょうか?

今回のアンシェウェディングのアンケートでは、インターネットの招待状を「失礼」と感じるゲストは、

  • 20、30代:2%
  • 40、50代:5%
  • 60代以上:10%

という結果となっています。
「失礼だから」や「風習だから」という説明は、根拠が薄く説得力に欠けるので注意が必要です。

まとめ

  • 20~59歳までのゲストでネット招待状を失礼と感じるのは5%以下
  • 20~39歳までのゲストの70%はネット招待状は便利であると回答
  • 30代の80%以上は、招待状を送るための住所を教える事が面倒と回答

結婚式におけるネット招待状の普及はまだまだですが、これからは確実に普及するサービスになることが予想されます。