引き出物は持ち込みが絶対お得!

お金と電卓

「引き出物が想像していたよりも高い。」

「結婚式の費用がどんどん高くなっている。節約しないと!」

「もっとランクの高い引き出物にしたいけど予算が足りない」

そんなときに検討したいのが引き出物の”持ち込み”です。
実は式場で取り扱う引き出物と、外部ショップが扱う引き出物は同じ商品も多く、それでいて節約やランクアップができます。

引き出物の持ち込みで、どれぐらい節約できるのか?
そして、引き出物を持ち込むための式場との交渉術を紹介します。


引き出物の持ち込みでお得になる理由

式場の引き出物は基本的に定価購入です。
あなたが式場の引き出物パンフレットをご覧になっているなら、一度アンシェウェディングのサイトをご覧になってみてください。言葉で説明するより実感できると思います。
アンシェウェディング(引き出物)

式場の取り扱い商品もありましたよね?
式場によっては10%前後の割引を実施している式場もありますが、ネット通販とは割引率が歴然の差!

式場とネットショップの割引率の目安

式場・式場提携ショップ 定価もしくは10%OFF前後
ネットの引き出物専門ショップ 30%前後

ネット専門ショップは平均で20~30%前後ですが、割引率の高いアイテムなら50%オフで販売している商品もあるんですよ。

例えば、アンシェウェディングでも今治タオルやオーガニックリュクス、リサ・ラーソンなどのセットアイテムをお得に購入できます。

もう少し分かりやすく実際の金額に置き換えてみます。

ゲスト一人の引き出物金額 5,000円
ゲストの人数 60名
割引なしの総額 30万円

この例で30%OFFの引き出物を購入すると9万円もお得になるんです。なぜネットショップで引き出物を購入し、式場に持ち込むと、これほどまで割引されるのでしょうか?商品の品質が落ちるから?

実は式場とネットショップの引き出物は同じ商品が多いです。安くなる理由は、結婚式場とネットショップの販売方法や利益の考え方に違いがあるからです。

式場とネットショップの比較

項目 式場 ネット
販売手数料 高い 低い
検品 必要 必要
セットアップ 必要 不要
販売の利益 大きい 小さい

以下では上記の表について詳しくご説明していきます。

一般的な結婚式場の引き出物

披露宴会場

式場の引き出物カタログをみて、

「ちょっと高くない?」

と思った方もいると思います。
一般的な結婚式場は、人件費や利益の関係から定価販売が基本だから高くなるんです。

引き出物の販売手数料

販売手数料とは、プランナーが新郎新婦さまに案内をする費用です。

  • 新郎新婦さまへの商品説明や成約者フェア
  • ゲストの人数変更で引き出物の数が変わる
  • 引き出物の手配を複数業者に発注する

など販売に対する管理手数料が必要です。

検品とセットアップ作業費

式場に引き出物が納品されると必ず検品を行います。

  • 商品に間違いがないか?
  • 汚れや壊れていないか?(食器なら割れていないか?)

さらに、検品が完了するとセッティングをおこないます。

  1. ゲスト毎に引き出物をセットアップ(袋詰め)する
  2. 結婚式当日のゲスト座席へのセッティングする

このような作業費用も引き出物の費用に含まれています

引き出物の販売の利益

式場が新郎新婦さまに引き出物を案内するのは”結婚式場との契約後”です。

ここが一番のポイント!

契約後ということは…
式場が引き出物を販売する時にはライバルがいません。つまり、その他の販売者(競争相手)を意識することなく、新郎新婦さまに売ることができます

新郎新婦さまの選択肢は、定価販売の式場のみ。
式場からしてみれば、あえて引き出物を安くする必要がないということです。

ネットショップの引き出物

パソコン

ネットショップは、どうでしょうか?
一言でいえば、同業他社との競争があり、人件費は式場より安く、そしてセットアップ費用がかかりません。

引き出物の販売手数料

ほとんどのネットショップではウェブサイトだけで販売が完結します。

ウェブサイトだけなら販売スタッフの人件費は不要。つまり、店舗の維持費や販売スタッフの人件費などを割引に還元できるということです。

ここがポイント!一部の業者では、電話やFAX・メールを使うことも。そういった業者とネット注文メインの業者を比べると割引率に違いがあり、やはりネットメインの会社は”割引”という形で還元していることが多いです。

検品とセットアップ作業費

ネットショップでは出荷前の検品だけです。
当たり前ですが、納品後の検品やセットアップは行いません。つまり、検品やセットアップに必要な人件費も割引に還元できます。

「じゃあ、式場での検品やセットアップは誰がやるの?」

これは結婚式場のスタッフが対応します。
そのため持ち込み料が発生するわけですね。持ち込み料については、後ほど説明します。

引き出物の販売利益

ネットショップでは激しい競争が繰り広げられています。

特にここ2~3年で新規参入業者が増加。
競争を勝ち抜くため、サービスを充実させたり、価格を下げたり、そういった競争が良いサービスづくりに繋がり、結果的に新郎新婦さまに還元されています。

引き出物の持ち込み料と交渉術

ほとんどの式場では引き出物を持ち込むと”持ち込み料”が発生します。

「持ち込み料が高くて、泣く泣く式場に頼みました」

こんなカップルも少なくありません。
しかし、持ち込み料があるからといって、必ずしも諦める必要はありません。

引き出物の持ち込み料の相場

持ち込み料の相場は1アイテム300~600円程度
この”1アイテム”というのがポイントで、記念品(メインの引き出物)・引き菓子・縁起物のそれぞれに持ち込み料が必要です。

<アイテム別の持ち込み料相場>

記念品 300~600円
引き菓子 200~600円
縁起物 200~600円

全ての引き出物を持ち込むと総額700~1,500円が持ち込み料となります。

※多くの式場でプチギフトは持ち込み料が無料です。プチギフトといえどゲストの人数分ともなれば数万円のため、プチギフトだけ持ち込むカップルもいます。

なぜ持ち込み料がかかるのか?

主な理由は3つあります。

  • 商品を引き出物袋にいれる作業
  • ゲストの席に引き出物をセッティングする作業
  • 引き出物の保管料や保険料

特に最近は贈り分けでゲストごとに中身が違うことも。
そのため式場にとっては、引き出物のセッティングは作業負担が大きいです。

上記の理由にプラスして”式場の利益が減る”ことも理由のひとつ。
持ち込みをされると式場は、引き出物の利益がなくなるため、穴埋めとして持ち込み料を請求します。

持ち込み料って法律違反じゃない?

持ち込み料自体は法律違反ではありません。

  • 持ち込みが禁止されている
  • 持ち込み料が実質的に持ち込みを禁止することと変わらない金額

この場合は独占禁止法違反の可能性あり。
その他、式場によっては「引き出物を持ち込むなら他の値引きが無効」というケースもあります。詳しくは弁護士の先生にも話を聞いていますので、以下の記事を参考にしてみてください。

まずは総額で比較をする

持ち込み料がかかる場合でも、必ず総額で計算をしましょう。
実は持ち込み料を含めても、外部ショップの方が安くなることも多いです。

【式場】と【外部ショップ+持ち込み料】

で比較をします。
仮に持ち込み料が1アイテム300円で、ゲストが60人だったら…

品目 式場価格 外部ショップ
記念品 4,000円 3,000円
引き菓子 1,000円 700円
縁起物 1,000円 600円
持ち込み料 0円 900円
総額(60人) 360,000円 295,800円

持ち込み料が300円なら差額は【64,200円】です。
ざっくりでいいので、計算しておくと本当に安く買えます。

引き出物を持ち込むための交渉術

「持ち込みたいけど持ち込み料がかかる」

そういった場合でもプランナーさんと交渉をするカップルもいます。

  • 一部の引き出物だけを持ち込む
  • 他のオプションと引き換えに持ち込む(ゲスト満足度アップにつながる)
  • 持ち込みではなく引き出物宅配を利用する

などです。
これらは契約後の交渉ですが、もし契約前なら交渉しやすいです。

持ち込み引き出物の商品比較

「持ち込みがお得なことは分かった。
でも、式場より安すぎて怪しい。安かろう悪かろうではないのか?」

と疑っている方もいると思います。
そこで以下では引き出物のカテゴリー毎に商品とその価格を比較します。

カタログギフト

カタログギフト

結婚式の引き出物で最も人気のあるカタログギフト。
結婚式場で取り扱いが多い定番のカタログギフトは以下の3つです。

  • La Marie(ラ・マリエ)
  • リンベル
  • MUSUBI Wedding

持ち込み可能で上記と同ランクのカタログギフトは以下の3つです。

  • ブライダルアズユーライク
  • ティアラ
  • プレゼンテージ

掲載商品をみると分かりますが、式場定番と持ち込みのカタログギフトの掲載商品は同ランクです。

にも関わらずネットショップなら定価の20~30%オフで販売されています。

ブランド食器

引き出物のブランド食器で人気なのが、

  • ウェッジウッド
  • ロイヤルコペンハーゲン
  • ジルスチュアート

などの有名ブランドです。
こういったブランド食器ですが、多くのネットショプで取り扱っており、定価の20%前後の割引で購入できます。

高級タオル

タオル

最近は、食器類に次いで今治などのタオルが人気です。
今治タオルのような品質の高いタオルもネットショップなら定価の20~30%前後の割引で購入ができます。

引き菓子・プチギフト

パウンドケーキ

引き菓子やプチギフトは式場から案内されている商品と同一商品がネットショップで購入できます。

メインの引き出物よりも割引率が高く最大で40%以上割引で販売されています。同じ商品にも関わらず割引されます。

実は式場もネットも同じ商品を扱っています。
持ち込みは結婚式場から案内される引き出物と同ランクや全く同じ商品が大幅な割引価格で購入できます。

持ち込みで引き出物グレードアップ

持ち込みは単に安くできるというだけでなく、追加費用なしでグレードアップするという考え方もできます。

引き出物は、結婚式が終わった後にゲストが自宅に持ち帰る唯一のアイテムです。そのためゲストに対して結婚式の余韻やイメージを最も強く残ります。引き出物をケチると結婚式全体がケチった印象に…

逆に引き出物が豪華だと結婚式全体が”豪華”や”おしゃれ”といった印象を強く残します。引き出物は結婚式のアイテムの中でもお料理と同じくケチってはいけないアイテムです。

「ゲストに少しでも満足して帰ってもらいたい」

このように思っている新郎新婦なら持ち込みで商品をグレードアップさせるのがおすすめです。

引き出物を持ち込むと20~30%の割引を受けながら定価換算で相場よりも10~30%高めの商品を用意できます。引き出物予算が5,000円ならネットの引き出物専門ショップで購入すると6,000~7,000円ぐらいの商品を揃えることが可能ということですね。

アンシェウェディングでは式場持ち込みのサービスをおこなっています。ご興味のある新郎新婦の方は当社でもご検討ください。
引き出物 式場持ち込みサービス

引き出物は持ち込みが絶対お得のまとめ

  • 式場よりも20~30%の値引きで引き出物を購入できる
  • 引き出物を持ち込む場合は検品や納品スケジュールを事前確認する
  • 支払う額は同じで引き出物のグレードを高くできる

引き出物の持ち込みは少しの手間で非常に得をします。
少しでも得をしたい、引き出物をグレードアップさせたいという方におすすめのサービスです。実際に持ち込みをご利用される場合は「引き出物を持ち込む前のチェックリスト」もご確認いただくとスムーズに引き出物を準備することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質なアイテムを式場持ち込みでお得に。

引き出物専用ネットショップの「ANCIE WEDDING」は式場購入よりもお得に高品質なアイテムをご用意できます。

「持ち込みで安く購入したい。」
「もっと良い商品を引き出物にしたい。」

このような想いをもった新郎新婦様の引き出物選びをサポートしています。

ネットショップだからできる割引率!
WEDGWOOD(ウェッジウッド)、JILL STUART(ジルスチュアート)、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)などの人気ブランドや定番のカタログギフトまで1,000点以上のアイテムを品揃えしております。


ANCIE WEDDINGの引き出物式場持ち込みはこちら