紅白まんじゅう

結婚式はもちろん、入学式や出産の内祝いなどのお菓子として定番となっている紅白饅頭。縁起物として重宝されていますが、なぜお祝いの席のお菓子に紅白饅頭が選ばれるのでしょうか?

今回は紅白饅頭が縁起物とされる理由やほかの縁起物との比較など、知っているようで知らない紅白饅頭の魅力をご紹介します。

愛らしく縁起がいい紅白饅頭

箱を開けたら目に飛び込んでくる、ちょこんと並んだ紅白の丸いお饅頭。
とても愛らしく、紅白の色合わせは誰もがお祝いを思い浮かべます。しかし、なぜ紅白カラーのお饅頭は縁起が良いとされ、結婚式で贈られるようになったのでしょうか?

紅白饅頭にこめる新郎新婦の願い

紅白饅頭には『一生添い遂げられますように』という新郎新婦の願いが込められています。

赤い色は生命力の象徴とされるカラーで、人生のスタート地点や新しい出会いを意味しています。一方の白い色は別れや死といった人生の終着点を意味しています。

紅白饅頭の紅白のセットが人の一生を意味していることから結婚式の引き菓子として人気があるんですね。

家内安全

お饅頭という点にも意味があります。
お饅頭の中に詰まっているあんこには小豆ですが、古くから小豆の赤い色は邪気を払い、魔除けの効果があるとされています。

そのため紅白饅頭は家内安全を祈願し、生涯添い遂げたいという意味を持った縁起物として結婚式に使われているわけです。

上用饅頭と呼ばれることも

紅白饅頭は『上用饅頭(じょうようまんじゅう)』と呼ばれることもあります。

昔は自然薯(じねんじょ)や砂糖をつかって作るお饅頭は庶民が楽しむというものではありませんでした。貴族や寺院に集まる上流階級の家の者だけが味わえる高級品だったのですね。

そのため位が上の者だけが食べられるお菓子=上用饅頭とされるようになりました。結婚式ではゲストの立場を立てる意味でも、紅白饅頭が引き菓子や引き出物としてピッタリのお菓子だといえます。

他の縁起物との比較

紅白饅頭は他の縁起物を比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

紅白饅頭を引き出物のひとつに考えている場合はぜひ参考にしてみてください。

洋菓子と比べて

バームクーヘンの年輪イメージ

結婚式の引き菓子といえばバームクーヘンです。
木の年輪のように年月を共に重ねていけますようにという願いを込められており人気が高いです。しかし、年配の方の中には、バウムクーヘン=縁起が良いという認識がないという方もいます。

年配の方にとってみればバームクーヘンよりも紅白饅頭は子供の頃からお祝いのお菓子として慣れ親しんでいる方が多いです。お祝いの品として老若男女問わず認識されやすい点が紅白饅頭のメリットだといえるでしょう。

他の和菓子と比べて

金平糖

紅白饅頭以外のお祝いの和菓子もたくさんあります。

  • 金平糖
    長い時間をかけて作られることから、じっくりと家庭を築いていくという意味がある
  • おいり
    炒って作る工程と「嫁入り」の語呂合わせ

これらと比較すると紅白饅頭はお祝いだけでなく、厄除けの意味合いもある点が多くの方に選ばれている理由です。

紅白饅頭を選ぶときの注意点

紅白饅頭の賞味期限は、短いものでは2~3日程度、長い場合で10日程度です。
他のお菓子に比べて賞味期限が短く、さらに夏場は特に傷みやすいため引き菓子として紅白饅頭を利用する場合は賞味期限にも注意することをおすすめします。

遠方からのゲストが多い結婚式の場合は、なるべく賞味期限の長いものを選ぶようにすると親切ですよ。

名入れ紅白饅頭

名入れ紅白まんじゅう

お饅頭に焼き印を入れることで簡単に名入れしやすいお菓子です。
新郎新婦の名前だけでなく、お二人の似顔絵や結婚式の日付けを入れたり、「祝」や「Happy Wedding」の文字を入れるケースもあります。

オリジナル感が出せるのも紅白饅頭の魅力。紅白饅頭の箱のフタを開けた時に、ゲストがあっと驚くような演出を考えてみてはいかがでしょうか?

ユニークな形の紅白饅頭

ユニークな紅白まんじゅう

紅白饅頭は「饅頭」というだけあり、人の頭のような丸みを帯びた形が特徴です。しかし、オーソドックスな丸いコロンとした形だけでなく、動物や花などさまざまな形の紅白饅頭も人気があります。

結婚式の引き出物に使われる人気のタイプでは、

  • 華やかな印象が出る梅型
  • 多産であることから子孫繁栄の縁起担ぎとしてのうさぎ型
  • 洋式のウエディングの時に式のイメージを崩さないハート型

など単純に紅白饅頭を選ぶというだけでなく、2人らしさが伝わるようなお品物を選んでみてはいかがでしょうか?