3割のカップルが引き出物にする食器の選び方

食器

引き出物の食器は昔から定番品です。
今でも3割以上のカップルが引き出物に食器を選んでいます。

しかし、食器は「重いから持ち帰りが大変」や「趣味にあわない」など意見の分かれる引き出物アイテムです。

今回は引き出物に食器を選ぶときのポイント人気の食器ブランドをご紹介します。


新郎新婦から人気の食器

先輩カップルが選んだ引き出物2017年データ

食器はカタログギフトに次ぐ引き出物の定番品。
結婚式を挙げたカップルの35.7%(※)が引き出物に食器を選んでいます。

首都圏に限ると数値はさらに伸び39.0%に上ります。
引き出物には実用性のあるものを贈りたいと思うカップルが多く、それが食器人気を裏付けています。

中でもお皿やグラスが定番です。
陶器にレンジ対応のフタが付いた保存容器も人気があります。

新郎新婦から人気でもゲストの意見は賛否両論

口コミイメージ

食器は「重くて持ち帰りが大変」や「絵柄やデザインが趣味じゃない」という声もあります。

このような意見は食器に限らず引き出物全般に賛否両論があります。一番人気のカタログギフトでさえ「選ぶ商品がない」と否定的な意見があるぐらいです。

では、そんな意見は無視すればいいか?というとそんなわけでもありません。
食器は送り方を間違えると皮肉と捉えられたり、バザーいきという結果になることも…

ゲストに満足して頂くためにも引き出物は贈り分けは必須といえます。

引き出物の食器で気を付けたい4つのポイント

チェックポイント
引き出物で食器を選ぶときのポイントは以下の4つです。

  • 一人暮らしにペアの食器は皮肉になる
  • 大皿はゲストによっては不要になる
  • 遠方ゲストに食器はNG
  • キャラクター物は慎重に

一人暮らしにペアの食器は皮肉になる

引き出物の食器にはペア物もあります。
ご夫婦のゲストには喜ばれますが、1人暮らしの人には皮肉に取られてしまうことも。

最近になって彼氏や彼女と別れた人や30代で彼氏や彼女がいないゲストには注意しましょう。

大皿はゲストによっては不要になる

大皿はゲストによって不要という方が多い食器です。不要かどうかは、

  • ゲストが料理好きか?
  • 一人暮らしではないか?

が基準になります。

サイズ感が良くても、色や柄によっては男性には不要になることもあります。

引き出物を相手によって贈り分けできると良いですが、そうでない場合はなるべく万人受けするものを選ぶのがポイント。

シンプルでプレートサイズのものがおすすめです。

遠方ゲストに食器はNG

遠方から列席するゲストへの食器は喜ばれません。なぜなら食器は重いため持ち帰りが大変です。また、宿泊をするようなゲストはホテルから郵送をする方も。

遠方ゲストに食器を送るなら宅配引き出物を検討すると良いですね。

キャラクター物は慎重に

キャラクターものの食器も趣味嗜好がハッキリ分かれるので、避けたいところ。

引き出物の食器は「重いけどもらって嬉しい」とゲストが思えるかどうかが鍵になります。

おすすめは、普段自分で買うことがあまりないようなハイブランドの食器です。

ゲストの年齢や性別に合わせて喜ばれるブランドをリサーチして、ある程度贈り分けができればベストです。

引き出物で人気の食器ブランド

日本製から海外ブランドまで様々な食器が婚礼には選ばれます。
和風の結婚式や年配の方には日本ブランド、若い方向けには海外ブランドなどコンセプトにあわせると統一感がでます。

MEISSEN(マイセン)

マイセン 波の戯れ

ドイツの名窯であり、最高峰の陶磁器ブランドであるマイセン。
トレードマークである2つの剣が交差しているマークは、伝統と品の良さを感じます。

「波の戯れ」シリーズは、美しいだけでなく実用性も兼ね備えた逸品。
デザイナーや企画職などセンスが問われる仕事に就いている人が選ぶことが多いブランドです。

おすすめゲストはこんな人

本物志向のゲストにおすすめなのがマイセンの食器です。
年配の人や目上の人、主賓クラスの人の引き出物にいかがでしょうか?
MEISSEN(マイセン)の商品一覧

ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)

ロイヤルコペンハーゲン ブルーパルメッテプレート

デンマークの陶磁器メーカー。
高い知名度と洗練されたデザインが世代を問わず人気があります。

日本の古伊万里染付の影響を受けていることもあり、洋食器でありながら和食を盛りつけてもバランスが悪くなりません。

来客時に誰もが知っている高級食器が一枚あると便利ですよ。

おすすめゲストはこんな人

来客の多いゲストや料理好きのゲストには喜ばれること間違いなし!

知名度が高いので、幅広い年代のゲストにおすすめします。
もちろん上司や目上の人にも喜ばる食器ブランドです。
ロイヤルコペンハーゲンの商品一覧

WEDGWOOD(ウェッジウッド)

WEDGWOOD(ウェッジウッド)ラズベリーティーカップ&ソーサー

世界最大級の高級陶磁器ブランド。
引き出物としてもウェッジウッドの食器は定番品です。

中でもクイーンズウェアコレクションは手ごろな価格で人気あり。
女性に人気のワイルドストロベリーは、好みがあるのでご自身が気に入っても注意が必要です。

おすすめゲストはこんな人

知名度と定番性から30~40代の女性向きです。
会社の同僚や親戚の女性ゲストにいかがでしょうか?
ウェッジウッドの商品一覧

Noritake(ノリタケ)

Noritake(ノリタケ) ハミングブルー

日本を代表する高級陶磁器ブランド
比較的価格が手ごろな物もあり、引き出物として利用しやすいのが特徴です。

少し控えめなデザインのものを選ぶと引き出物として喜ばれやすいでしょう。

おすすめゲストはこんな人

ゲストに女性が多い場合はエレガントなデザインが喜ばれるでしょう。

男女比が1:1の場合は少し控えめなデザインを。
愛知県に本社および工場があるので、新郎新婦の出身地が愛知県という方にもおすすめです。

友人や親戚向き。
ノリタケの商品一覧

iittala(イッタラ)

iittala(イッタラ) オリゴ

現代的な北欧デザインが人気の「iittala」
価格も手ごろ感があるので引き出物にも使いやすいです。

カラフルなデザインのものは女性に、シンプルなタンブラーは男性にと使い分けてもOKです。

おすすめゲストはこんな人

北欧デザインのものは比較的若い女性向けです。
シンプルなものを選べば幅広い層に使えます。

友達や同僚向き。
イッタラの商品一覧

ティファニー

アクセサリーブランド「ティファニー」の食器も引き出物の定番。
結婚式場が紹介してくれるカタログに掲載されていることも多々あります。

ティファニーというとバカ高いイメージがあるかもしません。
しかし、引き出物のアイテムは、婚礼アイテムに適した価格設定がされています。

他の人の引き出物とかぶってしまうこともあるため、あえて避けるカップルもいます。

おすすめゲストはこんな人

比較的若い女性ゲスト向きです。

友達や同僚であれば、ネームバリューで喜ばれることが多いです。
ただし、婚礼アイテムに適した価格とはいえ他ブランドに比べると高めです。
ティファニー公式サイト

JILL STUART(ジルスチュアート)

ジルスチュアート プレート

説明不要のブランドのジルスチュアート。
引き出物では20代の女子に圧倒的な人気があります。

ジルスチュアートらしい可愛いデザインが魅力抜群!
引き出物にはプレートやマグカップ、タンプラーがあります。

おすすめゲストはこんな人

20代の女性ゲスト向きです。
30代の女性はジルスチュアートは卒業したという人もいるので要注意。また、男性には不向きなデザインですので、贈り分け必須です。

価格も手頃なため品数が三品の方は同じジルスチュアートのタオルとセットにすると統一感あり。
ジルスチュアートの商品一覧

LE CREUSET(ル・クルーゼ)

ルクルーゼペアハート皿
知名度も高いル・クルーゼ。
フランスを代表するキッチンメーカーで機能性とデザイン性の両面を持つ食器を扱っています。

引き出物にはハートの形をした結婚式にぴったりのアイテムも。

おすすめゲストはこんな人

幅広い年代におすすめです。
商品によっては新婦友人向けもありますし、親族向けの商品もあります。
ル・クルーゼの商品一覧

引き出物の食器まとめ

  • 結婚式のコンセプトにあわせてブランドを選ぶと統一感がでる
  • 年配の方や主賓の方にはマイセンやロイヤルコペンハーゲンがおすすめ
  • 女性の友人ゲストにはウェッジウッドやティファニーがおすすめ
  • 食器の引き出物は4つのポイントに注意をして選ぶ

食器選びは難しさもありますが、ゲストのお気に入りブランドや好みのデザインを選べば喜んでもらえる上、日々の生活の中で長く使っていただけるアイテムです。

ぜひ、ポイントに注意して商品を選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式の引き出物のプロがあなたの質問にお答えします。
結婚式の引き出物のプロがあなたの質問にお答えします。
どんな引き出物がゲストに喜ばれるの? やっぱりカタログギフトが人気? などどんな質問でもお送りください。
性別と年齢を併せてお送りいただくと、より詳しい回答をすることができます。
※ お送りいただいた質問は後日、本ブログ内で回答いたします。
※ すべての質問に回答をお約束するわけではございません。