婚姻届と印鑑

婚姻届にある証人欄。
保証人と勘違いする人もいますが、保証人とは異なり、より正確性を高めるために証人の署名を必要としています。

二人分が必要なため「誰に依頼しよう」と迷うもの。
そこで先輩カップルが頼んだ人を紹介しつつ、またどんな人に頼めば良いかを説明します。

ポイントは既婚者&身近な人です。

先輩カップルは証人を誰に頼んだ?

証人の条件に、難しいルールはありません。
以下の2つだけです。

  • 婚姻の事実を知る二十歳以上の成人
  • 証人は二人の署名が必要

20歳以上なら誰でもOK。
両親や兄弟・姉妹、友人、上司、同僚などカップルとの関係性も関係ないですし、外国籍の人にお願することもできます。

20歳以上

3千円~1万円ぐらいで行政書士や司法書士が証人代行もしてるよ。

選択肢が多い分、誰に依頼しようか悩みますよね。
そこで先輩カップル244名に誰に証人を頼んだかアンケートをとりましたので紹介します。

先輩カップル244名のアンケート結果

両親67.29%
兄弟・姉妹7.52%
親戚3.76%
上司3.76%
友人12.41%
同僚2.26%
その他3.01%

証人は2名分が必要です。
そのため両親と友人、同僚と友人など組み合わせはさまざま。以下では先輩カップルが、証人をお願いした理由を紹介します。

両親にお願いした

最も身近な存在であり、今後も最も信頼できる人達であるから。

焼き豚さん(31歳)

両家顔合わせを行った際に、その場で両家の父親に証人になってもらったため。

shoko0217さん(27歳)

一番身近な人だからです。両親以外にお願いする人は思い浮かびませんでした。

らららさん(30歳)

両家の親に認めてもらったという証として両親にお願いしました。結婚は親同士も繋がりを持つので2人で話して決めました。

pochi5891さん(33歳)

親戚にお願いした

近くにすんでいて、ずっと二人の付き合いを見守っていてくれたからです。

ぽよぽよさん(35歳)

自分と名字が違うほうが証人らしいと思い仲のいい叔父にお願いをしました。

たえさん(38歳)

両親が他界しているため大変お世話になった親戚と決めていました。

のぞみさん(31歳)

兄弟・姉妹にお願いした

家族だから信頼できるし、旦那も紹介していたし、結婚をとても喜んでいてくれたから。

炒飯さん(39歳)

近くに住んでいる旦那の兄夫婦に頼みました。仕事終わりの遅い時間にお願いしたのですが快くオーケーしてくれました。

マオさん(34歳)

お姉ちゃんが結婚するときにわたしが証人になったので、自分が結婚するときはお姉ちゃんに頼むと決めていた。

まいさん(27歳)

上司にお願いした

会社の上司が非常に人格者であり、先輩も上司にお願いをしたそうですので、上司にお願いをしました。

サターンさん(34歳)

両親が遠方に住んでいるため、身近な職場の上司に書いてもらった。

みーちゃんさん(32歳)

家族に相談したところ、会社の上司にお願いするのが筋との話し合いでお願いしました。

punyo123さん(24歳)

同僚にお願いした

会社に婚姻届けをもっていけば2人に記入してもらうのが簡単だったため。

oranre170さん(44歳)

上京しているため親や兄弟が遠方で、結婚をしている先輩達に書いてもらいました。

ヤマハさん(28歳)

社内結婚だったので同期で仲のいい人にお願いをしました。

あいさん(32歳)

友人にお願いした

私達2人が出会うきっかけとなった人達だったのでお願いしました。

まーさん(34歳)

数年前に証人を依頼された友人にお願いしました。依頼しやすかったので。

おもちさん(28歳)

共通の友人に頼むのが一番思い出に残ると思ったし、身近で頼みやすかったから。

ゆーさん(38歳)

その他のパターン

両親がその地方議員を知っており、その人にお願いした方が良いだろうとのことでした。

rina1966さん(48歳)

入籍することを遠方の両親に言っていないため恩師であるご夫婦に依頼しました。

コンインさん(31歳)

国際結婚だったのですが、まず滞在国の法律に基づいて婚姻手続きを行い、その後に報告的婚姻手続きを日本大使館を通じて行いました。婚姻届に記入するときに証人の欄は不要と大使館の方に言われたので、日本の婚姻届における証人はなしということになります。一方、滞在国の婚姻手続きでは証人(ゴッドファーザー、ゴッドマザー)が必要になり、これは親しい友人にお願いしました。

Mikanさん(33歳)

結局、証人は誰に頼めばいいの?

迷うなら両親に依頼をするのがオススメ!
何らかの事情で両親に依頼できないなら、身近な人かつ結婚をしている方です。なぜ、身近な人&結婚をしている人がいいかというと・・・

婚姻届け

身近な人がいい理由

証人欄は、直筆で記入してもらう必要があります。
遠方だと郵送の手間と時間がかかりますが、身近な人なら直接お会いして、その場で記入してもらえば、間違いがなく効率的です。

印鑑

結婚をしている人がいい理由

まだ未婚の方は証人が、どのような役割があるかを知りません。
そのため「保証人のようなリスクがありそう」「友達といえど…」と思う人もおり、実際に知恵袋では以下のような質問がありました。

友人が結婚します。その婚姻届の保証人になってほしいと言われました。とりあえずOKの返事はしましたが、保証人と聞くと借金の保証人が浮かび、いいイメージがありません。婚姻届の保証人になることによるリスク、デメリットはありますか? 出典:知恵袋

質問者さんの勘違いなのか、新郎新婦さまの説明が悪かったのかは分かりませんが、証人を保証人と勘違いをしていますね。

結婚をしている方は、自分自身が経験しているため、証人のことを理解しており「いいよ」となりやすいです。

夫婦になったカップル

証人は保証人ではありません

証人には法的責任やリスクはありません。
婚姻届の証人は、保証人とは異なり婚姻の事実を証明することが役割で、リスクはありません。

証人を依頼するときの流れと注意点

婚姻届の証人には、以下のような犯罪を防ぐ目的があります。

  • 偽装結婚の防止
  • 当事者の意思なく婚姻届を出されることの防止

証人が必要なことは法律(民法および戸籍法)で定められており、無記入の婚姻届は受理されません

バツ印 不可

民法第739条2項
当事者双方及び成年の証人二人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない。

なお、民法では口頭とありますが、戸籍法28条では”やむを得ない事情”の場合しか口頭での届出は認められていません。

証人を依頼するときの流れ

両親や兄弟など家族なら「証人になってほしい」と伝えればOK。
上司や友人に対しては事前準備が必要です。基本的には下記の手順でお願いをしましょう。

※結婚報告をしていることが前提条件です

  1. まずは口頭やLINE、メールなどで証人の依頼をします。上司なら口頭で、親友ならLINEなど相手によって使い分けましょう。
  2. 了承いただいたら日時を決めて記入項目と印鑑が必要なことを伝えます
  3. 当日は婚姻届の他に記入用のペンと朱肉を準備します
  4. 婚姻届が受理されたら証人の方へお礼の連絡をする

依頼をするときは、なぜ依頼をしたかを一言伝えるのがおすすめです。

  • 上司なら
    尊敬する◯◯さんに婚姻の証人になっていただきたいと思っています。
  • 友人なら
    親友だと思っている◯◯ちゃんに証人になってほしいんだけど、お願いできないかな?

未婚の方にお願いするなら保証人とは違うことを伝えて安心していただきましょう。

証人の記入項目と注意点

証人の記入は5項目だけです。

証人の記入内容
お名前 フルネームで記入をします
生年月日 生年月日から未成年と判断される場合は受理されません
住所 免許証の住所を書けば間違いがありません。マンションやアパート名は、省略しても受理してもらえることが多いようです(※)
本籍 婚姻届の審査では、証人の存在確認をしておらず、多くの役所では都道府県名だけでも受理されるようです(※)
押印 印鑑は認印でOK、シャチハタはNGです。新郎新婦さまと苗字が同じ証人の場合、届出人とは違う印鑑で押印する必要があります。

※役所によっても対応が違うため事前に電話で確認をするのがオススメです

Q&A

証人の記入間違いの訂正方法は?

二重線を引いて訂正印を押せばOK。
訂正印は証人欄で使った印鑑を使います。届出人である新郎新婦さまの印鑑で押さないようにしましょう。

代筆はいいの?

もちろんNGです。公的文書を偽造していることになり、代筆をして婚姻したことは一生残る後悔になりかねません。婚姻届のやり直しはできないのです。

証人になっていただいた御礼はする?

無事に婚姻届が受理されたら報告を忘れずに。
菓子折りなどの手土産は不要ですが、渡すなら高すぎると逆に気を使わせてしまうので千円程度の菓子折りがオススメです。

1分で振り返り
この記事のまとめ

アンシェくん
  • 証人は結婚することを知っている20歳以上の成人なら誰でもいい
  • 67.9%のカップルが両親に依頼をしている
  • 友人の割合も12.4%と両親の次に多い
  • 証人は保証人ではなくリスクはほとんどない
  • 誰に依頼するか迷ったら身近な人&既婚者の方がオススメ
  • 証人の印鑑はシャチハタはNGだが認印でOK。ただし新郎新婦さまと苗字が同じ場合、同じ印鑑はNG
  • 特別な御礼は不要、提出後に報告をすると喜んでもらえる

婚姻届の証人ときくと重々しく感じますが…
証人の基準(婚姻の事実を知る20歳以上の人)や役所の対応(証人の確認まではしない)ことを知ると実際はそうでもありませんよね。

とはいえ証人の署名がないと受理してもらえません。
また生涯で一度しか提出しない婚姻届ですから、信頼のおける相手に依頼をするがオススメです。