席次表の基本マナーと挙式日をスムーズに迎えるスケジュールの立て方

席次表

ついついデザインばかりに気を取られがちな席次表ですが、何よりも大切なことがマナーです。

マナーが守られているからこそ、デザインも惹き立ちます。
そこで今回は席次表のマナーと制作準備のスケジュールポイントを徹底解説。正しく、そしておしゃれな席次表の作り方のポイントをまとめました!


席次表の5つの基本マナー

席次表の基本マナーは5つです。
特にDIYや手作りキットなど、式場を通さず自分たちで作成するときは注意しましょう。

席次表を開く向き

縦長の席次表

席次表に限らず結婚式で使用するペーパーアイテムは右開きで作ります。

  • 慶事ごとは右開き
  • 弔事ごとは左開き

という日本の風習に合わせたもの。
新郎新婦さま世代のゲストは「そんなの知らなかった!」という声も聞かれますが、年配ゲストはよくご存知です。

正しい漢字を使う

戸籍標本

宛名や席札などゲストの名前は戸籍上の漢字を書きます。
ゲストの中には、普段使っている名前の漢字と、戸籍上の漢字が違うという人も少なくありません。

例えば、

  • 高→髙
  • 辺→邉
  • 斉→斎

などはよくあるパターン。
招待状の返信はがきを確認しつつ、旧漢字の可能性があるゲストは、ご本人に直接聞くのがおすすめです。

肩書きに注意する

名刺

席次表のゲスト名の上には肩書きを記載します。肩書きの内容は、

  • 新郎側、新婦側どちらの関係者か
  • 新郎(または新婦)との間柄
  • 会社関係のゲストなら会社名と役職

を記載します。また、略称は厳禁です。

  • 会社名
  • 部署名
  • 役職名

を名前の上に記載します。

敬称を略すゲスト

新婦と母親

名前のあとに記載する『様』。
実はゲスト全員に記すものではありません。

敬称が不要なゲストは、新郎新婦さまの

  • 両親
  • 未婚で両親と同居をしている兄弟姉妹
  • 祖父母

以上のご家族は”招待側”でもあるため基本的に『様』は記載しません。しかし、【未婚の兄弟姉妹には『様』をつけない】以外には、明確なマナーがありません。

親族席

実は式場によっても案内はバラバラ…

  • 結婚をした兄弟・姉妹本人と配偶者には敬称をつける
  • お嫁に出ている姉妹に関して敬称はつける
  • 苗字の変わっていない兄弟姉妹には敬称をつけない

などルールがありません。
例えば、新郎新婦さまの意向で「ゆっくり過ごしてほしい」という気持ちから祖父母には敬称をつけるカップルもいます。厳密なルールはありませんが”両家でルールを合わせる”ことだけは守りましょう。

使ってはいけない言葉

NG

  • 区切りや終わりを意味する句読点はつけない
  • 忌み言葉や重ね言葉は使用しない

上記は、席次表に限らずペーパーアイテムや演出ムービーのコメントにも共通していえること。
結婚式準備のマナーですので、覚えておくといいですよ!

席次表の手作りはスケジュール管理

挙式1ヶ月前はゲスト数が確定する時期。
席次表は、ゲストが確定して、はじめて印刷ができるため、挙式1ヶ月前は誰もが忙しくなります。そのため早い段階から段取りをつけておくことが大切です。

結婚式の3ヶ月前

挙式まで残り3ヶ月

挙式3ヶ月前誰がどこに座るのかの目安を考える

多くの式場では、初回もしくは2回目の打ち合わせで席次を決めるフォーマットが渡されます。席次を決めるときには、

  1. 上座や下座に配慮しながら
  2. 人間関係も考慮し
  3. 決められたテーブル数で
  4. 1卓に座れる人数は限られる

など、さまざまなことを考慮し配置します。その作業は難易度の高いパズルのよう…

両親と新郎新婦

親族席は両家両親への相談も必須!
席次決めは、結婚式準備の中でも新郎新婦さまを悩ませる作業です。

時間も労力も必要になります。
そのため「席次は考えておいてくださいね!」と早い段階でプランナーからフォーマットを渡されるわけです。

正式な席次は、ゲストの出欠が出揃う結婚式の約1ヶ月前でOK。しかし、おおよその目処は早い段階から立てると式直前にアタフタせずにすみます。

結婚式の2ヶ月前

挙式まで残り2ヶ月

挙式2ヶ月前席次表のデザインを決める

デザインより重要なのが紙のサイズです。
紙のサイズは、ゲストの人数に合わせて決める必要がありますが、ゲストの人数がわからないと、

  • ゲスト数に対して用紙が大きい
    余白が多くなるため、寂しい印象を与える
  • ゲスト数に対して用紙が小さい
    文字が小さくなったり、ぎゅうぎゅう詰めの文字になったり見にくくなる

などデザインがよくても席次表本来の役割を満たせません

結婚式の1ヶ月前

挙式まで残り1ヶ月

挙式1ヶ月前手作りの材料を揃える&最終チェック

結婚式の1ヶ月前は、招待状の返信ハガキが返ってくる頃です。おおよその席次は決まるため、

  1. 返信のあった出席ゲストの名前を入力
  2. テスト印刷で、文字のにじみやプリンターの動作確認

など準備をしておきます。
また、席次表に印刷するテーブルレイアウトが、実際の会場レイアウトと合っているかもプランナーさんに確認しておくと良いですよ。

結婚式の7~10日前

挙式7~10日前席次表を印刷する

印刷の目安は挙式の1週間~10日前
急遽、欠席となる可能性もあるため、結婚式のギリギリまで待ちます。

印刷後にリボンを巻いたり、折り目をつけたり、などDIYをするなら、その作業分も考えてタイミングを決めましょう。

続いては、いよいよ席次表の作り方を説明します。

席次表の作り方

席次表の作り方は、5つの選択肢があります。

  1. 式場もしくは式場提携業者
  2. インターネットなど外部の専門業者
  3. 手作りキット
  4. 完全手作り(材料もデザインもDIY)
  5. お手軽DIY(無料テンプレート)

席次表を作る時期は結婚式直前。
そのため予算だけでなく、時間の余裕も考慮し決める必要があります。

先輩カップルはどこに依頼した?

ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べによると約45%のカップルが式場経由で席次表を作成していました。

先輩カップルの席次表の依頼先割合

驚いたのは『すべて手作り』が25.4%もいること。
体感的には実際と比べて多すぎる印象ですが、手作りキットや外部業者を使って節約するカップルは約半数近くいるようです。

作成方法別のメリット・デメリット

作成方法 価格 手間
式場または提携業者 ×
ネットなどの外部業者
手作りキット
完全手作り ×
お手軽DIY

※完全手作りはこだわり次第で価格は大きくかわります

以下では、それぞれの作り方別にメリット・メリットを紹介します。

式場もしくは式場提携業者

メリット
  • 手間がかからない
  • マナー違反が起きにくい
  • 細かい部分までクオリティが高い
デメリット
  • 他よりも価格が高くなりがち
  • 選べるデザインに限りがある
  • 印刷後の間違いが発覚すると追加注文になる

忙しいカップルにおすすめ!
プランナーさんが間にはいるため、価格は高くなりがちですが、手間なく・失敗なく確実につくることができます。

ネットなどの外部業者

メリット
  • 式場の手数料がないため安い傾向がある
  • 様々なデザインテイストから選ぶことができる
  • 細かい部分までクオリティが高い
デメリット
  • 肩書きや配置のマナーを新郎新婦さまが理解している必要がある
  • 印刷後の間違いが発覚すると追加注文になる

最もコスパのいい方法です。
基本的にクオリティは式場経由と同等。特に印刷は家庭用プリンタに比べて格段にキレイなことは専門業者の特徴。また、結婚式テーマに合わせてデザインを選べるのも◎

手作りキット

メリット
  • 得意不得意にあわせて作成工程が選べる
  • 印刷まで依頼できる
デメリット
  • オリジナリティにかける
  • 商品によっては作成難易度が高い商品がある
  • 肩書きや配置のマナーを新郎新婦さまが理解している必要がある

自身の得意不得意やプリンターの有無に合わせて選べます。例えば、

  • 入力と印刷は自分でできる!
  • プリンターがないから印刷は依頼するけど、折り目は自分でする!

など、他のDIYに比べると基本的に難易度は低いです。
ただし、商品によっては作成が難しく、特にリボンなど装飾ありの席次表は、購入前にサンプル注文をしてチェックしましょう。

完全手作り(材料もデザインもDIY)

メリット
  • 完全オリジナルで理想の席次表ができる
  • 予算を自由に選べる
デメリット
  • 手間がかかる
  • パソコンスキルが必要
  • プリンタが必要
  • 肩書きや配置のマナーを新郎新婦さまが理解している必要がある

「気付いたら式場で注文した方が安かった」がありがちな完全DIY。

  • 紙質(上質紙、マット紙やタント紙など種類で金額は異なる)
  • リボンやドライフラワーなどの資材

などで金額は異なります。
シンプルにすれば、費用は安く手間は最小限。その反面で、デザイン性の高い席次表の作成は難しくなる可能性があります。

お手軽DIY(無料テンプレート)

メリット
  • 名前と肩書だけの入力で手軽にDIYできる
  • デザインができない人でも作成できる
デメリット
  • プリンタが必要
  • 好みのデザインがないこともある
  • 肩書きや配置のマナーを新郎新婦さまが理解している必要がある

「クオリティは重視しない。とにかく安く!」

というカップルにおすすめの方法です。
家庭用プリンタでは限界があるため、市販品ほどキレイにはなりませんが、節約重視なら最も安く作成できます。

先輩花嫁の席次表アレンジ術

最後に紹介するのは先輩カップルのアイデア席次表です。
メニューやプロフィールを載せたり、ラッピングしたり、ヒントがたくさんありますよ。

くるくるタイプ

トレンドの『くるくる巻くタイプ』
カゴに入れて受付台におくだけで、受付テーブルを華やかにしてくれます。

注意点はリボンを”巻く”から”結ぶ”の作業。
簡単にみえるかもしれませんが、実は手間と時間もかかります。

「徹夜でリボンを巻いた!」

なんてコトはよくある話。
寝不足は、ストレスやお肌のコンディションに影響するため、ふたりだけの作業に負担があるなら、ご両親や兄弟姉妹に手伝ってもらってくださいね。

プロフィール

最も多いパターンが簡単なプロフィールを載せるタイプ。

  • おふたりの写真
  • 10個程度のQ&A

を載せて完成です。
写真は、赤ちゃんのときや前撮りなど何でもOK!

ブック型

ブック型は、

  • 席次表
  • お二人のプロフィールブック

を合体させるため読み応え抜群!
挙式や披露宴を待っている時間もゲストを飽きさせることはありません。

DIYアイテムを紹介

席次表と合わせて、メニューやプロフィール、新居のご案内を載せるのは定番のカタチ。

もしスペースに余白が残るなら、頑張ってDIYしたアイテムを紹介してみてはいかがでしょうか?

結婚式当日、飾ってあるアイテムが手作りだとゲストが分かれば、新郎新婦おふたりの結婚式に対する思い入れも伝わるはずです。

まとめ

  • 席次表のマナーは、開く向き・使用する文字・肩書き・敬称を略すゲスト・NG言葉の5つを守る
  • ゲストが確定する挙式1ヶ月前前後でないと席次表は印刷できないため挙式の3ヶ月前からスケジュール立てる
  • 席次表の作成方法は5つあり、予算&時間と相談して決める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る