結納金

事例で分かる結納金の6つの使い道と注意点

結納は婚約が決まった男女の両家の間で執り行われる、婚約を正式なものにするための縁組の儀式です。

日本古来からの伝統的な風習で、地域によって違いはありますが縁起が良いとされる5~9品の結納品が男性側から女性側に贈られます。

そのうちの一つである結納金は女性が嫁ぐ際の支度金として贈られるものですが、『支度金』といってもどのように使うものなのか、誰が使い道を決めるのかなど悩む新郎新婦も少なくありません。

そこで、今回はこうした結納金に関する様々な疑問について詳しく解説していきます。
続きを読む

結納金とは?

結納金

結納式では結納飾りと共に結納金を相手側に送ります。
一般的には男性から女性へ贈りますが、男性を養子として迎える場合は女性から男性へ贈ります。

この金銭や呼び方は古くからの流れや、様々な意味を内包(ないほう)していますので、非常に分かりづらいです。

今回は結納金を現代風の言葉にして分かりやすくご説明いたします。

続きを読む