新郎新婦の門出を祝うシャワー演出の種類

シャワー演出

結婚式には実にさまざまな演出がありますよね。

プランナーさんとの打ち合わせを進めていく中でも、演出選びはかなり迷うポイントではないでしょうか?

自分たちが楽しむのはもちろん、どうすればゲストたちの思い出に残る結婚式になるかも重要です。写真が残る・さまざまな角度から撮影されるという観点でも、より写真映えする演出をするのが理想的♪

今回は、新郎新婦が並んで歩く“花道”を華やかに彩る「シャワー演出」をご紹介します。


こんなにある!シャワー演出の種類

フラワーシャワー

おめでとうの声に、たくさんの拍手に包まれ、幸せな瞬間を飾るシャワー演出。

非常に種類が多く、それぞれに特徴がありますよ。

フラワーシャワー

結婚式のシャワー演出と聞けば、フラワーシャワーと答える方が大半かもしれないというほどメジャーな演出

生花(造花でも可)の花びらを手のひらいっぱいに持って、目の前を通過していく新郎新婦に向け、投げ上げる演出です。

フラワーシャワーには「花の香りで周囲を清め、幸せなふたりを悪魔から守る」という、おまじないのような意味がこめられています。

花の香りに包まれ、花道をゆっくり歩くその一瞬は、ふたりにとって最高に幸せな時間となることでしょう。

リボンシャワー

蝶々結びのリボンをたくさん作り、ゲストたちに投げ上げてもらうというもの。
リボンには「人と人との縁を結ぶ」という意味があるとして、人気が高まっている演出です。

リボンの大きさにもよりますが、1人あたり10~20個ほどのリボンを投げると、かなり華やかになりそう。

リボンが花嫁の頭にちょこんと乗ってしまうといううれしいアクシデントも、シャッターチャンスになりそうです。

スターシャワー

折り紙や画用紙で作った星型の紙を投げ上げてもらう演出。

なんといっても簡単に大量生産できるのが最大のメリット。
「DECOP」というエンボスパンチを使うと、折り目が入ったちょっと立体的な星を簡単に作ることができます。ポップでかわいい印象の結婚式にしたいなら、ぜひ採用してみては?

折り紙で作るころんとした星「ラッキースター」を投げるのもおすすめ。
海外で「幸せを運ぶ」とされるラッキースターは、作るのに少し手間がかかりますが、演出時のインパクトとハッピー感は倍増すること間違いなし!

フェザーシャワー

天使に祝福されているような気分を味わえるのが、羽根を使ったフェザーシャワーです。
ふわふわとゆっくり落ちていくので、まるで天使の庭に紛れ込んでしまったようなメルヘンチックな空間演出ができるかも。

フェザーにパールをあしらうと、パールの重みで早く落ちるように調整することも可能に。
パールの有無で半分ずつくらいの割合にしておくと、投げてから落ちるまでの時間差が生まれ、よりおもしろい空間を作ることができそうです。

パールシャワー

レースでパールを包み、お正月の遊びである羽根突きの“羽根”のようなものを作って投げ上げるパールシャワーは、エレガントな空間作りには最適。

パールの石言葉には、純潔・円満・富・健康・長寿などの言葉があり、結婚式にはぴったりといえそうです。投げ上げたあとのパールを持ち帰ったゲストにも、同じく幸せが訪れるといわれています。

パールは、100円均一の手芸コーナーなどでも取り扱いのあるビーズを使えば、材料費も安価で済みますよ。

ライスシャワー

ヨーロッパでは伝統的なライスシャワーは、生米を投げ上げる演出。
お米は「豊作と子孫繁栄の象徴」とされています。

その意味から、新郎新婦が

  • 豊かで子宝に恵まれ、充実した生活を送れるように
  • 食べることに困らないように

という願いも込めることができるんです。お米は日本では古くから慕われる主食ですので、和装での結婚式でも使えそうですね。

投げるだけじゃない!ちょっと変わったシャワー演出

シャボン玉

ここまでご紹介したシャワー演出は何かを投げる演出でした。しかし、シャワー演出には他にもあるんですよ。

少し変わった演出をしてみたい人におすすめの演出をご紹介します。

バブルシャワー

バブルシャワーは新郎新婦に向けてシャボン玉を飛ばすという、神秘的な空間を作り上げることのできる演出。

晴れた日には、太陽に反射したシャボン玉がきらきらと輝き、さらに魅惑的に。
ふわふわと風に流されるシャボン玉は、宙に舞っている時間も長く、新郎新婦が通過したあとにも余韻を残してくれます。

子どもも喜ぶ演出なので、ゲストに子どもが多いという場合は取り入れてみてはいかがでしょうか?

リボンワンズ

ワンズは“杖”という意味で、その名のとおりリボンをつけた杖をゲストたちが振り、まるでリボンのトンネルのような空間を作り上げる演出です。

新郎新婦の好きな色や、結婚式にイメージカラーがあれば、リボンの色をそれに合わせてみると会場により一体感が生まれそう。

新郎新婦に向かってなにかを投げ上げる演出と違い、床が汚れないという点もメリットのひとつです。

複数の演出を混ぜるのも可

ここまでご紹介したシャワー演出を、複数混ぜるのも良いアイデアです。

例えば、

  • フラワーシャワー×スターシャワー
    花びらの華やかさと、スターのポップさが融合される上に、王道のフラワーシャワーにちょっと変わった雰囲気を持たせることが可能に。
  • フェザーシャワー×バブルシャワー
    ふわふわと舞う羽根とシャボン玉は相性ばっちり。羽根を投げ上げる人と、シャボン玉を飛ばす人で役割分担をして、新郎新婦の花道を神秘的な空間に。

このように、ちょっと人と違った演出をしたいなら、複数のシャワーを組み合わせても楽しいですね。

まとめ

定番のフラワーシャワーや、伝統あるライスシャワーのほかにも、いろいろなシャワー演出がありました。

ものによっては投げ上げるアイテム作りに少し手間がかかることもありますが、一生に一度の結婚式ですから、少しはがんばってみようと思えるかもしれませんね。

それぞれのシャワーに違った魅力がありますので、あなたが挙げたい結婚式のイメージに合うものを選びましょう。

ふたりの門出を祝福してくれるシャワー演出は、きっと一生の思い出になることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る