招待状に付箋は必要?使い方からマナーまで解説します

結婚式の招待状の中には、本状・返信ハガキ・地図、そして『付箋』を入れる場合があります。

付箋は個別にメッセージが必要なゲストに同封する大切なペーパーアイテム。

  • 付箋は必ず同封するものなの?
  • 正しい付箋のマナーは?
  • 知っておかないと恥をかいてしまうNG例
  • 付箋を準備する方法

など結婚式の招待状を送る上で、重要な付箋について解説します。


付箋とは?

招待状の本状には、

「私たち結婚式をすることになりました」

「結婚式の日時は◯月◯日◯時です」

と結婚披露宴のご案内を明記します。
一方、付箋の役割は、結婚式の“開催案内以外”に必要なメッセージを個別に届けるためのものです。

付箋は必ず入れるもの?

付箋は必ずいれるものではありません。

個別にアナウンスが必要なゲストにのみ同封するため、付箋のないゲストもいます。
無理にいれるものではありませんので、例えば家族婚や少人数婚の招待状には付箋を使わないこともありますよ。

どんなときに必要?

付箋が必要なパターンは大きく分けて3パターンです。

結婚式で役割をお願いしているゲスト

結婚式で受付や余興、乾杯や主賓挨拶を依頼するゲストに対しては付箋が必要です。

  • 受付
    受付の方は、他のゲストよりも早く会場入りし、式場スタッフから受付手順の説明を受けるため付箋には『受付のお願い』に加えて、時間を記載します。
  • 主賓挨拶や乾杯
    主賓挨拶や乾杯の発声のお願いをする目上の方に対しては、事前承諾を得た上で、招待状の付箋で改めてお願いすることがマナーです。
  • 余興やスピーチ
    余興や友人スピーチは結婚式本番に向けて事前準備や練習が必要で、付箋でも改めて丁寧にお願いをしておきましょう。

余興やスピーチをお願いする方へは口頭で、

  • 当日の流れ
  • リハーサル可能時間
  • 式場担当者の名前と連絡先

を伝えておくと式場担当者と直接やり取りしてくれるのでスムーズです。もちろん式場担当者へは事前に連絡先を伝えていいかの確認をしておきましょう。

参加をお願いするゲストへ

挙式や親族紹介などゲスト全員の参加ができない”シーン”に出席をお願いする際にも付箋を同封します。

  • 挙式参列のご案内
    式場キャパや神前式で親族だけの参列になる場合、挙式に参加していただきたいゲストには『挙式への参列をお願い』する旨の付箋を準備します。
  • 親族紹介
    親族紹介の付箋は、『親族紹介があることのお知らせ』と『新続紹介の時間のご案内』という役割があります。特に挙式前に親族紹介がある場合は、着付けやヘアセットの都合があるため付箋を忘れずに。

サポートが必要なゲストへ

結婚式に参列する上でサポートが必要なゲストへも付箋を同封してあげると丁寧ですし、気兼ねなく参加しやすくなります。

例えば、

  • 着付けやヘアセットのご案内
    式場で注文できるなら案内します。特に朝早い挙式は、美容院が開いていなかったり、開いていても早朝料金が必要になることがあり負担をかけがちです。
  • 宿泊施設のご案内
    宿泊施設を併設していない式場でも必ず提携ホテルがあり、通常価格よりも安く手配できるため、ゲストに負担をかけないように付箋で声をかけた上で、新郎新婦おふたりが宿泊の手配をします。
  • アレルギーの有無
    食物アレルギーの確認は返信ハガキに記載いただくことが最もスマートですが、式場によってはゲスト全員の対応は不可で、一部ゲストのみ対応可能といわれた場合は、付箋でお知らせします。
  • 送迎バスのご案内
    送迎バスは会場地図に記載するのが一般的ですが、式場から支給される地図に記載がない場合は付箋でご案内をします。また、利用人数の確認が必要なら返信ハガキで利用有無の確認をします。

付箋の作り方

付箋は手作りしやすいアイテムです。
付箋のサイズに規定はありませんが、一般的には招待状よりも小さいサイズ、名刺くらいのサイズのものがほとんど。

招待状のデザインに合わせても統一感がでますが…
花嫁DIYで人気なのは”トレーシングペーパー”を使った手作り付箋です。


出典:アスクル

  • トレーシングペーパーを付箋の上に重ね表紙代わりにアレンジしたデザイン
  • トレーシングペーパーに直接メッセージを印刷

など招待状の本状と紙質が揃っていなくても問題ないので、自分らしくアレンジを楽しめますよ。

必ず守りたい付箋のマナー

続いては付箋のマナーを紹介します。
結婚式の招待状は、新郎新婦さまの結婚式アイテムの中で、ゲストが最初に目にするもので”結婚式の第一印象”を決めます。そのため失礼のないように細心の注意を払いましょう。

口頭→付箋が基本パターン

乾杯や余興、受付など何らかのお手伝いをしていただく際に付箋を同封しますが…
招待状を送る前に必ず口頭で”お願い”をし、承諾を得てから付箋を同封するのがマナーです。

付箋は『改めてのお願いする』ためのもの。
くれぐれも「付箋で初めて受付をお願いされた」ということのないようにしましょう!

付箋の枚数は何枚まで?

同封する付箋の枚数に制限はありません。
複数枚入っていたからといって、マナー違反にはなりませんが…付箋が複数枚になるとゲストが見落とす可能性も

付箋は小さいサイズのため「見逃した」という人も少なくないです。
全ゲスト共通の内容は、付箋ではなく本状やハガキに記載した方がスマートに案内できます。

封筒への入れ方は気づいてもらえる工夫を!

付箋の封筒への入れ方にマナーはなく、上下の向きを揃えることぐらい。

  • 大きさ順に重ねる
  • 招待状の間に全ての同封物を挟む
  • ゲストに読んで欲しい順番に重ねる
  • 付箋だけは招待状の間に挟む

など入れ方は好きな方法でOK!

ただし、付箋はサイズが小さいためゲストが気づかないことも。
そのため送料に支障がない程度にピンや麻ヒモをアクセントとして取り付けるなど”気づいてもらえる工夫”をするのがおすすめです。

付箋のNG例

続いては付箋のマナーを紹介します。

印刷した付箋を使う

付箋は必ず印刷したものを使用します。
手書きの方が丁寧と思うかもしれませんが、付箋はサイズが小さいため、手書きだと『メモ書き』のような印象を与えてしまうためです。

句読点や重ね言葉・忌み言葉を使う

招待状と同じく句読点は使わないのがマナー。
また、重ね言葉や忌み言葉(いみことば)を使わないようにしましょう。

<忌み言葉例>
忙しい、終わる、最後、切れる、割れるなど

<重ね言葉例>
たびたび、重ねがさね、再び、再三など

付箋でドレスコードのお願い

ドレスコードを付箋でお願いする新郎新婦さまもおりますが、ドレスコードは慎重に設定することが大切です。

ドレスコードを設定することで、

  • どんな格好でいいか悩む
  • 余計な出費がかかる

などゲストの皆様に対して余計な負担をかける可能性もあります。
ドレスコードを設定するなら付箋ではなく服装を具体的に伝えるように準備しましょう。

例えば、A4サイズで作成した”服装ガイド”をつけたり、特設WEBサイトをつくる新郎新婦さまもいますよ。

付箋の準備方法

付箋を準備する方法は4つあります。
結婚準備をすすめる中で、ご自身の負担にならない方法を選んでくださいね。

通販サイトでの購入

「手作りは苦手かな…」

このような方には、通販サイトでの購入がおすすめ。
付箋だけを購入することもでき、1枚10円程度で購入できます。また、余興や親族紹介など必要なメッセージがセットになっている付箋もあります。

「式場で招待状のセットを購入したけれど、付箋だけテイストの違うものを入れたい」

「招待状を手作りしたけれど、作業の時間がなくなってきた」

ときのヘルプとしても使えます。
なお、通販サイトで招待状一式を購入すれば、基本的に付箋は無料で付属されています。アンシェウェディングの招待状も1回の注文で10枚分が付属されています。

式場依頼

通販サイトと同じく、結婚式場で招待状を購入しても付箋は無料です。また、招待状を手作りした時にも付箋だけ購入することもできます。

式場で準備されている付箋は、デザインのバリエーションがないことがほとんど。
どの招待状の注文を受けても全てにマッチするようにシンプルなデザインになっているため、手作りの招待状に違和感なく同封することができます。

手作りキット

「手作りしたいけど、手作りする時間に余裕がない」

こんな方におすすめは手作りキットです。
用紙を購入し、指定サイトのテンプレートをダウンロードするだけで簡単に付箋が出来上がります。

用紙の色や素材を選べて、テンプレートも複数の中から選ぶことができるなど、より好みに近いデザインに近付けられますよ!

完全手作り


出典:カメラのキタムラ(プリントサービス)

  • 好きな写真を加工して作りたい
  • エンボス加工でお洒落にしたい

など唯一無二の付箋を目指すなら完全に手作りです。
メッセージを記載した付箋に、前撮り写真を表紙のように留めて花嫁DIYなさるプレ花嫁さまも!
また、付箋をはじめペーパーアイテム全てにオリジナルのロゴを入れて、統一感を出すのも素敵です。

ゲストが思わず目を奪われるようなあなたらしい付箋を作ることができます。

まとめ

結婚式の招待状に入れる【付箋】についてご紹介しました。

  • 付箋とは、招待状の本状に記載る結婚式の日時や場所以外にお知らせが必要な場合に同封するペーパーアイテム
  • 結婚式のお手伝いや、挙式参列のお願いで使用する
  • 着付けや宿泊施設のお知らせなどサポート的役割も
  • ゲストへお手伝いをお願いするときには、付箋で初めてお知らせするのではなく、事前に承諾を得た上で同封するのがマナー
  • 手書きは失礼にあたり、印刷したものを使用するのが一般的です

小さいけれど、重要な役割を持つ付箋。
マナーを心得た上で、ゲストへスムーズにご案内が届くよう準備しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質・低価格の ANCIE招待状

ANCIE招待状は徹底的にゲストの”おもてなし”にこだわりました。

そのひとつが業界初の二種類の返信方法が選べる機能です。
従来型の返信ハガキに加え、スマホやパソコンで返信できるWEB返信機能付き!

ゲストの負担を最大限に減らすだけでなく、WEB返信なら自動で集計管理ができるため新郎新婦さまの負担も大幅に減らせます。

さらに、こだわり派のカップルなら作成必須の『料金別納郵便』『特別手渡し便』が簡単に作成できる上に封筒へ直接印刷!
簡単にオリジナルの招待状を作成できるだけでなく、シールを貼る手間や綺麗に印刷できない悩みを解決できます。

サンプル請求は全商品無料!
パスポート風デザインや海外挙式向け、和婚向けなどテーマやカラーにあわせた全39種類のデザインをご用意しています。

ANCIE招待状