引き出物は持ち込みが絶対お得!

お金と電卓

引き出物は式場だけでしか購入できないと思っていませんか?

化粧品やお洋服と同じように結婚式の引き出物もネット通販で購入が可能です。しかも式場で購入するよりも安い金額で購入することができます。

持ち込みをしない新郎新婦さんは損をしています!
ここでは絶対にお得な『引き出物の持ち込み』についてご紹介いたします。


引き出物が持ち込みでお得になる理由

式場の引き出物は基本的に定価購入です。
式場によっては10%前後の割引を実施している式場もありますが、ネット通販とは割引率が比較になりません。

式場とネットショップの割引率の目安

式場・式場提携ショップ 定価もしくは10%OFF前後
ネットの引き出物専門ショップ 30%前後

ネット専門ショップは平均で20~30%前後ですが、割引率の高いアイテムなら50%オフで販売している商品もあるんですよ。(※)

もう少し分かりやすく実際の金額に置き換えてみましょう。

ゲスト一人の引き出物金額 5,000円
ゲストの人数 60名
割引なしの総額 30万円

この例で30%OFFで引き出物を購入すると9万円もお得になるんです。なぜネットショップで引き出物を購入し式場に持ち込むと、これほどまで割引されるのでしょうか?

その理由は結婚式場とネットショップで引き出物の販売方法や利益の考え方に違いがあるからです。

式場とネットショップの比較

項目 式場 ネット
販売手数料
検品とセットアップ
販売の利益 大きい 小さい

以下では上記の表について詳しくご説明していきます。

一般的な結婚式場の引き出物に対する考え方

披露宴会場
新郎新婦の中には式場の引き出物カタログをみて「ちょっと高くない?」と思った方もいると思います。その理由は、一般的な結婚式場は人件費や利益の関係から定価購入が基本だからです。

引き出物販売手数料

担当プランナーが新郎新婦に案内をする費用。
婚礼の引き出物では、新郎新婦が引き出物をなかなか決められなかったり、ゲストの人数が変更になると引き出物の数が変わることになります。また、結婚式場では引き出物の手配は引き出物業者に発注をします。

引き出物では引き菓子やプチギフトなども含めて複数の業者へ発注を行うため管理に手間がかかります。式場購入は、このような販売に対する管理手数料が必要になるわけです。

検品とセットアップ作業費

手配した引き出物が納品されると、式場は必ず検品を行います。

  • 商品に間違えがないか?
  • 食器なら割れていないか?

こういった検品が完了すると、ゲスト毎に引き出物をセットアップ(袋詰め)を行います。
さらに、結婚式当日のゲスト座席へのセッティング作業なども必要になります。このような作業費用も引き出物の費用に含まれています

引き出物販売の利益

式場は既に結婚式場を契約した新郎新婦に対して接客をします。
そのため引き出物を販売する際にも、その他の販売者(競争相手)を意識することなく販売が可能です。

新郎新婦は定価で販売されても式場から買うという選択肢しかないわけです。つまり式場からしてみれば安くする必要がないということです。

ネットショップの引き出物に対する考え方

パソコン
一方でネットショップでは、どうでしょうか?

式場よりも安い理由は人件費が少なく、同業他社との競争があるため式場よりも安い価格となっています。

引き出物販売手数料

ほとんどのネットショップではウェブサイトだけで販売が完結します。そのため販売スタッフなどの人件費が不要となります。つまり、店舗の維持費や販売スタッフの人件費などを割引に還元できるということです。

検品とセットアップ作業費

持ち込みを前提としたネットの引き出物ショップでは検品やセットアップ作業を行いません。(当たり前ですが出荷前の検品は実施します)

式場での引き出物の検品やセットアップに必要な人件費も割引に還元できます。しかし、引き出物を持ち込む場合でも、式場での検品やセットアップは必要です。

実をいうとこれらの作業は結婚式場のスタッフで対応することになります。この手間に対して式場側は「持ち込み料」を新郎・新婦に請求します。

※「持ち込み料」に関しては次項で詳しくご説明いたします

引き出物販売の利益

インターネットでは、簡単に一番安いショップを検索することができます。そのためネットショップ間の激しい価格競争が繰り広げられています。

価格競争に勝ち抜くため、各社大幅な値引きに対応しております。結果的に新郎新婦に還元される事になります。

ネットショップでは、

  • 人件費が不要なこと
  • 競合他社の影響で安くなる

ということです。

持ち込み引き出物の商品比較

持ち込みについて「お得だな」ということはご理解いただけたかと思います。でも、式場と価格が大きく違うため「怪しい」「安かろう悪かろう」と疑っている方もいると思います。

そこで以下では引き出物のカテゴリー毎に商品とその価格を比較してみます。

カタログギフト

カタログギフト
まずは結婚式の引き出物で最も人気のあるカタログギフトからです。
結婚式場で取り扱いが多い定番カタログギフトは以下の3つです。

  • La Marie(ラ・マリエ)
  • リンベル
  • MUSUBI Wedding

一方で持ち込み可能で上記と同ランクのカタログギフトは以下の3つです。

  • ブライダルアズユーライク
  • ティアラ
  • プレゼンテージ

掲載されている商品をご覧頂くと分かりますが掲載商品は同ランクです。にも関わらずネットショップなら定価の20~30%オフで販売されています。

ブランド食器


引き出物のブランド食器として人気のあるブランドは、

  • ウェッジウッド
  • ロイヤルコペンハーゲン
  • ジルスチュアート

などの有名ブランドです。ブランド食器もネットショプなら定価の20%前後の割引で購入できます。

高級タオル

タオル
最近の引き出物は食器類に次いで今治などの高級タオルが人気です。
今治タオルのような高級タオルもネットショップなら定価の20~30%前後の割引で購入ができます。

引き菓子・プチギフト

パウンドケーキ

引き菓子やプチギフトは式場から案内されている商品と同一商品がネットショップで購入できます。

メインの引き出物よりも割引率が高く最大で40%以上割引で販売されています。同じ商品にも関わらず割引されますので、引き菓子やプチギフトは持ち込みがおすすめです。

いかがですか?
持ち込みは結婚式場から案内される引き出物と同ランクや全く同じ商品が大幅な割引価格で購入できます。

持ち込みで引き出物グレードアップ

持ち込みは単に安くできるというだけでなく、追加費用なしでグレードアップするという考え方もできます。

引き出物は、結婚式が終わった後にゲストが自宅に持ち帰る唯一のアイテムです。そのためゲストに対して結婚式の余韻やイメージを最も強く残ります。引き出物をケチると結婚式全体がケチった印象に…

逆に引き出物が豪華だと結婚式全体が”豪華”や”おしゃれ”といった印象を強く残します。引き出物は結婚式のアイテムの中でもお料理と同じくケチってはいけないアイテムです。

「ゲストに少しでも満足して帰ってもらいたい」

このように思っている新郎新婦なら持ち込みで商品をグレードアップさせるのがおすすめです。

引き出物を持ち込むと20~30%の割引を受けながら定価換算で相場よりも10~30%高めの商品を用意できます。引き出物予算が5,000円ならネットの引き出物専門ショップで購入すると6,000~7,000円ぐらいの商品を揃えることが可能ということですね。

アンシェウェディングでは式場持ち込みのサービスをおこなっています。ご興味のある新郎新婦の方は当社でもご検討ください。
引き出物 式場持ち込みサービス

引き出物は持ち込みが絶対お得のまとめ

  • 式場よりも20~30%の値引きで引き出物を購入できる
  • 引き出物を持ち込む場合は検品や納品スケジュールを事前確認する
  • 支払う額は同じで引き出物のグレードを高くできる

引き出物の持ち込みは少しの手間で非常に得をします。
少しでも得をしたい、引き出物をグレードアップさせたいという方におすすめのサービスです。実際に持ち込みをご利用される場合は「引き出物を持ち込む前のチェックリスト」もご確認いただくとスムーズに引き出物を準備することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質なアイテムを式場持ち込みでお得に。

引き出物専用ネットショップの「ANCIE WEDDING」は式場購入よりもお得に高品質なアイテムをご用意できます。

「持ち込みで安く購入したい。」
「もっと良い商品を引き出物にしたい。」

このような想いをもった新郎新婦様の引き出物選びをサポートしています。

ネットショップだからできる割引率!
WEDGWOOD(ウェッジウッド)、JILL STUART(ジルスチュアート)、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)などの人気ブランドや定番のカタログギフトまで1,000点以上のアイテムを品揃えしております。


ANCIE WEDDINGの引き出物式場持ち込みはこちら