結納

結納の場所はどこにする?会場別メリットを解説!

結納をすることが決まったら、結納式を行う会場を決めなければなりません。

結納会場にはホテルやレストラン、料亭など様々な場所がありますが、どこがいいのでしょうか?

今回は、結納会場別に特徴を紹介します。
どのような結納スタイルにするか、何を重視するかを考慮しながら会場選びを行いましょう。

続きを読む

正式?略式?読めばわかる結納の流れ

結納は2人の婚約を正式なものにするための重要な意味を持つ儀式であり、結婚式前の家同士の顔合わせとなる大切な日です。日本に古くからある慣習なので、地域の風習や家ごとのしきたりなど、結納ならではのマナーがあります。

今回は事前に決めておくべきことや当日の進行について知っておくとためになる情報をご紹介いたします。

続きを読む

結納の服装は格が大切。忘れがちな身だしなみと服装のマナー

結納は婚約を正式なものにするための伝統的な儀式。
結納品や作法など全てにおいて結納独特のマナーがあります。もちろん、服装にも様々な決まりごとがあり、新郎新婦だけでなく、両家の父、母や仲人など、各自に結納に相応しいとされる服装が決められています。

結納という大切な場で相手に失礼がないように、服装で気をつけておくべきポイントについてご紹介いたします。

続きを読む

結納返しとは?

結納品の例

結納返しは日本で昔から引き継がれてきた風習であり、結納を受け取れば結納返しをするのが習わしです。

今回は結納返しに関する疑問についてお答えいたします。

続きを読む

事例で分かる結納金の6つの使い道と注意点

結納は婚約が決まった男女の両家の間で執り行われる、婚約を正式なものにするための縁組の儀式です。

日本古来からの伝統的な風習で、地域によって違いはありますが縁起が良いとされる5~9品の結納品が男性側から女性側に贈られます。

そのうちの一つである結納金は女性が嫁ぐ際の支度金として贈られるものですが、『支度金』といってもどのように使うものなのか、誰が使い道を決めるのかなど悩む新郎新婦も少なくありません。

そこで、今回はこうした結納金に関する様々な疑問について詳しく解説していきます。
続きを読む

結納にふさわしい日取りは?

日本では、吉日(きちじつ)という言葉があるように、何かをするときに『縁起が良い』とされている日があります。

挙式日で言えば大安や友引は人気で、仏滅の日に比べて費用も高いほどです。(仏滅割引というものもあります)

結納の日取りを決める際にも大安や友引を厳格に守った方がいいのでしょうか?

今回は結納のスケジュールや日取りの決め方をご紹介します。

続きを読む

例文付きで解説!仲人をたてない略式結納の口上(こうじょう)

結納品

結納とは両家の結び付きを正式なものにする大切な儀式です。
多様化する現代のウェディングスタイルの中では結納も例外なく様々な形で行われています。

結納には正式結納と略式結納があり、結納を実施するカップルでも略式結納が多くなってきています。

そこで今回は一般的な略式結納(仲人を立てない)を想定し、結納式の進行を口上(こうじょう)と共に説明していきます。

続きを読む

結納金とは?

結納金

結納式では結納飾りと共に結納金を相手側に送ります。
一般的には男性から女性へ贈りますが、男性を養子として迎える場合は女性から男性へ贈ります。

この金銭や呼び方は古くからの流れや、様々な意味を内包(ないほう)していますので、非常に分かりづらいです。

今回は結納金を現代風の言葉にして分かりやすくご説明いたします。

続きを読む