【子供連れのブライダルフェア】予約から参加までの完全マニュアル

ハワイでのファミリーウェディング

入籍をするときには式を考えていなかったけど、子供が生まれて落ち着いてから結婚式を挙げたいと思うパパやママや多いです。

けれど、子供と一緒に迎える結婚式はいろいろ心配ですよね。
そんなパパやママの心配を安心に変えるために、今回は子供連れでブライダルフェアに参加するときのポイントや注意園を解説します。


子供連れでブライダルフェア参加はOK!

親子三人連れ

「子供と一緒にブライダルフェアに行ってもいいの?」

よくある質問ですが、参加できます
しかし、注意点や事前の式場選びにポイントがあるため、後述します。

子供連れで参加するパパママはいる?

子供連れで参加する人も少なくありません。
ゼクシィのデータを元に調査をしたところ…

  • 自分の子供と一緒に入場する演出をした
    12.3%が実施(※1)と回答。もちろん子供のいる新郎新婦さま全員が実施しているわけではないため、かなり高い割合です。
  • 結婚を決めた当時の妊娠状況は?
    妊娠をしていた方の56.5%がウェディングパーティーを実施(※2)と、こちらも非常に高い割合です。

※1 出典:結婚総合意識調査2019
※2 出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

ブライダルフェアは式場決定に必須!
ほとんどの新郎新婦さまが参加することを考えると、子供連れで参加する方も少なくないといえます。

さらに!
式場によっては『パパママキッズ婚フェア』という名称で、子供連れのご夫婦専用のブライダルフェアを実施していることもあります。

マイナビのパパママキッズ婚フェア
参考:マイナビ(オリエンタル東京ベイ)

このようなブライダルフェアなら、周りが全員同じ子供連れの人ばっかりなので、気兼ねなく参加できますよ。

子供連れで参加すべき理由

「他のカップルに迷惑がかかるかも・・・」

お気持ちはわかりますが、むしろ子供連れでブライダルフェアに参加するべきです!

その理由は、

  • 式場設備やバリアフリーのチェック
  • スタッフの子供に対する対応

など実際にお子さまが一緒だとわかることも多いから。

泣きじゃくる子供

子供は小さいながらも、今いる環境を敏感に感じるため、子供にとってもリラックスできる場所なのか、楽しめる場所であるのかわかります。

さらに、ブライダルフェア中は1組に1人のプランナーさんが付きっきりのため、それほど周囲は気になりません。

子供連れだから注意したいブライダルフェアの予約から参加までのポイント

ブライダルフェアの参加までには、

  1. ブライダルフェアに参加する式場探し
  2. ブライダルフェアの予約
  3. ブライダルフェアの事前準備

という流れで当日を迎えます。
それぞれに子供連れならではの注意点やコツがあるため、パートごとに説明していきますね。

子供連れでも安心の『式場探し』

ブライダルフェアに参加する式場を探すポイントは「子供向けへの配慮があるか?」のひとつだけです。

では、子供向けの配慮とは何でしょうか?
たった3つのポイントを調べるだけです。

1.ファミリー婚のプランがある

まずは、プランをチェックしましょう。
チェックの方法は、公式サイトや式場検索サイトのプラン一覧で確認できます。

ゼクシィのプラン例
参考:ゼクシィ

  • ファミリー婚
  • ファミリーウェディング
  • パパママ婚

などは『お子さま連れプラン』です。
ブライダルフェアだけでなく契約後の打ち合わせでも、安心できる環境も作ってくれます。

たとえば

  • キッズスペース
  • 個室での打ち合わせ
  • ベビーベッドの設置

など忙しい結婚式準備全般をバックアップできる体制が整っている可能性が高いです。

2.貸切感がある

「子供が騒ぐと迷惑になりそう・・・」

とくに1歳以上だと好奇心旺盛!
動きまわっても大丈夫な貸切感のある式場がオススメです。

  • ワンフロア貸切のホテル
  • 一棟貸切のゲストハウスやレストラン
  • ホワイエ(披露宴前にくつろげる場所)のある式場

などが該当します。
仮に子供がロビーをウロウロしても、自分たちのゲストなら温かい気持ちで見守ってくれるはずです。

3.個室の有無

子供連れには個室が必須です。
どれだけ「いい!」と思った式場でも個室がなければアウト!

授乳室

  • おむつ替えのスペース
  • 授乳室
  • お昼寝用の個室

などはブライダルフェアだけでなく、結婚式本番でも必要。
配慮のある式場には、キッズルームや専用個室のある会場もあるんです。また、専用施設はなくても、更衣室をお子さま用に確保してくれる式場もあります。

以上の三点は最低限の項目。
他にもパパ・ママ向けに力をいれている式場になると、ベビーシッターや離乳食対応をする式場もあります。

続いてはブライダルフェアを予約するときのポイントを説明します。

失敗しない『式場予約』

式場予約でのポイントは、

  • 式場への予約方法
  • 効率的な探し方
  • 子供連れで参加しやすいフェアを知る

の3つです。

事前に式場へ「子供連れで参加」と伝える

子供連れでブライダルフェアに参加する場合は、事前に式場側へ伝えておくのがオススメです。

メールをする若い女性

事前にお子様も一緒と分かれば、式場側では

  • 別室での個別相談
  • キッズスペースの確保
  • ベビーカーの場合は、他のカップルとは別の導線での案内
  • 試食会の場合は、外に出やすい席の確保

など可能な限り、お子さまにもパパやママにも負担にならない配慮をして迎えてくれる式場が多いですよ。

予約サイトの活用

ゼクシィやハナユメ、マイナビウェディングなど式場予約サイトを活用すると、簡単にパパ・ママ&キッズ・ベビーに配慮した式場を探せます。

とくにオススメはマイナビウェディング



ファミリーウェディングの特集が充実しており、ミキハウス子育て総研が「ウェルカムベビーの結婚式場」として認定した式場を探せます。
子連れでも安心!ウェルカムベビーの式場

ゼクシィはマイナビのような特集がありません。そのためフリーワード検索で「ファミリーウェディング」と探すとみつけやすいです。
「ファミリーウェディング」の検索結果

ハナユメはフリーワードでもヒットせず、数百を超える会場の中から見つけるのは大変なためデスクを使った方が効率的です。
ハナユメウエディングデスク

子供連れで参加しやすいブライダルフェア、参加しにくいブライダルフェア

参加しやすいブライダルフェア
  • 試食会
    披露宴会場での実施が多く、赤ちゃんがぐずってもガーデンやロビーで気分転換が可能。BGMも流れており、リラックスした雰囲気がある。
  • 見学会+相談会
    短時間&参加カップルが少ない。他のブライダルフェアと違って、他のカップルと同時に見学をしないため、時間に余裕がある。

同じ式場のブライダルフェアに2回参加することもできます。
たとえば、見学と相談で気に入ったら、2回目に試食会に参加してもOK。参加回数は増えますが、所要時間を短縮でるので、お子さまの負担は軽減できます。

参加しにくいブライダルフェア
  • 模擬挙式
    挙式本番と同じ厳粛な空間は大人も緊張。普段は大人しい子も泣いちゃう傾向が強い。他のカップルも同じ時間帯に見学をするため、ゆっくり見学できないかもしれません。
  • ドレス試着会
    超高額なドレスがズラリと並ぶため、汚したり、他の試着室にはいったり、不安が大きい。また、試着会は30分~1時間と非常にタイトで別日で調整するのがオススメ。

抜かりのないフェアの『事前準備』

ぐずっって泣いたり、ジタバタしたり・・・
子供連れで参加して、落ち着く間もなく時間が進み、チェックすべきことがモレることが少なくありません。

そこで大切なのが事前準備です!

ブライダルフェア前に授乳は済ませる

ブライダルフェアの平均時間をご存知ですか?

約4時間!!
授乳期の赤ちゃんなら、ブライダルフェア中に1回は授乳タイムを設けなければいけません。

哺乳瓶

ブライダルフェア直前に授乳を済ませておくのがオススメ。
お腹いっぱいなら、終始ご機嫌で過ごしてくれるはず!

数日前からブライダルフェアのスケジュールに合わせて、ムリのない範囲で授乳スケジュールも調整しておくと、ブライダルフェア当日もスムーズです。

おもちゃを用意しよう

赤ちゃんの玩具

ブライダルフェアでお気に入りのおもちゃを持参する人も多くいます。

ぜひ、用意しましょう。
ただし、持参するおもちゃは音のならないおもちゃがオススメ!

静かにするためにおもちゃを用意するのが、おもちゃがうるさかったら本末転倒です。

ベビーカーで見学してもOK

双子用のベビーカー

「他のひとの迷惑になるのでは?」

とベビーカーの持込みを控える方がいます。
ですが事前に式場側に伝えておけば、ベビーカーでのブライダルフェア参加もOKです。

  • ベビーカーのスペースを空けてくれる
  • 端っこのテーブルにする

などの配慮をしてくれますよ。
ブライダルフェアでは、式場の施設や設備を見学するため、移動も多く抱っこをして移動するのは大変です。遠慮なくつかいましょう。

まとめ

  • 子供連れでもブライダルフェアは参加できる
  • 子供のいる夫婦専用のブライダルフェアもある
  • 子供も雰囲気を感じるため一緒にブライダルフェアに参加すべき
  • 式場探しのポイントは子供への配慮があるかをチェックする
  • ファミリープラン、貸切感、個室の3条件をクリアする式場がいい
  • 予約するときは必ず子供連れと伝える
  • マイナビを活用するとファミリーウェディングのプランを探しやすい
  • 試食会や見学会+相談会は子供連れでも参加しやすい
  • ドレス試着会や模擬挙式は子供連れだと参加しにくい
  • フェア前に授乳をすませておくといい
  • お気に入りの音の鳴らないおもちゃを用意する
  • ブライダルフェア中は遠慮なくベビーカーを使う

一生に一度の結婚式は、きっとお子様にとっても”いい想い出”として記憶に刻まれるはずです。

ファミリーウェディングは子供も一緒に結婚式を作り上げることが大事!

ぜひ、ご家族で一生の想い出に残る結婚式をつくりあげるための、第一歩としてブライダルフェアを探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る