三千円

もらった人が好きな商品を選べるカタログギフト。
引き出物では1番人気のギフトアイテムで新郎新婦の7割が利用しています。しかし、実はカタログギフトは食器やタオルと比べると割高な商品であることをご存知でしょうか?

個人的な意見をいうと友人向けの引き出物にカタログギフトは不向きです。今回は「カタログギフトが割高な理由」と「なぜ友人向けに不向きなのか?」をご説明します。

実は割高なカタログギフト

まずは簡単にカタログギフトの仕組みを説明します。

カタログギフトの仕組み

カタログギフトは、

  • ゲストは好きな物が選べる
  • 贈る側は相手の好みを知らなくても良い

ということがカタログギフトの最大の特徴です。
結婚式に列席するゲストは年代も幅広く、全てのゲストの好みを把握することは困難だからこそカタログギフトは引き出物で選ばれ続けてきたといえます。しかし、この仕組みの中に割高になってしまう問題点があります。

この問題点が『システム料』と呼ばれる料金(サービス料のようなもの)です。

割高の原因を作っているシステム料とは?

基本的にカタログギフトは、[本体価格 + システム料 = 合計金額]という価格が設定されています。

システム料とは、カタログの印刷費用や選んだ商品の送料などの費用のこと。
カタログギフトの種類や発行する会社により異なりますが、ほとんどは600~1,000円のシステム料が設定されています。

具体例で分かるシステム料の金額

具体的なコースでみていきましょう。
友人向けのカタログギフトに3,600円のコースを選んだとします。

カタログギフトの価格システム

新郎新婦が支払う費用は『3,600円』ですが、ゲストが受け取る商品価格は『3,000円』です。
ゲストが60名なら36,000円の差額で単純に計算をすると、180,000円の商品を216,000円で購入していることになります。

このような考え方をすると割高になることが分かりますよね?
しかし、カタログギフトはゲストが好きな商品を選ぶことができます。つまり、ゲストに好きなものを選んでいただける費用に対して、600~1,000円の費用が必要となるわけです。

ゲストの声を聞くと「自分にあわない食器を貰うなら好きな商品を選べるカタログギフトの方が嬉しい」ということを聞きます。そのため一概にカタログギフト=ダメというわけではありません。しかし、一つだけ注意をした方がいいことがあります。

それは『3,000円前後のカタログギフト』です。

三千円前後のカタログギフトをおすすめしない理由

友人や同僚向けのメイン引き出物の相場は「3,000円」前後が一般的です。(引き菓子やプラスワンアイテムは除いた金額)

※実際の相場はエリアなどによって異なります。詳しくは「結婚式の引き出物の金額相場は平均6,500円」をご覧ください。

この相場の価格をカタログギフトにすると「3,100円コース」が近い金額になります。
しかし、カタログギフトの3,100円コースにはシステム料が含まれます。システム料を除くとゲストが受け取る商品は2,500円前後の商品です。

この金額は相場を考えると非常に安くなることになります。
カタログギフトのシステム料は、コースによる金額差はありません。三千円コースでも五千円コースでも一万円コースでもシステム料は一律で600~1,000円です。

コース別のシステム料の割合(システム料600円で計算)

コース金額 システム料の割合
3,100円コース 約19.4%
4,600円コース 約13.0%
8,600円コース 約6.9%
10,600円コース 約5.7%

上記の表で分かる通り定価が低い価格帯のカタログギフトは全体の金額に対してシステム料の占める割合が高くなります。ご予算3,000円前後で引き出物をご検討ならカタログギフトを避けた方が無難かもしれません。

3,000円前後であればタオルや食器、ビジネスグッズやコスメなどお品物をおすすめします。お品物は選ぶことが大変ですが、しっかり選ぶことでカタログギフト以上に喜んで頂ける可能性が高いです。

どのような商品があるか分からない方や何を選べば良いか分からない方は「カタログギフト以外のメインお品物特集」をご覧になってみてください。女性ゲストや男性ゲスト別、友人や同僚、上司や親族別にカタログギフト以外のお品物を紹介しています。

ゲストと新郎新婦で異なるコースに対する印象

既にプランナーからカタログギフトの案内を受けている新郎新婦は「私が案内を受けたカタログギフトは良い商品が載っていた」と思われるかもしれません。

実は新郎新婦とゲストではコース金額に対する印象が違います
この印象の違いがゲストの「しょぼいカタログギフトをもらった」という感想を生み出す要因となります。

私は新郎新婦様に引き出物のカタログギフトをご案内していました。
そこで毎回のように新郎新婦様から頂いていた質問が「3,100円コースと3,600円コースの違いは何ですか?」です。

この質問から分かるように新郎新婦は3,100円と3,600円の違いが分からないのです。ちなみに、この質問の答えは「カタログに掲載されている商品(ゲストが交換できる商品)が2,500円か3,000円の違い」です。

では、ゲストはどうでしょうか?
実はゲストからするとカタログギフトの商品を受け取ると500円の差を強く感じる人が多いのです。

新郎新婦がカタログギフトのコース価格に差を感じない理由

新郎新婦がカタログギフトを選ぶときにはカタログの紙面だけをみて購入します。
実は、このカタログギフトの紙面には、ちょっとしたからくりがあります。

例えば、お肉などの生鮮食品。
カタログの紙面には焼き肉のイメージ画像と小さく商品の詳細情報が掲載されています。

この焼肉のイメージ画像は、コースが変わっても同じ画像を使っている場合が多いです。また、ブランド商品のイメージ画像も該当ブランドの商品が数点コーディネートされた画像が掲載されていて、その横に小さく該当商品の詳細が記載されています。

交換できる該当商品以外もイメージ画像として掲載されている場合があります。
つまり、コースが異なっていてもカタログには似たような画像が使われているわけです。

そのため新郎新婦はカタログを見る限りでは500円の違いがわかり辛いのです。

三千円前後のカタログギフトを選ぶときのポイント

実際の商品が届いた時には500円の差がはっきりと伝わります。
例えば、お肉や蟹なら量が少ないや食器ならサイズが小さいなどです。

紙面のからくりに騙されないためには商品詳細の情報まで確認をして決めることがおすすめです。そして、それ以上に三千円前後のカタログギフトを選ぶなら、お品物を選ぶことをおすすめします。

カタログギフトの特徴で説明をされる『好きなものを選べる』という考えは正しくはありません。ゲストからすれば良い商品があって好きなものが選べるカタログギフトが嬉しいのです。

予算が三千円前後ならお品物で喜ばれるアイテムも多くあります。
カタログギフトの人気にとらわれることなく、引き出物を選んでみるとゲストに喜ばれるアイテムがきっとみつかるはずですよ。

引き出物にカタログギフトを選ぶ場合の5つの注意点まとめ

  • カタログギフトはお品物に比べると実は割高な商品である
  • カタログギフトを選ぶときはシステム料を意識してコースを決める
  • コースによってはお品物を選ぶ方が良い場合もある
  • カタログでは500円のコース差はカタログ画像だけではわからない
  • 3,000円前後のカタログギフトは商品詳細を要チェック!

ゲストの方々へのお礼の気持ちを込めて贈る引き出物。
引き出物はカタログギフトが定番!と漠然と思っていた方は、一呼吸おいてコース金額における実際の商品とお品物とを比較して検討してみましょう。予算の中で最大限ゲストに喜んで頂けるものを贈りたいですね!