披露宴のラストを飾る退場シーンにおすすめの曲

新郎新婦の退場

披露宴のラストを飾る新郎新婦さまの退場シーン。
両親へのお手紙、記念品贈呈、ゲストへの謝辞と感動的なシーンのあとのラストを飾ります。そのため”どんな終わりにしたいか?”が選曲のポイント!

結婚式の余韻を残したまま終わりたいなら、しっとりしたバラードや感謝が伝わる曲を、明るく笑顔で終わりたいならミドルテンポな曲調がおすすめです。

どんな終わりにするかを決めておくと選曲がしやすくなるメリットもあります。


Can’t take my eyes off you/Boys Town Gang

60年代にリリースされた『Can’t take my eyes off you』

多くのアーティストにカバーされ、国内でもCMやドラマの主題歌にもなっています。サビを聞くと「聞いたことある!」と思ってくださるゲストが多いかもしれませんね。

原曲も素敵ですがQ;indiviのカバーバージョンもあります。

キュートな仕上がりになっていておすすめです。
退場以外にも、入場・乾杯・ケーキカット・お色直し入場など様々なシーンで使うことができます!

The Gift/Blue

槇原敬之が楽曲提供したことでも話題になった『The Gift』
特にサビは、一度聞くと耳に残る心地よいメロディーラインと、男性ボーカルグループが奏でる美しい歌声が印象的。

「ありがとう」や「幸せ」「これからもよろしく」など色々な気持ちを込めて迎える結婚式。

ご両親やお友達など出席してくださったゲストみなさまへ、『The Gift』に思いを込めて退場シーンで使ってみてはいかがでしょうか?

披露宴を締めくくるシーンにぴったりの曲です。

ただありがとう/MONKEY MAJIK

「ただありがとう伝えたくて ただ君の笑顔を見たくて」

と冒頭からメッセージ性の強いは、結婚式の日一番の感謝の気持ちを伝えたい退場シーンにぴったりの曲です。

曲の中に何度も「ありがとう」というフレーズが印象的。
特に「ありがとう」を伝えたいシーンとなる退場の他に花嫁の手紙、友人へのサプライズシーンにもおすすめです。

shape of my heart/Backstreetboys

魅力は美しいサビのメロディー。
サビに差し掛かる1分前は、新郎新婦さまとご両家のご両親がちょうど退場の扉まで進むくらいです。

披露宴の締めくくりをドラマティックに演出したい新郎新婦さまにおすすめの曲!

退場以外に、サビの魅力を活かせるケーキカットや乾杯などにもぴったりですよ。

Family Song/星野源

「ただ幸せが1日でも多く側にありますように」

という新郎新婦さまを見送るゲストの気持ちを代弁したフレーズが出てくる曲です。

ゆったり流れるミドルテンポのため、和やかな雰囲気で披露宴を締めくくりたい新郎新婦さまにおすすめ。
ほっこりした曲調なので、会場内をアットホームな雰囲気にしてくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る