【春の結婚式】カラー・装花・ケーキ・演出で『春』を取り入れる方法

春らしいピンクのカラードレス

緑が芽吹き、多くの花が旬を迎える春。
秋と春はブライダルシーズンといわれ、一年を通して人気の高いシーズンです。

今回は春婚を迎える花嫁さまへ『春』の取り入れ方を紹介します。

  • 春らしいテーマカラーは?
  • 春の人気装花ベスト5
  • ゲストに春を届ける演出プラン
  • 春らしいウェディングケーキデザイン

など春婚準備に欠かせないポイントばかりですよ。


春婚人気のテーマカラー

春といえば何色をイメージしますか?
まずは、数ある色の中でも春婚に人気のテーマカラーを紹介します。

ピンク

やはり春といえば桜。
春婚の定番テーマカラーは桜をイメージしたピンクです。

優しい色合いのベビーピンクシャーベットピンクなどが特に人気。
また、ピンクの中でもクラシックやアンティーク系が好みなら、スモーキーピンクもおすすめです。

テーブルコーディネートもしっとり落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
差し色に、グレーやゴールドを使うと一層華やかになりますね!

パステルカラー

春らしく爽やかなパステルカラーも、実は春婚に人気の高いテーマカラー。パステルカラーでも、人気が高いのはシャーベットカラー系のパステル色です。

ベージュピンクやミルクティー色のようなオレンジはグリーンとの相性が良いのもおすすめの理由。

合わせるグリーン次第で、

  • カジュアル
  • ロマンティック
  • クラシカル

など幅広くアレンジを楽しめますよ。
パステルカラーの装花と相性が良いのが、オフホワイトのテーブルクロスです。

真っ白でもない、ベージュでもない色合いで、高砂に座る花嫁さまの肌色をワントーン明るくみせてくれる効果が期待できます。

高砂にはギャザーがたっぷり入っているようなジョーゼットクロスを使えば、パステルカラーも相まって新郎新婦さまを優しい空気感で包み込んでくれるはずです。

ホワイト×グリーン

  • ガーデン付きの披露宴会場
  • 光がたくさん差し込む明るいような式場

このような式場ならホワイト×グリーンがおすすめです。

テーブルコーディネートやウェルカムスペースにホワイトやグリーンを使ってアレンジするときには、アクセントとしてウッド系の小物がおすすめ。

切り株や、木製のフレームを置くだけで、一層ナチュラルなコーディネートに!

テーマカラーにあわせる春婚人気の装花

たくさんの花が旬を迎える春。
多くの花の中でも、特に人気の5種類の装花をブーケ写真とともに紹介します。

すずらん

フランスでは「贈られた人には幸せが訪れる」という言い伝えがある『すずらん』

オードリーヘップバーンが映画『パリの恋人』で手にしていたのもすずらんのブーケでした。
また、イギリスのキャサリン妃が結婚式のときに、持っていたブーケにもすずらんが使われており、出荷数の少ないすずらんが入手困難になる時期もあったほど人気の高い春のお花です。

小さいながらも可憐なすずらんは、小ぶりのクラッチブーケにおすすめの花材。
特にナチュラルウェディングを目指す春婚の花嫁さまは注目です!

ただし、すずらんは出回る時期が短いことがデメリット。
すずらんのブーケを希望するなら、早い時期にフローリストさんかプランナーさんに確認をしましょう。

芍薬(シャクヤク)

何枚もの花びらが重なり、ボリュームたっぷりの『芍薬』
ナチュラルウェディングにはもちろん、その華やかさから和ウェディングにも相性が良いことで大人気のお花です。

芍薬の魅力は、見た目の華やかさに加え香りにも特徴があります。
芍薬の甘く優しい香りは、芍薬ブーケを持つ花嫁さまが通るとふんわりとゲストにも香りが届くほど!

ブーケはもちろん、ヘッドフラワーとしても芍薬をひとつつけるだけで花嫁さまの顔をパッと明るくしてくれます。

ライラック

小さな小花が鈴なりに咲く『ライラック』
ライラックのカラーは、白・ピンク・パープルなどがあります。

ライラックでおすすめのブーケアレンジが“シングルブーケ”です。

シングルブーケとは、1種類のお花だけを使ってアレンジするブーケのこと。
通常は数種類のお花を組み合わせてブーケを作りますが、色の展開が美しいライラックのようなお花はシングルブーケにして持つと花嫁さまの手元を華やかにしてくれます。

アネモネ

『アネモネ』はピンクやオレンジ、青など何色もの展開があります。
その中でも特に人気のカラーが、オフホワイトの花びらに真ん中がネイビーブラックになっている色です。

クラシカルでモダン。
大人っぽい雰囲気を演出したい花嫁さまに人気のお花です。

落ち着いた色合いで、グリーンとの相性も良く、トレンドのくすみカラーにも合わせやすいです。また、パープルやシルバー系のグリーンであるユーカリともあいます。

ラナンキュラス

コロンと丸く咲く姿が可愛らしい『ラナンキュラス』
ラナンキュラスの魅力は、色の豊富さだけではなく、種類によって咲き方も違っているところ。本当にたくさんの種類があるんですよ。

このような内側に丸く咲くお花もあれば、花びらがレース状にひらひらと波打つ姿が特徴のラナンキュラスも。

ミックスさせて、ひとつのブーケにするのも素敵ですよね。
花嫁さまの好みや、ウェディングドレス・カラードレスの雰囲気に合わせてアレンジを楽しんでみてください。

春らしくウェディングケーキを彩る方法

形や高さなど、ウェディングケーキのデザインは、幅広い選択肢があります。だからこそ、

「春の結婚式らしいウェディングケーキといえば…」

と悩む花嫁さまも多いです。そこで、続いてはウェディングケーキを春らしく彩るおすすめデザインを紹介します。

グリーンたっぷり

トレンドのウェディングケーキのデザインが、ケーキ自体は生クリームだけにしてシンプルに。そして、装花を添えてオリジナリティを出すデザインです。

春のお花畑をイメージさせるデザインです。
ケーキの周囲にはオリーブやグリーン、差し色にパープルの実物を添えて、ケーキトレーにたっぷりと装花をアレンジしています。

周囲のお花によって、雰囲気が変わるデザインのため、お花の種類や色により思い通りのウェディングケーキデザインが叶います

「お花だけ」や「グリーンだけ」でもおすすめですよ!

花柄アートのようなケーキ

エディブルフラワーはご存知ですか?
食用として調理されている“食べられるお花”のことです。

シンプルなスクエア型をベースに、たっぷりとエディブルフラワーが飾り、まるでアート作品のよう。

一段ケーキは、高さがないため
「寂しくなってしまうのでは?」
と思われがち。しかし、平面のウェディングケーキだからこそデコレーションが映えるメリットもあります。

ピンクスポンジ

スポンジを敢えて見せながら生クリームをざっくりと塗るネイキッドケーキ。
トレンドから、もはや定番になりつつあるケーキデザインです。

なんとスポンジがピンク!
高さもありますし、会場に運び込まれてきたときの、ゲストの反応が楽しみでもあるケーキですね。

結婚式のテーマカラーがピンクなら特におすすめ!
ただし、特別なカラースポンジは、式場によって対応できないことも。また、金額があがる可能性も高いため、まずは見積りを依頼をしてみましょう。

ゲストと一緒に春を感じる演出

春に結婚式を挙げるなら演出にだって”春”を取り入れたいですよね。

最後に紹介するのは、ゲストと一緒に“何気なく春らしさ”を感じる演出です!

クラフトパンチで桜の花びらを

テーマが『桜』なら、ぜひおすすめしたいアイテムが桜の花型にカットできるクラフトパンチです。

  • 桜型ペーパーだけを使うフラワーシャワー
  • 通常の花びらに混ぜたフラワーシャワー

などアレンジも簡単!
たくさんの桜が舞う間を歩く新郎新婦さまの絵になるワンシーンが残せます。
また、カットした桜を招待状の中に入れ『コンフェッティー』として使うのもおすすめです。

春婚の招待状がゲストに届く時期は、まだまだ寒い年始ごろ。
招待状に桜を忍ばせておき、開封時に桜が舞い落ちるプチサプライズにも使うことができますよ。

その他にクラフトパンチでカットした桜は、

  • 席次表やメニュー表などのペーパーアイテムに貼り付ける
  • ウェルカムスペースのテーブルに置く

など結婚式前から当日まで使える機会はたくさんあります。

桜の花びら浮かぶシャンパン

春婚の新郎新婦さまに特に人気があったのが桜の花びらが浮かぶシャンパンです。

手順は非常に簡単です。

  1. 乾杯用グラスに、桜の花を塩漬けをしたものを入れる
  2. グラスにシャンパンを注ぐ
  3. ふんわり甘い香りとともに、花びらが浮かび上がる

というプチサプライズです!
乾杯は、披露宴の一番最初に行われる演出。

「乾杯!」

と高らかな声と共に、ゲスト同士桜の花びら浮かぶグラスを傾け合うシーンはとても華やかです。

エスコートコサージュ

春らしい結婚式なら、エスコートカードではなく『エスコートコサージュ』がおすすめです。
ゲストのテーブルナンバーと共にコサージュを添えておくと、ゲスト全員にコサージュが行き渡り会場全体がたくさんのお花で彩られます

胸元に飾る人、女性ゲストの中にはヘッドアクセサリーとして使う人もいたり…

全員お揃いの春のお花や、種類の違うお花をコサージュにしてもお花畑のようになり、会場がとても華やかな雰囲気になります。

花嫁さまのブーケやヘッドフラワーにもゲストと同じコサージュの生花をあしらい、リンクさせるのもおすすめです。

まとめ

  • 春婚ならピンクやパステルカラー、グリーンとホワイトなどのテーマカラーがおすすめ
  • 春の結婚式に人気のお花は、スズランや芍薬、アネモネなど
  • ウェディングケーキには、お花やグリーンで春らしく彩りを
  • 春を感じさせる花々をさりげなく演出にも取り入れてみて

安定した気候と、新緑が眩しい春の結婚式。
たくさんの花に囲まれながら、爽やかで笑顔いっぱいの1日になりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る