お米

ギフトとしてお米は非常に人気の高い商品です。
しかし、引き出物に関していえば賛否両論の意見があり、気を付けなければならない3つのことがあります。

このページでは引き出物でお米を贈る時に気を付けたい3つのポイントと引き出物にぴったりのお米ギフトをご紹介していきます。

お米を贈る意味合い

『お米』は縁起がいいギフトとして、引き出物以外のギフトにも人気があります。

縁起がいい理由は『米』の語源(※)です。
また末広がりの『八』は日本人には馴染み深く、子孫繁栄の意味合いもあります。

※「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。お米ができるまでには88回もの手間がかかる、という意味です。

結婚式の演出でも使われるお米

あなたはライスシャワーという演出を聞いたことはありますか?

ライスシャワー

ライスシャワーとは、新郎新婦さまに対してゲストがお米をふりかける儀式。
定番はフラワーシャワーですが、ライスシャワーは贈り物のお米と同じく「子宝に恵まれ、子孫が繁栄できるように」という意味からおこなわれています。

ライスシャワーの発祥は日本ではなくヨーロッパで、元々は古代インドや中国の宗教儀式がルーツになんだ。

実用的な贈り物

お米は日本人の主食です。
その証拠に食事のことを「ごはん」といいますよね。

日本人の食卓

お米は贈り物として非常に実用的であるため、人気が高く内祝いのギフトとして贈られています。
とくに出産内祝い(出産祝いのお返し)で人気があるギフトです。

お米を贈るときの三箇条

ギフトとして縁起のいいお米ですが・・・
実は引き出物のお米は賛否両論の意見があります。

気をつけるべきポイントは以下の3つです。

  • 食べ物だけの引き出物はNG
  • 容量や重さに注意をする
  • ゲストごとに贈り分けの配慮をする

以下では、それぞれについて説明します。

食べ物だけの引き出物はNG

メインにお米、縁起物に梅干し、引き菓子は和菓子・・・

このような食べ物だけの引き出物は基本的にNG。その理由は以下の3つです。

  • メインの引き出物がないと思われる可能性がある
  • マナー違反と思われる可能性がある
  • 式場が許可しない

とくにしきたりやマナーを重んじるゲストにからの印象がよくない可能性があります。

容量や重さに注意をする

秤

もっとも注意したいのが容量と重さです。
お米についての意見が様々あるとお伝えしましたが、いくつか紹介します。

お米の引き出物について どちらのセットが嬉しいですか?
正直…どちらも微妙ですね。少人数の家族ならいいと思いますが、なんか中途半端な量だと思います。
独身の頃なら、電車生活だったので、重たいお米は勘弁。結婚して夫と二人だったら、車で迎えに来てもらえるから重さは関係ない。
親戚の結婚式に出席した際にお米をいただきました。クソ重くて死ぬかと思いました。新幹線はともかく在来線はキツかったですね。
引き出物に米ってどうですか?
正直、お米は内祝いのイメージがあります。実家が農家だとか何か理由があるのであれば、一言そえた方がいいかも。
引出物一式が全部食べ物だな…という印象は受けました。
お米…主婦はもらったら必ず食べるものなのでうれしいかもですが…みんながみんな…自炊するわけではないですし…

上記は否定的な意見を集めていますが、もちろん好意的な意見もあるのでご安心ください。ただ口コミをみる限り重さには注意する必要がありますね。

どれぐらいの重さならいいの?

引き出物全部で1.2kg以内が理想的
ただし量が少なすぎると家族ゲストには「量が少ない」となることもあるため宅配引き出物を検討してみてください。

ゲストごとに贈り分けの配慮をする

現在の引き出物は贈り分けが一般的。
実に85.1%の新郎新婦がゲスト別に贈り分けをおこなっており、ゲストごとへ品物を変えることはマナーともいえます。

女性ゲスト

この贈り分けを利用して容量を変えます。
友人や一人暮らしなら2合、親族や上司なら5合など、できれば引き出物宅配にしましょう。

ただし、縁起物やプチギフトの『お米』なら、少ない容量で贈り分けはせずゲスト全員同じでOKです。

POINT

容量を気にせず用意をするなら縁起物やプチギフトにするのがおすすめ!縁起物やプチギフトは引き出物の中ではサブ的な役割のため、ゲストも重すぎない量であれば、こだわる人も少ないです。

引き出物におすすめのお米ギフト

お米といっても引き出物のため、やはりブランド米が人気です。
また、メインの引き出物と縁起物でも商品は変わってきます。以下では引き出物別にオススメの『お米』を紹介します。

メインの引き出物

まずはメインの引き出物からご紹介します。価格は3,000円~で、ゲストのご祝儀目安に合わせてみてください。

京都八代目儀兵衛

お米ギフトといえば京都八代目儀兵衛(きょうと はちだいめ ぎへい)です。

京都・祇園にある料亭で、和のおしゃれな風呂敷包みは高級感抜群
芸能人も使っているらしく、高級米で味はもちろん見た目もギフトらしさも◎

価格はメインの引き出物用なら3,000~15,000円までと贈り分けもしやすいです。

米匠庵

様々な産地のコシヒカリを扱っています。
新潟魚沼産、兵庫但馬産、京都丹後産など各地で異なるコシヒカリの味を楽しめるギフト。パッケージもギフト用になっています。

お米食べ比べ(米問屋蔵之介)

三ツ星お米マイスターと米・食味鑑定士のいる米問屋蔵之介。
コシヒカリ・つや姫・龍の瞳・ゆめぴりかなど食べ比べセットがオススメです。

日本の銘米

お米の食味ランキング(※)にて特Aを獲得した銘柄のみを集めたギフトです。
様々な日本各地の特A米を少量ずつ、かわいいパッケージで包まれている食べ比べセットです。

※日本穀物協会が実施する米産地評価試験

縁起物

続いては『縁起物』のお米を紹介します。
縁起物のため価格は手頃で、持ち帰りできる重さで、全ゲスト共通で同じアイテムを使えます。

お結び(おむすび)

お米にプラスして佃煮や梅干しがセットになったアイテム。
かわいらしい「おむすび型」のパッケージも引き出物にぴったり。

新米夫婦(俵入り)

米俵のパッケージがおしゃれな縁起物。
ゲストへのメッセージ付きで中身は結婚式の縁起物にぴったりの赤飯です。

祝い赤飯

風呂敷包みの真空パックの赤飯。
こちらは年配ゲストや和婚の結婚式を予定している花嫁さまに人気です。

新米夫婦 めで鯛付き

価格は少しあがりますが豪華な鯛と赤飯のセット。
とくに年配のゲストには、昔の結婚式を彷彿させる縁起物セットで喜ばれています。

1分で振り返り
この記事のまとめ

アンシェくん
  • お米はギフトとして非常に縁起が良い
  • 引き出物の全てが食品は基本的にNG
  • お米は量と重さに注意をする
  • 失敗したくないなら縁起物やプチギフトの利用が良い

おしゃれなパッケージのお米も多く、実用的なアイテムのため贈り方さえ間違えなければ、お米は非常に良いアイテムのひとつです。