引き出物の後悔エピソード 新郎編

頭を抱える男性

結婚式準備は何から何まで初めての経験ばかり。
結婚式のお仕事に携わっていると「こうしておけばよかった!」というような後悔エピソードもお聞きする事があります。

前回の「引き出物の後悔エピソード 新婦編」に続いて、今回は新郎の後悔エピソードをご紹介いたします。


嫁さんの意見に押し切られ実用性のないアイテムに

やちよしさん33歳(挙式時36歳)

性別に関わらず使えるものをと提案したのですが嫁に押し切られ断念。結局かわいいものがいいとぬいぐるみに…実用性がなく、趣味に合わなければゴミ扱いだろうなあと思いつつも反対することは出来ませんでした。

アドバイス

結婚式はどうしても新婦様に主導権がいきがちです。
引き出物は、ゲストがご自宅でご利用いただくアイテムです。そのため引き出物選びはゲスト目線で選ぶことが大切です。

「結婚式やお二人の色合いを引出物に残したい!」

このような気持ちがある方は引き菓子や縁起物をお二人らしいアイテムを選び、メインの引き出物はゲスト目線でお選びいただくのがおすすめです。

あわせて読みたいゲスト別の引き出物の選び方

やっぱり名前入りは評判が悪い

たけさん33歳(挙式時33歳)

引き出物にはお菓子・茶葉・ジャム・はちみつ・角砂糖の紅茶セットを使ったのですが、角砂糖に結婚式の日付と新郎新婦の名前を入れてしまいました。写真付きの食器などは論外だと考えていましたが、角砂糖に名前くらいなら良いかなと…後日、会社の先輩から「名前入り角砂糖が溶けてしまうと縁起が悪い気がして使いづらい」や「使わずに飾るにしても他人の名前を飾っておく気にはならない」との苦言を頂戴しました。もう少しよく考えて名前は入れないでおけば良かったと激しく後悔しております。

アドバイス

結婚式にはお二人を祝福するために沢山のゲストに参列いただきます。

招待ゲストと新郎・新婦の間柄(関係性の深さ)はマチマチ。
そのため最近では名前入り(写真入り)のアイテムは避けられる傾向が強いです。どうしてもという場合には『新郎・新婦お二人の名前入り(写真入り)のアイテム』は親族に限定した方が無難です。

親族でも祖父母や兄弟、両親といった身内に近い親族にとどめるのがおすすめです。

ゲスト毎の好みの違いを考慮しなかった

台湾リスさん25歳(挙式時28歳)

結婚式は、新郎新婦の家族だけを招いた小さなものでした。
私たちは私の祖母でも食べられそうな柔らかいお菓子の詰め合わせを引き出物に選びました。
祖母はとても喜んでいましたが、辛党だった義父が甘いものが苦手だったらしくちょっとがっかりした表情をしていました。今思えば、参加者の好みに合わせて、それぞれ違う引き出物を出すべきだったと後悔しています。

アドバイス

ゲストそれぞれの好みを何処まで把握して引き出物を選ぶかは難しいところです。
引き出物もプレゼントであると考えるとゲストお一人お一人の事を考えながら選ぶとより心がこもります。しかし、一人ひとりに対して選ぶことは難しいでしょう。

そんなときは贈り分けがおすすめです。
今回のような小さい結婚式であれば、ゲストひとりひとりに選んでも良いでしょうし、趣味嗜好がわからなければカタログギフトも候補になります。ゲストが多い結婚式なら、もう少し範囲を広げて、主賓・親族や上司・友人、男性・女性で分けると失敗は少ないです。

結婚式場のブライダルフェアでせかされて…

メリーさん27歳(挙式時28歳)

ブライダルフェアに参加して、お皿と引き菓子に決めたのですが、あまりにも多くの参加者がいるなかでの選択でした。そのため、ゆっくり考える時間を持てず少し後悔が残りました。

アドバイス

結婚式場が成約者を対象に開催するブライダルフェア(内覧会)は『商品を実際に手に取ってみることができる』というのが開催趣旨ですが、実は裏側にもう一つの開催理由があります。

その理由とは、沢山の婚礼を抱える結婚式場が複数の挙式の引き出物を一気に決めてもらうという内情です。結婚式場からすると新郎・新婦毎に引き出物の説明や案内をする手間が省けます。もちろん結婚式場にもよりますが、こうした結婚式場の効率化は様々な所で見受けられます。最近では、インターネット上に結婚式のプランニングにまつわる様々な情報配信をしている式場もあります。

肝心なのはお二人の結婚式をお二人が満足いく形で実施すること。そのためには式場任せにせずに、お二人で情報収集しながらプランニングを進めていく事が大切です。

商品が意外と小さく紙袋とアンマッチ

りょうさん28歳(挙式時28歳)

式場の用意したカタログから頼むことになっていて持ち込みが不可でした。また、定番のタオルやグラスをグループによって変えてあげたのですが、紙袋が意外に大きく、商品が小さく見えてしまい安っぽく見えるなぁと思いました。
物としては『後々も使えるもの』と考え選んだのですが、選んでいるうちに誕生日のプレゼントを選ぶような形になってしまっい「もう少し記念の意味を込めても良かったかな」と感じています。

アドバイス

引き出物用の紙袋は、おおよそ三段階のサイズ設定となっています。
引き出物セットのサイズは挙式ごとに大きく異なりますので、実際には三段階で調整するのは難しく、かなり大きめの袋になってしまう事が多いです。

また、忘れてはならないのが引き出物袋の価格です。
1袋あたり500~800円ぐらいするためゲスト人数分となると価格は数万円することも…持ち込み料がかかる場合でも宅配引き出物なら紙袋代がかからず、節約することもできますし、紙袋の心配をする必要もなくなります。

カタログギフトの交換期限が切れた

隆史さん36歳(挙式時32歳)

欲しくないものを選ぶより、自分で選んだほうが良いと思いカタログギフトにしました。挙式から1年後ぐらいに、列席してくれた友人たちと久々に集まる機会があり「そういえばカタログギフト何にした?」と一人の友人が言い出しました。私も気になっていたのですが、友人たちの答えは「カタログギフトを単なる雑誌だと思っていた」や「注文を忘れていた」という人が8人中3人もいました。しかも、申込み期限は1年間だったため、すでに期限は過ぎてしまっていました。私は翌日、カタログギフトの会社に事情を説明し、なんとか今回だけ特別に申請を受け付けてもらえることになりました。カタログギフトにする場合は一言説明した方がいいのかもしれません。特に独身男性はそういったものに疎いようです。

アドバイス

まさに人気商品カタログギフトの落とし穴です。
男性の方は、カタログギフトの交換方法を知っていても特に何も交換せずに終わってしまう事が多く見受けられます。

これではカタログギフト会社の丸儲けになってしまいます。私も男性ゲストの方にはカタログギフト以外の商品をおすすめしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る