あなたはどれに行く?ブライダルフェアの種類と当日の流れ

ブライダルフェアの種類

ブライダルフェアには6つの種類があります。
今回は、各ブライダルフェアの、

  • 所要時間
  • どんなことをするか?
  • どんな人にオススメか?
  • ブライダルフェア当日のチェックポイント

を紹介します。
後半では、ブライダルフェア当日の流れを順をおって説明していきます。


ブライダルフェアの種類

人気が高いのは試食会とドレス試着。
また、模擬挙式は雰囲気をつかむためにも一度は参加しておくといいですね。

模擬挙式

新郎新婦入場

所要時間:30~45分

本番さながらの挙式をゲスト席から見学できます。

どんなことをするの?

新郎新婦役・両家両親役のモデルさんが、本番と同じ流れで挙式をします。

たとえば、教会式なら、

  1. 新郎入場
  2. 新婦入場
  3. 賛美歌斉唱
  4. 聖書朗読
  5. 誓約
  6. 指輪交換
  7. 誓いのキス
  8. 新郎新婦退場

という流れで実施するため式場の臨場感を感じることができますよ。
さらに、挙式後の定番演出フラワーシャワーやブーケトス、そしてウェルカムパーティーを体験できる式場も!

どんな人にオススメ?

  • はじめてブライダルフェアに参加する人
  • 挙式の参列経験が少ない人
  • 挙式スタイルに迷っている人
フェア当日のチェックポイント
  • 天井の高さ、バージンロードの長さ、光のはいり具合など会場全体の雰囲気
  • ゲストの着席できる人数
  • チャペルフラワーのオプションの有無
  • 生演奏の種類と料金

試食会

結婚式の前菜

所要時間:30~60分

披露宴のお料理を試食できます。
”おもてなし”という点でいえば、すべてのカップルが参加必須のブライダルフェアです。

どんなことをするの?

お料理の内容は、

  • ワンプレート
  • ハーフコース
  • デザート
  • フルコース

など式場によって異なります。
無料の試食会が多いですが、数千円の参加費が必要な試食会もあります。

仮に参加費が必要でも、通常価格に比べて非常にお得です!

どんな人にオススメ?

  • ゲストに喜んでほしい人
  • おもてなし重視の結婚式をしたい人
  • 上司や親族、同僚などゲスト数が多い結婚式を希望する人
フェア当日のチェックポイント
  • お料理の種類(フランス料理、和洋折衷、和食など)
  • サービススタッフの立ち振る舞い
  • 味+お料理の温度+食器類
  • 試食したメニューのコース価格
  • ドリンクの種類と価格
  • サービス料の有無と率

ドレス試着会

ドレス試着

所要時間:3~4時間

プレ花嫁さまなら参加してみたい試着会。

  • 他のフェアに比べて開催数が少ない
  • 拘束時間が長い
  • ドレスショップで実施している

などが理由で、実は参加経験のある先輩花嫁さまは少ないです。
早い段階で試着をすると、体の気になる部分が分かり、挙式までの目標を立てやすくなります。

どんなことをするの?

式場併設ショップや提携ショップの扱うドレスの中から、好きなドレスを選んで試着ができます。

また、カメラマンが撮影した写真をもらえるサービスのある式場も。プロのコーディネーターさんからのアドバイスがもらえる貴重な機会になりますよ。

参加するならヘアメイクを!試着会に参加するなら、お化粧や髪型を、ある程度準備しておくのがオススメです。また、ヘアメイク体験とセットの試着会もあり、より花嫁像がリアルにイメージできます。

どんな人にオススメ?

  • ドレスの種類について全く分からない人
  • 似合うドレスを知りたい人
  • お色直しをしてみたい人
フェア当日のチェックポイント
  • ドレスの取り扱い点数
  • どんなブランドがあるか?
  • 小物の種類と料金(衣装代に含まれているか)

演出体験

フラワーシャワー

所要時間:1~2時間

挙式・披露宴の演出を体験できます。
演出体験に参加して「演出にこだわりたくなった」というカップルが多いブライダルフェアです。

どんなことをするの?

音響や映像、生演奏、フラワーシャワーや料理演出など、疑似結婚式を体験できます。
また、動きのある演出だけでなく、フォトブースやウェルカムスペースなど装飾も楽しめます。

どんな人にオススメ?

  • 結婚式の参列経験が少ない人
  • 招待ゲストは友人中心で考えている人
  • やりたい演出が明確にある人
  • おもしくて楽しい結婚式にしたい人
フェア当日のチェックポイント
  • 装飾の自由度
  • 雨天時の演出(ブーケトスやシャワーなど)は?
  • 披露宴会場で映像が映る位置
  • 披露宴会場の防音設備
  • 料理演出の種類

見学会(館内見学)

披露宴会場

所要時間:1~2時間

チャペルや披露宴会場、ガーデン、お手洗いや控室など結婚式場のあらゆる施設を見学するイベントです。

フェアとの違いは?

ブライダルフェアの”体験”に対して、見学会は”見るだけ”です。
物足りなさを感じる人も多いかもしれませんが、結婚式当日に新郎新婦さまが使わない施設もあるため参加は必須です。

どんな人にオススメ?

  • 年配のゲストや足の不自由なゲストを招待予定の人
  • 妊婦さんや小さい子供がいるゲストを招待予定の人

※基本的にすべてのカップルにオススメです

フェア当日のチェックポイント
  • クロークの場所と広さ
  • 更衣室の数と広さ
  • ゲスト用のヘアメイク施設の有無
  • お手洗いの清潔さと数
  • バリアフリー対応の有無
  • 挙式会場から披露宴会場までの距離
  • 喫煙スペースの有無
  • ゲスト用の控室の数

相談会

相談

所要時間:1~2時間

ウェディングプランナーさんと話ができるイベントです。
ブライダルフェア後には、必ずといっていいほど相談会の時間があります。

ほとんどの会場で、個室や半個室が用意されており、プライベートな空間で、周りを気にせず相談ができますよ。

どんなことをするの?

  • プランの説明と提案
  • 日取りや費用の相談
  • 見積作成

新郎新婦さまにとっては相談ができますが、プランナーさんにとっては、契約を勝ち取るための時間ともいえます。

「今日だけの特典があります」
「希望日時は残り枠が1組しかありません」

のような営業があることがほとんど。
いろいろと相談はできるものの予備知識なしは危険です。

どんな人にオススメ?

  • 見積作成をお願いしたい人
  • 費用がいくらぐらいか知りたい人
  • 結婚式のイメージがない人
フェア当日のチェックポイント
  • 仮予約ができるかどうか
  • 申込金(内金)の金額
  • 支払い方法と入金のタイミング
  • 持ち込みリストと持ち込み料
  • 見積書の料理・ドリンク・装花・ドレスのプラン内容(最低価格かどうか)

↓フェア当日のチェックリスト詳細↓

各ブライダルフェアは個別にあったり、複数の内容が組み合わさって実施されます。

  • 見学会+模擬挙式+試食会+相談会
  • 見学会+模擬挙式+ドレス試着会+相談会
  • 見学会+試食会+演出体験+相談会

など見学会と相談会が必須で、それに試食会やドレス試着会がセットになっています。

そのため平均4時間程度の長時間!

「ブライダルフェアで、ぐったりした」

こんなカップルはすごく多いです。
全種類のブライダルフェア参加は大変なので、優先順位をつけて参加するのがオススメです。

最後にブライダルフェア当日の流れを紹介します。流れを知っておくと仮に営業をかけられても冷静に判断できるはずです。

ブライダルフェア当日の流れ

ブライダルフェア当日は以下の流れですすみます。

  1. アンケートの記入
  2. プランナーさんからのヒアリング
  3. 式場見学
  4. イベント参加
  5. 相談と見積作成
  6. 希望日の相談
  7. 仮予約または本契約

1.アンケートの記入

式場に着くとサロンに案内され、ヒアリングの参考資料となるアンケートの記入をおこないます。

アンケート

<よくある質問項目>

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 職業
  • 結婚式の希望日程
  • ゲストの予定人数
  • 結婚式の予算
  • こだわり(料理・演出・予算・日程・挙式スタイルなど)
  • 検討中の式場(具体的な式場名の記載や何件目の見学か?)

希望日と招待人数だけは、事前に新郎新婦さまで話し合っておきましょう。

2.プランナーさんからのヒアリング

プランナーさんは、上記のアンケートを元にヒアリングをします。
そのためアンケートは、可能な限り詳しく書くと、具体的な提案をしてくれます。

ウェディングプランナー

3.見学会

ほとんど式場では、結婚式当日がイメージできるように、エントランスから見学がスタート!

ホテルのロビー
  • チャペル
  • 披露宴会場
  • 新郎新婦専用の控室

など施設の隅々まで見学するため見学だけで1時間ほどかかります。

ブライダルフェアには歩きやすい靴がオススメです。

4.イベント参加

式場見学後は、体験イベントがあります。

会席料理の前菜
  • 模擬挙式
  • 試食会
  • ドレス試着
  • 演出体験

などワクワクする楽しい時間。

試食会は必ず参加しておきたいイベントですよ。

5.相談会&見積作成

見学後は、相談会&見積作成。
プランナーさんへ疑問点や不安なことを質問できます。

見積書

見積りを作るには、予定人数が必要ですが、この段階でのゲスト人数は仮でOK

ブライダルフェア参加前に、新郎新婦さまで相談するだけでなく、ご両親にも意向を確認しておきましょう。

6.結婚式希望日の相談

「この結婚式場で式を挙げたい」

そう思ったら希望日の相談となり、予約の空き状況を確認します。

  • 季節
  • お日柄
  • 時間帯

などを考慮し、希望日をいくつか挙げて空き状況を確認します。

カレンダー

春と秋は結婚式のトップシーズン。
気候が安定しているため、ゲストを招待しやすく人気が集中します。一方、気候が不安定になりがちな夏や冬は、お得なプランが用意されています。

人気会場や貸切の式場は、1年以上先の予約がすでに埋まっていることもあります。

7.仮予約または本契約

候補日の日程に問題がなければ『仮予約』または『本契約』でブライダルフェアは終了です。

申込書に捺印する男性

仮予約

希望日時を一時的に押さえておくこと。
平均1週間くらいの期間があり、その間に両家両親に相談をし、正式申込みの判断をします。

仮予約の費用は不要で、キャンセルをしてもお金はかかりません。

本契約

正式に申し込むことです。
規約説明後に、契約書にサインをし、申込金(内金)を払います。

申込金の相場は約10~20万円ほどで、仮にキャンセルをしても返金されません

まとめ

  • 模擬挙式
    本番同様の流れをゲストとして体験できる。挙式の参列経験が少ない人やブライダルフェアが初めての人にオススメ。
  • 試食会
    披露宴のお料理を試食できが、試食内容は開催回によって異なる。すべてのカップルが参加必須のブライダルフェア。
  • ドレス試着会
    式場が扱うドレスから好きなドレスを選んで試着できる。開催数が少ないなどで経験のある花嫁さまは少ない。
  • 演出体験
    音響や映像など挙式・披露宴の演出を体験できる。楽しく面白い結婚式を希望しているカップルにオススメ。
  • 見学会
    会場の全施設をチェックできる。すべてのカップルが参加必須。フェアでは見学会が基本的に実施されることが多い。
  • 相談会
    プランナーさんへ相談ができる。フェア後に必ず実施されるもので、見積作成が含まれている。
  • ブライダルフェアは見学会+相談会+αというセットで実施される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る