ゲストの声から分かった!失敗しない引き出物の選び方

参列したゲストと、そのご家族への御礼として新郎新婦から贈る引き出物。

”おもてなし婚”といわれる現代の結婚式では、お料理と同じく引き出物は重要なアイテムのひとつ。そして、引き出物は挙式後にゲストが余韻を感じる唯一のアイテムです。

引き出物の成功はゲストの満足度に直結する重要なアイテムですが、誰もが喜ぶアイテムをみつけることはウェディングプランナーでも難しいのです。

そのためアンシェウェディングでは引き出物をもらったゲストの方に協力いただきアンケートを定期的に実施しています。よくある新郎新婦の声ではなく、ゲストの声を集計し、結果を分析して、長年の婚礼業界経験とあわせて失敗しない引き出物の選び方をご紹介します。

引き出物の基本構成

一般的に引き出物は、記念品(メインの引き出物)と引き菓子、縁起物(しきたり品)の三品が基本です。

記念品

記念品

引き菓子

引き菓子

縁起物

縁起物

記念品 列席してくださったゲストに対する御礼品として、カタログギフトや食器が定番アイテムです。最近では今治タオルも人気あり。
引き菓子 ゲストに対してではなくゲストのご家族へのお土産として、バームクーヘンやケーキ、デニッシュなどが定番アイテムです。
縁起物 その名の通り”縁起”を意識したアイテムですが、最近では縁起にかかわらずプラスワンアイテムとして、タオルやカレー・スープなど実用的なアイテムをお渡しすることも多くなってきています。

品数の相場は2.9品ですが、地域差があり二品の地域もあれば、五品・七品の地域など都道府県によって変わります。

選び方のコツとポイント

ポイント

引き出物にはよくマナーがあるといわれています。
その代表的なものが「二品は縁起が悪いから三品がいい」です。しかし、こういったものは実は業界が作り上げたルールで新郎新婦が気をつけることは「ゲストがどう感じるか?」だけです。

基本編

引き出物はゲスト人数が確定しないと注文ができません。
そのため挙式1~1.5ヶ月前に決定する新郎新婦さんが多く、何かと準備に忙しいため引き出物は後回しになりがち。

さらに、式場からもらった引き出物パンフレットがどっさりあるため「何が良いのか余計に混乱した」という先輩カップルはすごく多いです。まずは、ざっくりと選び方の手順と知ること、そして事前にスケジュールをたてることで、余裕をもって引き出物選びを始めることができます。結果的に自分たちが納得いく引き出物選びができる上に、ゲストにも喜ばれる引き出物選びへと繋がります。

引き出物のタブー編

引き出物にはルールがあってないようなものですが、”選んではいけない物”はあります。
友人や同僚など若いゲストは気にしない人も多いですが、親族や上司・主賓など年配のゲストはマナーを重んじることもあります。最低限、選んではいけない引き出物を知ることは大切です。

ゲストへの気遣い編

ゲストに満足してもらうためには気遣いが必要です。引き出物に対するゲストの不満といえば、

「重くて持ち帰りが大変だった」「趣味にあわない品物をもらった」「しょぼすぎてびっくりした」など一生懸命選んでも、ゲストの声はイマイチなんてことも…ゲストへの気遣いにはどんなものがあるのでしょうか?

テクニック編

引き出物選びには少しだけテクニック的なことがあります。

  • おしゃれだと感じてもらいたい
  • 高価な引き出物だと感じてもらいたい

こんな新郎新婦さんは必見です!
特にゲストにバレずに引き出物費用を節約する方法は賢い新郎新婦さんは実践するマル秘方法ですよ!

引き出物の相場

見積書

引き出物を選ぶ上で最も重要な指標が相場です。
全国平均は約6,400円ですが、金額は招待制とご祝儀制によっても異なりますし、地域によっても数千円の差があります。

その地域の相場より安いことがゲストにわかれば、それだけで結婚式そのもののイメージは悪くなります。地域の相場を知ることが引き出物選びの第一歩です。

引き出物の品数

相場の次に指標となるのが品数です。
冒頭で基本は三品という説明をしましたが、品数も相場と同じく地域性があります。

よく言われるのが「奇数がいい」や「偶数は縁起が悪い」ですが、実はそんなルールはないんです。

ゲスト別の選び方

ギフト

引き出物選びが難しい最大の理由が、

  • 様々な年代の
  • 様々な趣味嗜好をもったゲストに対して
  • ギフトを贈る

という点です。

この難しさを解決する方法が”引き出物の贈り分け”です。ご祝儀額の目安を参考にゲストを、親族や主賓・上司・友人や同僚・夫婦や家族ゲストに分類し、それぞれに対して引き出物を選んでいきます。そうすることでゲストにあった引き出物を選べる可能性がグッとあがります。

引き出物の選び方おすすめ記事

親族への引き出物

親族ゲスト

引き出物選びの中で最も気を使うゲストともいえる親族は年代も違う上に、普段から接する機会が少ないと趣味嗜好がわかりません。この記事では親族ゲストへの引き出物のありなしから、引き出物の人気アイテムであるカタログギフトの選び方、引き出物の組み合わせ例をご紹介します。

ゲスト別の選び方

おしゃれな引き出物の鉄則と組み合わせ例

ジルスチュアートの引き出物

”結婚式の最後の余韻を伝えるアイテムが引き出物”です。折角、おしゃれに披露宴を造りこんでも引き出物選び一つで台無しになってしまうこともあります。「センスがいい!」「おしゃれ!」「素敵!」など、どうせならゲストの方にこんな風に思って頂けたら嬉しいですよね?

選び方のコツとポイント

結婚式の引き出物の相場はいくら?

計算機

結婚式で新郎新婦が頭を悩ませる引き出物。何を贈るかはもちろんですが、誰にいくらの引き出物を選べば良いか悩みますよね?相場は都道府県やゲストによって異なるため全国平均の引き出物相場は当てになりません。

選び方のコツとポイント

3分でわかる引き出物選びの手順

選び方の手順

結婚式のアイテムの中でも、引き出物は後回しになりがちなアイテムです。「何から始めればいいか分からない」「引き出物を検討しているけど、考えてばかりで手が止まってしまう」忙しい結婚式の準備の中で、後悔しない引出物選びをするためには”正しい手順で選ぶ”ことが必要。今回は引き出物選びをスムーズにするために「引き出物を決定するまで手順」をご説明します。

選び方のコツとポイント

引き出物贈り分けは常識?事例で分かる贈り分けの方法

結婚式場

もはや贈り分けは常識にもなっており、85%の先輩新郎新婦が引き出物の贈り分けをしています。おすすめの贈り分けパターン、実例を元に贈り分けの方法をご紹介します。

引き出物の相場

↓こちらのカテゴリもチェック↓

引き出物の贈り方

引き出物は式場から購入する以外にも通販サイトや百貨店など様々な購入方法があります。
また、挙式当日に引き出物を渡す以外に、遠方からの列席者や二次会参加ゲストに対しての配慮として宅配引き出物の利用率も高くなってきています。

「私が結婚式を挙げる式場は持ち込み料がかかる」と諦める必要はありません。持ち込み料を含めても外部の方が安かったり、宅配引き出物を利用することでお得に引き出物を準備することができます。

引き出物の商品

結婚式の引き出物で定番といえばカタログギフトとバームクーヘンですよね?
しかし、最近では今治タオルや百貨店の引き菓子を選ぶゲストも増えてきています。また、カタログギフトでも総合版ではなくグルメやお酒専門のカタログギフトなどバラエティ豊富です。

引き出物をもらったゲストの声

「引き出物選びはゲスト目線で!」

よく聞くフレーズですが、ゲスト目線で購入したいならゲストの生の声を聞くことが大切です。

新郎新婦さんの声が掲載されているサイトは多いですが、実は新郎新婦さんはゲストの”真の声”を聞く機会はないんです。そこで、アンシェウェディングでは結婚式に参列したゲストの声を常に募集して、商品開発だけでなく、これから結婚式を挙げる方に包み隠さず公開することで役立ててほしいと思っています。ぜひ、参考にしてみてください。

地域から探す

性別や年代から探す