結婚式の招待状はいつ送る?作成から発送までのスケジュール

初めての結婚式の招待状作りはなかなか勝手がわからない事ばかりで、スケジュール感がつかめない新郎新婦の方も多いものです。

今回は招待状の、

  • 作成開始時期
  • 発送時期
  • 返信締切日

といった招待状に関する「いつ?」の疑問とスケジュールを厳守するための事前準備について解説していきます。


結婚式の招待状スケジュール

女性のスケジュール帳

結婚式の招待状作成は、招待状そのものを作成する期間だけに目が行きがちですが、

  • 作成方法の選定
  • 招待状を渡すタイミング
  • 出欠の期限

など、考慮すべきことが山ほどあります。まずは大まかなスケジュール感をみていきましょう。

一般的な招待状作成~発送スケジュール

招待状の作成~発送スケジュール

招待状を作成する前提として、『招待ゲストを誰にするか?』『招待状の文章の決定』というプロセスを必ず踏まなければいけないので、全ての項目において前倒しで準備を進めていくことが重要です。招待状の発送が遅れると、

  • 招待ゲスト
    予定の調整が難しくなったり、招待状の発送が遅いと失礼と感じる人がいる。
  • 新郎新婦
    出席ゲスト確定後に席次表や席札の作成、引き出物の準備というハードな作業に遅れがでる。

など双方にとって良いことではありません。ゲスト確定後の作業を考えると返信期限が挙式1カ月前というのはギリギリの期限だということがお分かり頂けると思います。

招待状作成の流れ

続いては招待状作成の流れを上記で説明をした作成~発送までのスケジュールに沿って説明していきます。

ゲストのリストアップ

友人

目安時期:挙式の4ヶ月前まで

招待状の作業で最初に取り掛かる作業が『招待ゲストのリストアップ』です。ここが遅れると全てのスケジュールに影響がでるため遅くても挙式4カ月前までには完了させましょう。

誰を呼んで誰を呼ばないかといったゲスト選定は時間がかかりますし、当日の結婚式の雰囲気を左右するため非常に重要です。結婚式の招待ゲストの選定方法については下記記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

招待状の作成方法の決定

目安時期:挙式の4ヶ月前まで

結婚式の招待状は、

  • 結婚式場または式場提携業者へ依頼
  • インターネット通販など外部業者へ依頼
  • 手作りキットを購入して自分で作成
  • 完全に手作りで作成

という4つの作成方法の選択肢があります。それぞれの方法によって、目安となる作成開始時期や発注時期が異なります。

結婚式場または式場提携業者へ依頼する場合

  • 発注時期:挙式の3ヶ月前
  • 納品時期:2週間程度

依頼時に招待状のデザインや文面が決まっていないと作成に入れません。最終的に発注時期が挙式日の3か月前になるように進めましょう。

インターネット通販など外部業者へ依頼する場合

  • 発注時期:挙式の3ヶ月前
  • 納品時期:4日~1週間程度

式場と同じく挙式の3ヶ月前が発注時期の目安。ただし、インターネット通販の外部業者は、式場業者よりも早く納品される業者が多いため最もスケジュールに余裕があります。例えば、アンシェウェディングの招待状なら申込みからお届けまでは6営業日です。

なお、式場と同じく依頼時には招待状のデザインや文面が決まっていないと作成に入れません。

参考:高品質・低価格のANCIE招待状

手作りキットを購入して自分で作成する場合

  • 発注時期:挙式の4ヶ月前
  • 作成期間:1~3週間程度

まず手作りキットの購入先を決定し、材料の調達・文面作成、そして印刷・断裁・装飾をしなければいけません。また、プリンターのインクが途中で足りなくなったり、印刷ミスで再購入したりなどロス期間も考慮する必要があります。

完全に手作りで作成する場合

  • 発注時期:挙式の4ヶ月前
  • 作成期間:2~5週間程度

材料がある用意されている手作りキットと違って一から材料を購入しなければいけないため最も時間がかかります。デザインの決定に始まり、材料の購入・文面作成、そして印刷・断裁・装飾と作業ボリュームは非常に多いです。

ここがポイント!完全手作りに挑戦したけど途中で断念し業者に依頼をしたという新郎新婦の方もいるのが実情。もしものことを考えて早め作成を開始することをおすすめします。

尚、どの方法で結婚式の招待状を準備したら良いか?については、作成作業に掛かる手間や費用比較などを踏まえて下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

招待状の同封物の事前準備

目安時期:結婚式の3ヶ月前まで

招待状に同封するものとしては、

  • 招待状本状
  • 付箋(メッセージカード)
  • 返信ハガキ

があります。

招待状本状

まずは招待状の本状からご紹介します。

差出人の決定

招待状本状でまず決めなくてはいけないのは「差出人を誰にするか?」です。招待状の差出人は、

  • 新郎新婦
  • 新郎新婦の両親
  • 新郎新婦と両親の連名

と全部で3パターンあり、差出人によって文面が変わります。差出人名は返信ハガキにも記載するため、事前に両親と相談が必要です。これらが決まった上で差出人に応じた文面の作成に進みます。

挙式・披露宴日時

当然ですが、招待状には結婚式場および披露宴の時間と場所を記載します。そのため作成時点で確定していなければいけません。結婚式を挙げる会場の住所と記載する当日のスケジュールは予め確認しておきましょう。

付箋

付箋とは招待状に同封するメッセージカードのこと。祝辞や余興、受付のお願いや宿泊、送迎バスの手配など、一部のゲストだけに使用するカードになります。

役割をお願いするゲスト

スピーチや余興、受付など役割をお願いする人は、事前に了承を得た上で、付箋で改めてお願いをします。

送迎バス

結婚式場によっては送迎バスの時間が予め決まっています。当日はお酒を召される方も多いので、送迎バスを利用される方も多く、会場の送迎バスの時刻表を事前に確認しておきましょう。

尚、ゲスト全員に案内をする場合は、付箋ではなくても問題ありません

宿泊の手配

遠方ゲストに宿泊を手配する場合は事前に伝えておきましょう。この時点でホテルを手配する必要はなく「宿泊の用意を手配いたします」と記載するだけで構いません。

返信ハガキ

出欠の返信ハガキの期限は挙式の1~2カ月前に設定します。ゲストの人数確定後に、席次表や席札の作成、引き出物の準備が控えているため、返送期限は余裕を持って設定しましょう。

二次会の招待状

結婚式の招待状に二次会の招待状を同封する予定の新郎新婦の方は、この時点で二次会の概要を確定しておきます。

  • 幹事を誰にするか?
  • 会場の場所と時間
  • 男女別の会費金額

など決めておくことはたくさんあります。一般的な招待状キットの中には二次会用の招待状は含まれていないので、同封して送る場合は別途準備が必要です。

以上が同封物の準備作業となります。続いては作成後から発送前の準備作業をご紹介します。

招待状発送前の事前準備

目安時期:結婚式の2ヶ月前まで

招待状ができあがったら、次は封入作業と封筒の宛名書きや切手の用意をおこないます。

宛名書き

発送前の準備で最も時間がかかります
最近では印刷の方も増えてきていますが、昔からおもてなしの心遣いという点から手書きがマナーとされており、現在も半数以上の新郎新婦さまは自分で手書き、もしくは筆耕の依頼をしているようです。

尚、宛名は、印刷・手書きに関わらず毛筆書体で書くことがマナーです。「祝いごとは濃く太く」と縁起を担ぐ意味で毛筆で書くようにし、ボールペンを使ったり、毛筆以外の書体は控えましょう。

印刷で行う場合

印刷の場合はリストを元にプリントするだけのため数時間で作業は完了します。大きさや紙質などで、封筒印刷ができない家庭用プリンターもあるため、業者に作成を依頼するなら、手間とコストを考えて印刷まで依頼するのがおすすめです。

自分で手書きする場合

郵送する人数にもよりますが、数十人分の宛名を自分で書くとなると、余裕をもって丸一日は時間を確保しておきましょう。失敗することも考えて、予め予備の封筒を数枚確保しておくことをおすすめします。

筆耕を依頼する場合

プロの代筆業者への依頼は、納期まで2週間程度の時間をみておいた方が良いです。
特に春婚や秋婚の時期は筆耕業者も繁忙期。通常より時間がかかる場合もあるため、筆耕依頼を検討している方は、通常の作成スケジュールより2週間前倒しで進めておくと安心できます。

切手の準備

切手

招待状に必要な切手は、招待状だけでなく返信ハガキ用にも必要です。招待状の切手は郵送する人数分だけ(手渡しの方には切手は不要)ですが、返信ハガキの切手は全員分が必要になります。

切手の金額

返信ハガキは62円切手です。
招待状は、一般的なデザインなら82円切手ですが、特殊厚紙を使っていたり、同封物が多いと92円になることも。また非常に稀ですが、極端な装飾で120円になったという新郎新婦さまもいるため、必ず重さを確認してから購入するのがおすすめです。

切手を二枚貼ったり、料金不足で相手に請求がいくことはマナー違反のため、くれぐれもご注意ください。

慶事用切手

返信ハガキの切手は通常のもので構いませんが、招待状には慶事用の切手を使うことが一般的。慶事用切手は郵便局の窓口もしくはネットからも注文できます。ただし、ネットからの注文は、

  • 送料が720円(税込)かかる
  • お届けまで1週間ほどかかる
  • 売り切れていることもある

とデメリットも多いので窓口での購入がおすすめです。

「切手にもこだわりたい」という方は、慶事用以外にもおしゃれな切手があります。また、郵便局独自のご当地スタンプ(消印)もあるので、時間に余裕がある方は準備してみてはいかがでしょうか?

全ての用意ができたら後は封入作業をして完了です。

招待状の郵送・手渡し時期

続いてはゲストへ郵送もしくは手渡しする時期についてです。

郵送する場合

郵便ポスト

目安時期:遅くても挙式2カ月前まで

招待状の発送後には、

  • 出欠席集計
  • ゲスト確定後の席次表や席札作成
  • 引き出物選び

という作業があります。また、招待状発送から返信までの期間は1ヶ月が一般的であるため、挙式2ヶ月前の発送でも時間的な余裕はありません。挙式2ヶ月前よりも遅くなると、結婚式全体のスケジュールもタイトになるため、発送時期は絶対厳守です!

招待状の発送日

大安吉日といわれるように婚礼にふさわしい日として『六曜(六輝)』という考え方があります。新郎新婦の方は縁起を気にする人は少ないと思いますが、ご両親が気にすることも。

六曜には大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅とありますが、この中で招待状の発送日としてふさわしいのは、大安・友引・先勝で1ヶ月のうち半数ほどが該当します。

ここがポイント!発送日のお日柄は”消印日”が重要になります。投函日ではなく、消印が縁起の良い日であるかどうかが大事になるため、ポストへ投函する場合は回収時間にご注意ください。

手渡しする場合

上司への挨拶

目安時期:結婚式の2ヶ月前まで

遅すぎると問題ですが、2ヶ月前よりも早くなることは問題ありません。あまりにも早い場合は「少し早いのですが…」と一言添えてお渡ししましょう。

手渡しする日

手渡しの場合、郵送で送るときのように大安などのお日柄を気にする必要はありません。できれば縁起の良い日が望ましいですが、確実に全員に渡すことは難しく、お日柄よりも渡すタイミングや順番に注意をしましょう。

手渡しのタイミングと順番

会社関係と親族別にご紹介します。

  • 会社関係
    就業時間中は避けて、休憩時間や就業後のタイミングで渡します。何よりも注意したいのが渡す順番です。必ず役職の上の人から順番に渡すようにしてください。
  • 親族関係
    いきなり伺うのではなく、事前に「招待状を手渡ししたいので」と伝えて訪問日を調整してからお渡ししましょう。親戚に関しては上も下もないため、順番は気にする必要はありません。
手渡しで渡すときの封筒で注意すべきこと

先輩カップルの中には手渡しで失敗をした人が少なくありません。親しき中にも礼儀ありといわれるように、手渡しのときは下記の点に注意してください。

  • 封筒の宛名に住所は書かない
    封筒には住所や肩書きなどを記載せず、氏名だけを書くのが常識。宛名書きの際は渡す方法を決めてから取り掛かりましょう。
  • 封筒はのり付けせず封をしない
    封筒の糊付けは禁物!受け取った方が、すぐに中身を確認しやすいための配慮と同時に、結婚式など慶事では「刃で封を切る」ことがマナー違反とされているためです。同封物の収まりが悪いときはシールで封をしましょう。
  • 返信ハガキには返信用切手を貼る
    結婚式はこちらからお招きするものですので、返信用切手は必ず貼りましょう。切手がないと「手渡ししろってことか?」と思われる可能性もあります。

返信ハガキの期限

期限の目安:挙式の1~2ヶ月前まで

招待状の同封物の事前準備でも説明しましたが、返信期限は遅くても挙式の1ヶ月前までです。これより遅れると、その後の作業にも影響がでるため、発送時期が遅れないように作業を進めてください。

返信ハガキが届かないゲスト

ほとんどのゲストは期限を守ってくれますが、必ずといっていいほど返送が遅れるゲストがいます。
全員の出欠席が確定しないと以降の作業に入れないため、返信ハガキが届いていない方には挙式1カ月前を目処に直接電話などで確認するようにしましょう。

まとめ

  • ゲストのリストアップは挙式日の4ヶ月前までに完了させる
  • 式場もしくは外部業者に依頼するなら挙式日の3ヶ月前に発注する
  • 手作りキットもしくは完全自作なら挙式日の4ヶ月前に発注する
  • 招待状の同封物は挙式日の3ヶ月前までに準備する
  • 宛名書きや切手は挙式日の2.5ヶ月前までに準備する
  • 招待状の発送は遅くても挙式日の2ヶ月前まで
  • 返信ハガキの期限は挙式日の1~2ヶ月前まで

いかがでしたか?
これで招待状を作成するにあたり事前に準備すべきことや決めておかなくてはならないとや、大まかなスケジュール感をイメージできたでしょうか。招待状に限らず結婚式の準備は、慣れないことゆえに想定外のことも発生しやすいので、早め早めに準備をするように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質・低価格の ANCIE招待状

ANCIE招待状は徹底的にゲストの”おもてなし”にこだわりました。

そのひとつが業界初の二種類の返信方法が選べる機能です。
従来型の返信ハガキに加え、スマホやパソコンで返信できるWEB返信機能付き!

ゲストの負担を最大限に減らすだけでなく、WEB返信なら自動で集計管理ができるため新郎新婦さまの負担も大幅に減らせます。

さらに、こだわり派のカップルなら作成必須の『料金別納郵便』『特別手渡し便』が簡単に作成できる上に封筒へ直接印刷!
簡単にオリジナルの招待状を作成できるだけでなく、シールを貼る手間や綺麗に印刷できない悩みを解決できます。

サンプル請求は全商品無料!
パスポート風デザインや海外挙式向け、和婚向けなどテーマやカラーにあわせた全39種類のデザインをご用意しています。

ANCIE招待状